誰もが知ってる有名和菓子「とらや」銀座店の人気の理由は?

羊羹で有名な「とらや」は、長い間日本中で愛されてきた和菓子の名店です。京都で創業し今や日本全国に店舗がありますが、その中でも銀座店は全国で8店舗ある喫茶「虎屋菓寮」の第一号店です。
とらやを代表する和菓子である羊羹はもちろん、虎屋菓寮は夏の風物詩のかき氷も人気があります。
とらや銀座店の魅力と人気の理由をご紹介します。

とらや 銀座とは?

とらやは、約500年前の室町時代後期に京都で創業し、5世紀もの長い間に渡り和菓子を作り続けてきた老舗の名店です。
昔から京都御所の御用を勤めており、歴代の天皇や皇族、都が東京に移ってからは徳川将軍家からも愛され続けてきた、和菓子の最高峰ともいえるブランドです。

とらやの由来ははっきりとしていませんが、当時の店主が信仰していた毘沙門天と由縁深い虎からつけたという説や、霊獣であり強いイメージを虎に託したという説があります。

とらやでは有名な羊羹をはじめ、最中や生菓子、焼菓子、饅頭など豊富なラインナップが取り揃えられており、季節限定商品や地域限定商品もあります。
味はもちろん、見た目の美しさも素晴らしい和菓子は、伝統と格式の中にモダンなお洒落さが合わさったパッケージも人気で、大切な人への贈り物にも喜ばれます。

銀座中央通りにある銀座店は、1階が店舗、2階が虎屋菓寮になっていて、歴史を感じさせる「とらや」と書かれたのれんが目立つ、和モダンな趣の店舗です。

とらや 銀座の人気のメニューとは?

とらや銀座店の「虎屋菓寮」では、定番の羊羹だけでなく、菓寮ならではのあんみつや葛切り、お汁粉、お赤飯まで楽しめます。
また、夏限定のかき氷も、とらやならではの餡を使った、上品で洗練された味わいが人気です。
見るだけでうっとりしてしまう美しさと、流石の美味しさをぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。

虎屋菓寮のかき氷

虎屋菓寮のかき氷で、一番人気なのが「宇治金時(1404円※小サイズ1080円)」です。
小倉餡の上に粗削りの氷を乗せ、宇治産の抹茶と和三盆糖で作る、ほどよい苦味と抹茶の濃厚さが絶妙で、幅広い世代の方から人気があります。

また、銀座店限定の「苺みぞれ(1512円※小サイズ1188円)」も見逃せません。こちらは甘さ控えめの白小倉餡に、あまおう苺を使用した濃厚ないちご蜜が絶妙なバランスで、上品な美味しさです。
かき氷は白玉や練乳の追加が可能で、抹茶や煎茶などのドリンクセットも選ぶことができます。

とらや 銀座の店舗は?

直営店と菓寮があるとらや銀座店は、東京メトロ銀座駅A2出口から徒歩で約5分ほどの、銀座7丁目の中央通り沿いにあります。銀座から新橋方向へ大通りを歩いていった右側にあり、とらやのロゴとのれんが目印です。
銀座の中心地のアクセスしやすい場所にあるので、ショッピングや観光の休憩にも立ち寄りやすいのも人気の理由の一つ。
店内左側の階段から2階に行くと、カウンター席とテーブル席がある虎屋菓寮があります。落ち着いた大人の雰囲気が広がる店内で、伝統ある最高級の甘味を味わいながら、ゆったりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

店舗情報

店名: 虎屋菓寮 銀座店
住所: 東京都中央区銀座7-8-6 2F
営業時間: 11:30~19:30(日曜・祝日は19:00まで)
定休日: 元旦

関連記事一覧