女子の心をくすぐる魅惑のコンフィズール「ボワシエ」

キャンディ

「ボワシエ」というお店をご存知でしょうか?ボワシエはパリの老舗コンフィズールで、1827年の創業以来高級菓子店としてパリで愛され続けています。残念ながら日本に店舗はありませんが、上品な味わいと美しい見た目に心をつかまれる女子がたくさんいるそうです。今回はそんなボワシエのおすすめ商品をご紹介します。

ボワシエって?

ボワシエは、1827年にパリで誕生したコンフィズール。コンフィズールとは、甘いもののお店のことを指します。創業当時からボワシエは高級菓子店として人気を博し、現在も世界中の人々から愛され続けています。

なんと有名な詩人「ヴィクトル・ユーゴー」がボワシエを自身の詩の中に登場させたこともあるのだそう。これだけでも、どれほど歴史のあるコンフィズールなのかがうかがえますね。

ボワシエと言えば、マロングラッセを最初に作ったお店としても有名です。老舗店ならではの伝統と、現在の流行や新しい技術をうまく融合させ、他のお店とは一味違ったお菓子を現在も生み出し続けているボワシエ。

ボワシエの魅力の一つに、ロマンティックなデザインのパッケージがあります。味はもちろん大事ですが、見た目のセンスがいいと、お菓子選びがますます楽しくなりますよね。大切な方への贈り物にもおすすめです。

ボワシエは残念ながら現在日本には店舗がありません。しかし、通販等で購入することは可能です。また期間限定の催事会場等で取り扱っていることはあるそう。要チェックですね。

フランスらしさがギュッとつまった花びらチョコ「ペタルフラワー」

バラやすみれ風味のカラフルなチョコレートが、缶の中にカラフルに詰められた花びらチョコ。缶を開けた途端「ステキ!」と思わず声をあげてしまいそう。この商品は、気温の低い季節限定です。

口に入れると幸せな気持ちに「ヘブンリーパール」

ボワシエで一番人気なのが「ボンボン」。ボンボンとはフランスではキャンディーのことを指します。日本ではキャンディーと言えば子どものお菓子のイメージが強いですが、フランスではれっきとした大人のお菓子なのだそう。

このボンボンはカラフルな小粒キャンディー。ヘブンリーパールという名称もなんともステキですね。口に入れると、中からフルーツシロップがあふれだし、なんとも幸せな気持ちに。紅茶に浮かべていただく方もいるそうです。ほっと一息つきたいときにおすすめです。

ボワシエの定番「マロングラッセ」

ボワシエのマロングラッセは、繊細な作業を重ねて、ひとつひとつ丁寧に作られています。使われている栗は、もちろんすべて高品質なもの。歴史を感じさせる味わいは、マロングラッセを最初に作ったボワシエだからこそ。マロングラッセが好きな方は、他の洋菓子店の商品を差し置いてでもボワシエのマロングラッセを食べるべきです。外せない逸品です。

香り高い紅茶もおすすめ

ボワシエは紅茶もおすすめです。かわいらしい缶に入っているので、置いておくとキッチンや食卓の周りを華やかに演出してくれます。

ボワシエではいろいろな種類のフレーバーティーが販売されているので、きっと好みのものが見つかるはず。缶のデザインが種類ごとに異なるので、全部集めたくなるかもしれませんね。

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。