売り切れ続出で入手困難?! 餅菓子のかしはらの元祖・はっさく大福

photo by SHUN GATEhttps://shun-gate.com
和菓子

今や広島を代表するスイーツとして有名となった「はっさく大福」。多くのお店で製造・販売をされるようになってきましたが、今回は、そんな「はっさく大福」の元祖として知られる「餅菓子のかしはら」についてご紹介していきます。

餅菓子のかしはらってどんなお店?

1941年に八朔(はっさく)の発祥の地とされる広島県尾道市因島にて創業した「餅菓子のかしはら」。ソムリエ界で大変有名な田崎真也さんや脚本家の内館牧子さんなど、名だたる著名人たちからも愛されている広島県を代表する和菓子店です。

「餅菓子かしはら」で販売されているのは、季節ごとのフルーツをふんだんに使用した大福たち。生の果実をたっぷりと使用した大福は、原材料に無駄なものが一切入っておらず、素材の味を最大限に活かした和菓子です。柑橘系の大福は、すべて温州みかんと餅米で作ったみかん餅で作られており、すべて手作業で丁寧に作られるというこだわりの詰まった大福なのです。

元祖・はっさく大福

特にかしはらの代名詞とされる「はっさく大福」は、売り切れ続出の大人気商品です。白あんとはっさくとみかん餅がとても相性良く混ざり合い、爽やかな香りが口の中に広がっていきます。昭和64年に販売をスタートしてから、地元の人たちの間で人気に火がつき、その後その人気は全国区へと広がっていきました。

原材料
もち米・白あん・はっさく・砂糖・みかん・酵素

販売期間
10月〜8月
※はっさくの在庫がなくなるまでという期間限定で手に入れることができます

その他のかしはらの人気商品をご紹介

広島餅れもん (販売期間 11月〜8月)
くり栗 (販売期間 10月〜1月)
菊丸(菊みかん)(販売期間 10月〜3月)
みかん大福 (販売期間 10月〜7月)
いちご大福 (販売期間12月〜4月)
フルーツ大福(いちごとはっさく)(販売期間10月〜5月)
甘夏大福(販売期間 初夏)
みかん餅(農林水産大臣賞受賞)

その時々の旬の素材を使って、季節ごとに違う味を楽しむことができるのがうれしいですね! 筆者ははっさく大福しか食べたことがないのですが、こんなに種類があるということに驚きました! ぜひ全種類コンプリートしてみたいですね!

どこで買えるの? 地方発送はしているの?

広島県内の百貨店や商業施設、高速道路のパーキングエリアなどで購入可能です。(販売店舗一覧はこちら)
かしはら本店では、電話にて予約・取り置きが可能となっているため、確実にゲットしたい方は事前に問い合わせをしてみましょう。

地方発送も可能で、FAXにて注文をするようになります。冷蔵保存で到着日から3日間となりますので注意しましょう。

広島まで行かなくとも人気の大福の味を堪能できるとはとてもうれしいですね! 気になる方はぜひチェックしてみましょう!

お店情報
店名:餅菓子のかしはら

住所:広島市西区観音町9-4(ユアーズとなり

定休日:月曜

営業時間: 8:00〜18:00

賞味期限: 3日間

価格: はっさく大福 1個 160円(税込)

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。