京都 チョコレート専門店<加加阿365(カカオ365)>| 誕生日に特別な贈り物をしたい方におすすめ!

京都祇園にしっかりと馴染む和の佇まいが印象的なチョコレート専門店、「加加阿365(カカオ365)」。
このお店には、見た目にも味にもこだわった、ほんまもんの極上チョコレートが並んでいます。

京都のお土産にも、自分へのご褒美にも。
また、特別な日の贈り物にも、加加阿365(カカオ365)のチョコレートがとってもおすすめ!

おすすめの理由も含めて、加加阿365(カカオ365)チョコレートの魅力をご紹介していきます。

加加阿365(カカオ365)はマールブランシュのチョコレート専門店

加加阿365(カカオ365)は、“茶の菓”でおなじみの京都の有名洋菓子店、「マールブランシュ」が立ち上げたチョコレート専門店。

京都らしい世界観も人気の加加阿365(カカオ365)

京都の風をチョコレートに取り入れ、おしゃれでキュートな世界観を表現しているのが、加加阿365(カカオ365)の大きな特徴。

祇園店は花街にあって、店舗も京都らしくとても素敵な雰囲気です。

加加阿365(カカオ365)のチョコレートを作っているのは、WPTCチョコレート部門グランプリを獲得した藤田浩司さん。
加加阿365(カカオ365)のチョコレートは見た目やそのコンセプトだけではなく、味も本格派なのです。

店名の「加加阿365」の意味や読み方は?

店名の「加加阿365」は“カカオ365”と読みます。
この変わったネーミングに目を奪われる方も多いのではないでしょうか。

この加加阿365(カカオ365)には「カカオのある京都流の暮らしを、365日楽しんでほしい」といった気持ちが込められているのだそう。

加加阿365(カカオ365)には定番メニューだけでなく、季節限定商品もありますので、そちらのほうもチェックしてみてくださいね。

<看板商品>誕生日や記念日には!“紋”入りの「加加阿365」

加加阿365(カカオ365)の代表商品といえば、店名にもなっているチョコレート、「加加阿365」です。

「加加阿365」一番の特徴は、特別感のある“紋”入り!

このチョコレートの特徴は365日毎日違ったデザインのチョコレートが並ぶこと。
チョコレートには「紋」の模様が施されているのですが、この紋がそれぞれ違うのです。

紋にはそれぞれメッセージが込められており、誕生日や記念日のプレゼントにぴったり!
この特別感は、贈った相手にきっと喜んでもらえますよ!

注意点としては、予約無しで買いに行った場合はその日のチョコレートしか買えないということ。

指定日のチョコをGETするためには予約が必須!

違うひのチョコレートが買いたい方は、2日前からの予約で手に入れてください。
贈り物などに用意する場合は、特に予約必須ですね♪

ただし、予約数が限定されているため、早目の予約がおすすめです!

賞味期限やお値段は?

「加加阿365」の賞味期限は、買った日を含め3日と短めなので贈り物にされる際にはご注意ください。

口に入れると、パリッとした食感の後から広がるとろけるくちどけのチョコレート。
ミルキーな味わいにあとに来る、カカオのビターな余韻をいつまでも楽しめるような奥深いチョコレートになっています。

値段 2個入り1,080円税込 / 4個入り2,160円税込

加加阿365(カカオ365)で人気のおすすめメニューは?

それではさっそく加加阿365(カカオ365)で人気を集めるおすすめメニューをご紹介していきます。

加加阿365(カカオ365) 抹茶テリーヌ「京ippon」

「京ippon」は、京都らしい濃厚な抹茶の味わいを楽しめる、お抹茶のテリーヌです。

ホワイトチョコレートと京・宇治白川の厳選茶葉で入れた抹茶のマリアージュが楽しめるお菓子。
薄く切っていただく事で、濃厚な美味しさが一番際立ちます。

火入れの下限に徹底的にこだわりしっとりとした食感となめらかな口当たりが実現。くせになるおいしさですよ。
パッケージもおしゃれで、お土産に渡したら喜ばれそう♪

値段 1,200円(税込)

加加阿365(カカオ365) ほろほろ佇古礼糖

まるで干菓子のようなほろほろ食感が新しいチョコレートです。
和菓子のような繊細な味わいは、年配の方にも喜ばれそうですね。きなこ、ゴマ、黒七味など5種類のフレーバーが用意されており、どれも京都らしい和を感じるものばかり。

