浅草食べ歩きグルメの鉄板!浅草九重揚げまんじゅう

photo by 浅草九重
https://agemanju.jp/

浅草浅草寺観光の楽しみの一つといえば、仲見世での食べ歩きグルメです。
浅草九重は創業昭和37年と老舗の揚げまんじゅうのお店です。
店頭ではつねに揚げ油の香ばしい香りが漂い、観光客の足を止めます。
今回は種類が豊富な浅草九重の揚げまんじゅうを紹介します。

浅草 九重とは?

特徴

連日観光客でにぎわう浅草 浅草寺の近くにある浅草九重は、仲見世での食べ歩きグルメでは外せないお店です。
店頭で揚げまんじゅうの実演販売をしており、油の香ばしい香りに吸い寄せられるように行列ができています。

店内

仲見世のお店はそれぞれ間口は小さいながらも、お店の特徴が伝わりやすい看板や香りがあります。
浅草九重の店頭には揚げまんじゅうのメニューが高い位置に掲示されているので、お店の前に行列があっても後ろからでも見やすくなっています。
アツアツの揚げまんじゅうは散策しながら、楽しみましょう。

浅草 九重の人気メニュー

あげまんじゅう

■特徴
揚げまんじゅうといえばこしあんのお饅頭を揚げているだけと思われがちですが、浅草九重ではこしあんにはじまり、変わり種のもんじゃまで全部で11種類の揚げまんじゅうが売られています。
浅草九重は全て店内で手づくりで揚げ油にはごま油など全部で3種類の高級油をブレンドしています。
カラッと揚がった揚げまんじゅうは小ぶりながらもボリューム満点で、1個で大満足です。
種類が多いので、数人で購入してシェアして食べるものお勧めです。
浅草九重では1個から購入可能で、お土産用には箱も用意されていますので食べ歩き用とお土産用とまとめて購入される方も多いです。

■浅草九重の揚げまんじゅうは全部で11種類!
・スタンダード¥130:こしあんが中にたっぷり詰まった王道です
・ごま¥150:こしあんがたっぷりのまんじゅうをごまたっぷりの衣で揚げています
・抹茶¥170:粒白あんに抹茶、衣にも抹茶の抹茶づくしです
・かぼちゃ¥170:かぼちゃのこしあんを優しい甘さで使った女性に人気の商品
・さつまいも¥170:さつまいものあんに衣のゴマがアクセントになります
・カスタードクリーム¥200:衣にピスタチオとアーモンドを使い洋風に仕上げています
・さくら¥200:さくらあんと桜の葉と花が入り、外国人観光客に人気です
・もんじゃ¥200:もんじゃの具材と青のりと紅しょうがの衣でお惣菜感覚です
・カレー¥200:カレーパンと思いきや、食感が全く違う変わり種です
・チョコレート¥200:あんこが苦手という方にはおすすめです
・栗¥250:こしあんに砕いた栗をプラス、ころもにはほうじ茶が入っています

浅草 九重の混雑状況や待ち時間は?

平日でも観光客の多い浅草ですから、浅草九重もお客様が途切れることはありません。
土日祝や春休み、夏休みの観光シーズンともなると浅草九重の行列は必至です。
店員さんが手を止めることなく揚げ続けているので、思いのほか待ち時間は短いです。
並んでいる間に注文を決めて、順番がきたら手早く注文してみましょう。

店舗情報
店名:浅草九重
住所:東京都台東区浅草2-3-1
営業時間:9:30~19:00頃
定休日:無休

関連記事一覧