カカオだけでピンク色に!プロが注目する「ルビーカカオ」とは?

約80年ぶりに発明された、新しいチョコレート「ルビーカカオ」。ダークチョコ、ミルクチョコ、ホワイトチョコを次ぐ「第4のチョコレート」である「ルビーチョコレート」のカカオです。カカオの純粋な色だけで、美しいピンク色になることやフルーティーな味わいから、チョコレートの製作、販売業界でも話題になっています。
2017年に登場したルビーカカオ。2019年には、コンビニスイーツでも見られるようになりました。今回は、2020年もまだまだ流行が続きそうな「ルビーカカオ」について解説していきます。

ルビーカカオとは?

「ルビーカカオ」とは、ピンク色が印象的なルビーチョコレートの原料であるカカオ豆のこと。ルビーチョコレートを開発したのは、スイスのチョコレート製造メーカー「バリーカレボー」です。
ルビーカカオから作られるルビーチョコレートは、美しいピンク色でベリーのような酸味があることが特徴。驚くことに、着色料もフルーツフレーバーも一切使用せずに、この味を実現しています。さらに、色素成分には栄養がぎっしり詰まっているんだとか。多く含まれているポリフェノールには、アンチエイジングやストレスケアなどの効果も期待できます。

そんな特別なルビーカカオですが、原産国や種類によって決まるものではありません。また、見た目は黄色や茶色と様々。ルビーカカオ豆の定義は、ルビーの色と味わいを引き出す前駆物質が自然に存在しているカカオ豆とされています。全駆物質という難しい表現をしていますが、バリーカレボーが10年開発した、独自の選別や加工技術によって生み出されたものという理解で間違いないでしょう。

ルビーカカオの商品をご紹介!

ルビーカカオを使用したルビーチョコレートは、2017年に発売されました。しかし、当時は日本ではあまり馴染みがなく、手に入れるのも難しかったんだとか。2019年には、入手しやすくなり、コンビニスイーツにも取り入れられるほど一般的になってきました。第4のチョコレートと話題になっているだけあって、2020年も様々な商品やチョコレートブランドで、ルビーカカオを使用したスイーツが誕生しています。
ここでは、コンビニスイーツやあの有名なチョコレートブランドの、ルビーカカオを使用した商品を紹介していきます。

ルビーカカオのキットカット

小さい子供から、お年寄りまで、みんな大好きキットカットから「ルビーチョコレート」が発売されています!キットカットを製造するネスレ日本が作り上げたのは「キットカット ショコラトリー サブリム ルビー」。2018年に発売された商品は、ルビーカカオを商品化したのは世界で初めてということもあり、世界的にも話題になりました。
2019年には、新商品の「キットカット毎日のナッツ&クランベリールビー」を発売。ナッツとルビーチョコレートの相性が抜群です。こちらは、全国のスーパーやコンビニで購入することが可能です。

商品名 キットカット毎日のナッツ&クランベリールビー
値段  87g:398円(税込)

ルビーカカオのハイクラウン

様々なチョコレート菓子を手掛ける「森永製菓」。日本のお菓子の代表的メーカーである森永からも「ハイクラウン ルビーカカオ」が発売されています。ハイクラウンとは、森永製菓が1964年から販売していた、高級チョコレートのこと。当時は、高級輸入タバコをイメージしたパッケージと、レアなカシューナッツが使用されていたこともあり、特に大人から人気でした。現代版ハイクラウンは、細長く、スタイリッシュでさらにおしゃれなパッケージへと変化しています。
そのハイクラウンから誕生した、ルビーカカオバージョン。底面にダークミルクチョコ、上にルビーチョコの二層になっています。フルーティな酸味と濃厚でなめらかな舌触りが特徴。甘すぎず、上品な味わいなので大人向けのチョコレートとも言えるでしょう。
2019年のバレンタインシーズンに、あべのハルカスやそこう横浜店、京都伊勢丹などの百貨店で限定販売されていましたが、現在は行っていません。

商品名 ハイクラウン ルビーカカオ
値段  1本:432円、3本セット:1,404円(税込)

ローソンのルビーカカオの商品

ルビーカカオの商品を、コンビニで初めて発売したローソン。誰しもが、一度は食べたことがあるのではないかというほど人気の「プレミアムロールケーキ」に、ルビーチョコレートを使用した商品が登場しています!
2018年9月に販売を開始した「Uchi Café プレミアム ルビーチョコレートのロールケーキ」。スポンジ生地にも、中央のクリームにもルビーチョコレートを使用した、贅沢なロールケーキです。さらにクリームの中には、ストロベリーとラズベリーを合わせたベリーソースも入っていて、ベリーの酸味とルビーカカオのフルーティさが最高のバランスです。

商品名 Uchi Café プレミアム ルビーチョコレートのロールケーキ
値段  350円(税込)

バリー・カレボーのルビーチョコレート

ルビーカカオの産みの親である「バリー・カレボー」が手掛けたのは、「カレボー®ルビーチョコレート RB1」。様々なルビーチョコレート菓子の原材料として利用されている、純ルビーチョコレートです。
現在は、数多くの種類のルビーカカオを使用したスイーツが登場していますが、純粋なルビーカカオの味を堪能したいという方は、カレボーのルビーチョコレートを試してみると良いでしょう。ルビーチョコレートのお菓子作りにも使えますよ。
日本に直営店はなく、公式通販は楽天のみとなっていますが、現在「カレボー®ルビーチョコレート RB1」の販売は行っていません。Amazonでは取り扱っているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

商品名 カレボー®ルビーチョコレート RB1
値段  4,220円(税込 Amazon価格)

ユーハイムのルビーチョコレートシリーズ「ザ・ルビー」

日本で初めてバームクーヘンを焼いたと言われている「ユーハイム」。伝統的なドイツの製法を守りつつ、添加物は一切使用せず、自然のものだけでスイーツ作りをしています。そんなユーハイムでは、プレッツェルクッキーやミルフィーユなど、ルビーチョコレートを使用した様々な商品を発売しています。
ルビーチョコレートを使用したユーハイムの商品は、「ザ・ルビー」シリーズと名づけられ、注目を集めています。
特に人気なのがミルフィーユ。ベリーミックスをサクサクのパイで何層にも挟みこみ、表面をルビーチョコレートでコーティングしています。サクサクふわふわの食感で、ベリー系の味わい。手軽に購入しやすい価格なのに、高級感のある一品です。

商品名 ルビーミルフィーユ
値段  4個入:540円(税込)
カロリー

関連記事一覧