• HOME
  • コラム
  • ケーキ
  • <ベルナシオン>田中みな実さんイチオシ★|フランスでしか買えない?日本での入手方法は?

<ベルナシオン>田中みな実さんイチオシ★|フランスでしか買えない?日本での入手方法は?

photo by 三越・伊勢丹のタブレット『ベルナシオン』のバレンタイン | 百貨店・デパートのギフト通販情報-お菓子・グルメ・ギフトカタログ-https://gift.shelly99.biz/?p=11229

ベルナシオンとは、フランスのリヨンに唯一店舗を置くショコラトリー。

家族経営でチョコレートを作っており、大量生産によりチョコレートの品質を損ねたくないという考えから、リオンとパリにしか店舗がありませんが、チョコレート好きを魅了して止まず世界中からベルナシオンのチョコレートを求め日々チョコレートファンが訪れています。

本店のリヨンの他、パリにも待望の出店!

ベルナシオンは1953年創業の家族経営のショコラトリー。

パリに出店する有名店が多い中、ベルナシオンの先代の信念を貫き、ずっとフランスのリヨンに唯一店舗を置くショコラトリーとして有名なベルナシオン。チョコレート好きの人からは行きたいけどなかなか行けない店として知られていましたが、多くの声にお応えする形で、2019年秋にいよいよパリにも店舗がオープンしたそうです!
ただ、ボンボンやタブレットなどのショコラのみの取り扱いとなっており、イートインなどはリヨンの店舗のみとなっています。

世界中のショコラティエやパティシエからも注目される有名店。

家族経営のベルナシオン!3代目オーナー「フィリップ・ベルナシオン」氏

祖父の代から3代にわたって受け継がれているベルナシオン。

現在3代目でフィリップさんが2010年から引き継いでいるのだそう。家族しか製法は知らないし、従業員に外部の人間がいないそう。

bean to barと呼ばれる製造過程を一貫して自社で行う方法を採用しています。「変わらないことで進化する」という考えのもと、伝統や本物の味を大切に守りながらも自身のアイディアを加えて世界から愛される商品を提供し続けています。

ベルナシオンのチョコレートを日本で食べることは無理?

ベルナシオンはフランスの地方都市、リヨンと首都パリにのみ店舗を構えています。したがって日本でベルナシオンのチョコレートを手に入れるためには、毎年バレンタインの前に開催され、ショコラの祭典とも呼ばれる「サロン・デュ・ショコラ」の期間限定店舗と通販のみ。

ベルナシオンのチョコレートの公式通販は期間限定で、バレンタインの時期に伊勢丹オンラインストアで出品されています。
また、個人輸入のサイトになりますが、〈パリスウェーブ〉というところでもお取り寄せができそうです!
伊勢丹オンラインストア

アマゾンやメルカリ等では通年を通してチョコレートが買えますが、安心という点では公式店舗や百貨店の通販の方が安心ですね。

サロン・デュ・ショコラ

毎年1月末に実施され1週間の期間で行われています。
毎年日程は変わり、年末ごろに予定が発表されるので要チェック。1週間、1日中イベントは行われていますがベルナシオンは人気なので、手に入れたい方は初日の早朝から並ぶべし。

ベルナシオンのチョコレートとは

ベルナシオンのチョコレートは、カカオ豆からチョコレートになるまでの工程を一貫して行なっている、『Bean to Bar』の先駆け的な存在。

ベルナシオンのチョコレートは一粒一粒に高級感があり、丁寧に作られているのが伝わってきます。

人気のチョコレートをご紹介

パレドール

ベルナシオンのチョコレートの代表作は『パレドール』。丸いチョコレートに金箔がまぶされたものです。

ベルナシオンのパレドールの中にはバニラの香りのガナッシュが入っており、リヨンの店舗で買えば1粒100円程度ですが、サロン・デュ・ショコラではなんと6粒入りで5000円とのこと。

それだけ大人気なチョコレートですから、味に期待膨らむばかりです。

アマンド プランセス

ベルナシオンの定番と言える逸品。プラリネとヌガチーヌが中に入っていて、これらがビターチョコレートでコーティングされています。外と中の食感の違いを楽しめます。

オランジェット

オレンジピールにチョコレートをかけた商品です。

ベルナシオン以外でも多くのパティスリーやショコラティエが取り扱っていますが、ドライフルーツなどにもベルナシオンならではの製法やこだわりがあってベルナシオンだからこそ食べられる美味しさしあがっています。

タブレット

次にベルナシオンのチョコレートで有名なのがタブレット。

中でもベルナシオンのチョコレートのタブレットのマンディアンは有名です。カカオ55%のチョコレートにローストアーモンド、ヘーゼルナッツ、レーズン、ドライチェリーがトッピングされており、重厚かつ食べ応えのあるタブレットです。

ベルナシオンのチョコレートのタブレットは1枚3000円以上しますが、バレンタインの時期の通販ではほぼ完売します。

2021年ベルナシオンのバレンタイン チョコレート情報

サロン・デュ・ショコラの期間限定店舗と通販のみで手に入れられるベルナシオンのチョコレート。
ここでは、2021年バレンタインに取り扱いのあったベルナシオンのチョコレート情報をご紹介!

キューブ パラティ

ベルナショック パータ タルティネ

フランスでも大人気の品。ヘーゼルナッツベースのパータタルティネ。ヘーゼルナッツの味わいを楽しんで。

フィリップベル

クセのない、とってもシンプルな美味しさのチョコレートなら迷わずこれ!

タブレットマンダリン

マンダリンのパートドフリュイがビターよりのチョコレートと最高の相性。

タブレット プレジデント レ

ベルナシオンのスペシャリテ、プレジダンに使われているショコラのタブレット。中のガナッシュがとろける美味しさです。

フランスのリヨンに出向きたい!ベルナシオンの魅力的なカフェ!

リヨンとパリに店舗を構えるチョコレートのベルナシオン。日本ではサロンデュショコラやバレンタインの時期限定の通販でしか手にはいりませんが、リヨンに行けさえすれば通年でベルナシオンのチョコレートを余す事なく堪能する事が可能です。

リヨンのベルナシオンはとても高級感のある店舗でケーキやパンなどの販売も有りますよ。

サロンデュショコラやバレンタイン以外の時期にベルナシオンのパレオールやタブレットのチョコレートを食べたくなったら、これはもう、フランスのリヨンに足を運ぶしかありません。

『ベルナシオン・パション』というカフェ

リヨンのベルナシオンには、店舗の隣に『ベルナシオン・パション』というカフェがあります。

ここでは、ベルナシオンのケーキやチョコレートなどのスイーツや紅茶などのティータイムが楽しめる他、12−14時のランチを中心としたレストランがあります。

ガトー・デュ・プレジタンやルーズベルトといったケーキなど美味しそうです。

ガトー・デュ・プレジタン

大統領というチョコレートのケーキ。創業者が1975年に大統領のために考案したケーキです。花が咲いたような綺麗な見た目。ベルナシオンのスペシャリテとして現在も愛されています。これを食べる為に、遠回りしてでもリヨンに立ち寄りたい!という旅行客もいるほどです。

ベルナシオン まとめ

ベルナシオン、いかがでしたか?

日本でも手に入るといえば、手に入るベルナシオン商品ですが、やはり本場は別格。

何十種類とあるベルナシオンのチョコレートのタブレットや、日本よりグッとお手頃な値段で手に入る『パレドール』など、本店には手土産に最適な商品がたくさん。

思い切ってフランスに行く時には、絶対にフランスのリヨンまで足をのばし、ベルナシオンのお店までぜひ行ってはいかがでしょうか。