• HOME
  • コラム
  • ケーキ
  • 佇まいもスイーツも話題!少し変わった洋菓子店、船橋「パティスリーアン」

佇まいもスイーツも話題!少し変わった洋菓子店、船橋「パティスリーアン」

洋菓子店のイメージを覆すような佇まいのパティスリーアン。
パティスリーアンは船橋市にある洋菓子店ですが、スイーツが評判であるだけでなく、話題となるのはパティスリーアンの立地のわかりづらさです。
地元の人の間でも知る人ぞ知る洋菓子店です。
今回は、見逃しそうな場所にあるけど、見逃すと勿体ない美味しいスイーツを販売している船橋のパティスリーアンをご紹介します。

船橋にあるパティスリーアンについて

船橋市にあるパティスリーアン。船橋競馬場駅から徒歩10分ほど、小学校の前にあります。2012年にオープン。

オーナーの鳥居さんは、喫茶店を展開する企業に就職したとのことですが、ケーキ作りに携わるようになりお菓子作りの楽しさに目覚めたのだとか。そして学校に通ったり、修行を重ねてパティスリーアンの開業。東日本大震災をきっかけに家族と一緒にいる時間を大事にするため自宅を店舗にしたのだそう。

住宅街の中の一軒家を店舗として構えるパティスリーアンは、一見店舗だとわかりにくいです。まるで個人の家に迷い込んでしまった感覚にさえなります。
しかし、外にはパティスリーアンの看板があるので心配することはありません。
パティスリーアンの玄関では焼き菓子のディスプレイが目に入るので安心できるはずです。パティスリーアンではケーキのオーダーは玄関でします。看板や玄関前の引き戸にメニューがあります。オーダー後に奥から注文したスイーツを持ってきてくれます。

パティスリーアンの人気ケーキメニュー

タルトやショートケーキなど色々なケーキがそろっているパティスリーアン。季節もののフルーツを使ったパティスリーアンのスイーツはどれも美味しいですが、中でもパティスリーアンのロールケーキは人気です。季節によってメニューは異なるので、一例を記載します。

パティスリーアンで春に提供されるロールケーキ「苺のロールケーキ」

春といえば苺の季節です。パティスリーアンでも旬の苺をふんだんに使ったスイーツが提供されます。パティスリーアンのロールケーキは、スポンジがふわふわなことで有名です。スポンジの中に生クリームと苺がぎっしり詰まっています。パティスリーアンでは1本とハーフサイズのロールケーキが用意されています。個数限定で製造販売されているので、売り切れるのが早いです。パティスリーアンに行く前に電話確認することをおすすめします。

パティスリーアンには可愛いお菓子も!「コハク」とは!?

コハクとは砂糖と寒天を煮詰めて作ったお菓子で、小さな立方形をしています。色々な味があり、味によって色が異なります。袋に詰められた綺麗な色の立方体が目を引き、口に入れると独特な食感を楽しめます。コハクは自然乾燥で作られるので時間がかかることもあります。パティスリーアンでコハクを注文する時は1週間前を目安に時間に余裕を持って注文しましょう。

パティスリーアンの焼き菓子

パティスリーアンの玄関にあるディスプレイでも目を惹く焼き菓子。贈り物や手土産にもおすすめです。

和三盆クッキー

パティスリーアンで1番人気のクッキー。徳島産の和三盆を使っています。口に入れると溶けていくような食感が美味しく、手が止まらなくなります。
他にも黒ゴマのクッキーやイチゴクッキーなどもあります。

スノードロップ

名前の通りの色形をしたメレンゲの乾燥焼きしたお菓子。

フロランタン

アーモンドの香りが食欲をそそるフロランタン。パティスリーアンのフロランタンは細長いです。

パティスリーアンでのホールケーキの注文は予約してから店舗に行こう!

パティスリーアンでは誕生日や特別な日用にホールケーキも取り扱っています。パティスリーアンのロールケーキが個数限定で丁寧に心を込めて作られていることからもわかる通り、ホールケーキも季節のフルーツを揃えて希望に沿うように作ってくれます。そのため、3日前にはパティスリーアンに電話で予約しましょう。

パティスリーアンに行ってみよう!

地元の人でもまだパティスリーアンの存在を知らない人もいるという程、隠れ家的なお店です。
知らないと損ですよ!
ぜひ船橋在住の人や船橋に行く予定のある方はパティスリーアンに行って美味しいスイーツを味わってみてくださいね。

店舗情報
店名:パティスリーアン

住所:千葉県船橋市宮本7丁目13-13

定休日:月曜日

営業時間:11:00~16:00(土日、祝日~18:00)

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