格子状のデザインは、京都の街の碁盤の目を表現しているのだそうです。随所に京都らしさを感じ、京都みやげに最適ではないでしょうか。

値段 830円税込

加加阿アイスキャンディ

夏季限定商品のアイスキャンディは、フォトジェニックなカラフルな見た目と、豊富なフレーバーが魅力です。
フルーツのフレーバーは、生のフルーツを食べているような濃厚な味わいを堪能できます。

夏の京都観光のおともにいかがでしょうか。

値段 480円税込

加加阿365(カカオ365)には他にも魅力満載のお菓子が色々♪

代表的なお菓子の他にも、口コミやSNSで美味しいと話題のお菓子がたくさんある加加阿365(カカオ365)。

こちらでは、このお菓子も美味しいから絶対食べてほしい!というオススメをずらりとご紹介していきます。

【バレンタイン期間限定】加加阿ラングドシャクッキー「佇古の菓」

寒い時期限定で販売された加加阿365(カカオ365)の人気のクッキー「佇古の菓」。

さくっと軽い食感のラングドシャクッキーにこだわりのチョコレートがはさまれた、季節限定のお菓子です。
カカオの産地によって、香りや風味が異なるチョコレートの特徴を存分に活かした、チョコ好きさんに食べてもらいたいクッキーになっています。

値段:1,201円(税込)

お干菓子佇古礼糖

加加阿365(カカオ365)がある京都の季節をかたどったデザインに、ソフトな食感のお干菓子の世界をチョコレートで表現した「お干菓子佇古礼糖」もおすすめ。

春夏秋冬と、時期によって違うフレーバーに変わるのが大きな特徴です。
お菓子によって四季の移ろいを感じられるという、和菓子ならではの発想を取り入れた加加阿365(カカオ365)のオリジナリティあふれるお菓子です。
値段:1,780円税込

カカオ365の紋付きボンボンショコラ「きょうの宙」

京都に数多くある神社やお寺を、キュートな紋にアレンジしボンボンショコラに絵柄が施されている「きょうの宙」。
そのビジュアルから、京都土産にマストですが好評なのはその見た目だけではなく、チョコレートの繊細な美味しさです。

お口に入れた瞬間にパリッとした食感と共にほどける、極薄のシェルと言われるコーティング。
さらにそのシェルのなかには、濃厚なカカオの香りとなめらかなくちどけが印象的なチョコレートが詰まっています。

値段:350円(税込)~750円(税込)

フワッとトロッとシュークリーム ショコラ

祇園店限定のふわふわ生地のシュークリーム。
加加阿365(カカオ365)のシュークリームだけあり、中のクリームはチョコレートカスタードクリームになっています。
カカオの香りとミルキーな甘さがとっても美味しいと評判です!
祇園店に行かれた際は食べ逃さないようにご注意を!

値段:130円(税込)

ちょこっとエクレア

舞妓さんのおちょぼ口でも食べやすい、加加阿365(カカオ365)の小さなかわいいエクレア。
京都らしいデコレーションが施されているので旅行の合間にパクリといただけます♪
値段:430円(税込)
※2021年~コロナの為、一時販売休止中

他にも、加加阿焼きどら小判、プレミアムクッキー加加阿ざくざく、「もなかかお」などユニークな商品が多くラインナップされています。

店舗限定品もあるので加加阿365(カカオ365)のHPでぜひチェックしてみてくださいね!

加加阿365(カカオ365)のオンラインショップで通販OK!

加加阿365(カカオ365)のお店がある京都までは行けない・・という方に朗報♪

加加阿365(カカオ365)の、一部の商品だけに限られますが、通販でのお取り寄せ購入が可能です。

下記の公式通販サイトを利用してお取り寄せすることができますよ!
マールブランシュの公式サイト

加加阿365(カカオ365)の商品は予約できる?

加加阿365(カカオ365)の商品の中には、予約購入限定の商品や、人気の為予約がおすすめの商品もあります。

先ほどご紹介した加加阿365も、予約での購入をおすすめしたい商品の一つです。
「絶対に購入したい!」という商品がある場合は、加加阿365(カカオ365)の店舗に電話で確認しておくといいかもしれませんね。

加加阿365(カカオ365)の店舗情報

一見チョコレート屋さんとは思えないような京都らしい和の佇まいが美しい店舗は、京都の祇園にあります。
なおマールブランシュ本店などでも加加阿365(カカオ365)の一部の商品は購入できます。

店舗情報
店名:加加阿365祇園店

住所:京都府京都市東山区祇園町南側570-150

営業時間:10:00 – 17:00

定休日:無休

北海道在住の主婦。教員を経てフリーライターデビューしました。 読書とスピッツと映画と食べ歩きが大好きです