フランスの裏路地にあるような憩いのカフェ「カフェ アンジェ」で食べる天使のパンケーキ

photo by cafeange http://cafeange.com/

コーヒーとパンケーキをメインに提供する「カフェ アンジェ」は東京の江戸川区の住宅街で人気のお店です。

その外観は赤い扉と窓枠が可愛く、こじんまりとした隠れ家のような建物。テラス席もあり、こちらはワンちゃんのお散歩ついでに寄ることもできます。

アンティークの優しい雰囲気と美味しいパンケーキで、来る人をホッと和ませる「カフェ アンジェ」。そんな癒しの空間「カフェ アンジェ」について、おすすめメニューと一緒に紹介していきます。

カフェ アンジェとは?

カフェ アンジェのコンセプトはその名前にもあるように「天使」。神様からの恵みを届ける天使であるようにという意味を込め、フランス語で天使の意味をもつ「アンジェ」を名前に入れました。

そのコンセプトの通り、店内にはいくつもの「天使」が存在します。カフェ アンジェには「天使ちゃん」というキャラクターがいて、お店の看板やパンケーキの焼き印にも登場しています。

東京はパンケーキ激戦区ですが、カフェ アンジェの立地は東京でありながら、まるでフランスの裏路地のような雰囲気があります。ヨーロピアンな店内と可愛らしいインテリアのなかでいただくパンケーキは格別な美味しさです。

カフェ アンジェの人気のメニュー

カフェ アンジェのパンケーキは作りたての美味しいパンケーキを食べてもらいたいというお店の気持ちから、オーダーを受けてから粉を量り、タマゴを泡立てるというこだわりぶり。

なので時間は少々かかるものの、そのこだわりから生まれたパンケーキは、一口食べるとまさに天国気分です。

大人気の季節のパンケーキは旬の果物をふんだんに使い、味もさることながら見た目の豪華さに注文された方は必ず笑顔に。

そして注文して30分はかかるという「天使のパンケーキ」は、じっくり時間をかけて焼き上げるので、ふっくらとした厚みとふんわり感が特別です。

プレーンパンケーキ

カフェ アンジェの「プレーンパンケーキ」は、薄目に焼き上げられた生地はふんわりとして、まるで綿菓子のように軽い食感。

バターとメイプルシロップつきですが、トッピングに生クリームやアイス、旬のフルーツを添えることができ、自分好みのパンケーキを注文することができます。

また全粒粉のプレーンパンケーキもあり、こちらは動物性のものは一切使わず、全て植物性の素材を使用しています。ですのでベジタリアンやヴィーガンの方も安心して食べることができます。

塩チーズクリームパンケーキ

カフェ アンジェの「塩チーズクリームパンケーキ」は、トッピングによって甘じょっぱいデザートになったり、食事系のパンケーキになったり、注文した人の好みによって変化するパンケーキです。

生地が見えなくなるほどかかったチーズクリームに、はちみつやオレンジソースをかけるとデザートに。ベーコンやソーセージを添えると、今度は食事に早変わり。

ミルキーなチーズクリームの絶妙な塩加減で、表情を変えるパンケーキをお楽しみください。

カフェ アンジェは予約できる?混雑状況は?

カフェ アンジェは土日はやはり混み合いますので、混み合うのが苦手な方は平日がおすすめです。

ただ、時期によっては平日もたくさん来店しますので、スムーズに入店したい方はお店に連絡して予約をした方がいいでしょう。

そして貸し切りも行っているそうなので、何かイベントで会場を探している人はぜひお店に相談してみてはいかがでしょうか。

問い合わせTEL:03-6638-7942

カフェ アンジェの店舗情報

カフェ アンジェは、東京の都営新宿線「篠崎駅」を降りて、徒歩10分のところにあります。篠崎駅の南口から出て、千葉銀行の横の細い道を歩き、交差点が5つ目になりましたら、左に曲がるとカフェ アンジェがあります。

店舗情報
店名: カフェ アンジェ
住所: 〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町7-2-7 イーストエンジェルAoyama 1階
営業時間: 10:30~23:00(入店は22:00)

定休日:月曜日、第三火曜日(※毎週火曜日は17時までの営業)