泉屋のクッキーはなぜ美味しい?クッキーの種類や店舗までご紹介!

クッキー

泉屋というクッキー屋さんをご存知ですか?
泉屋は巷で有名な美味しいクッキー屋さんです。
今回は泉屋のクッキーの種類や店舗、口コミをご紹介します。
是非参考にして素敵なおやつの時間を過ごしてみてください。

泉屋の歴史

明治時代から大正時代にかけて、大阪に泉屋という貿易商がありました。三代目とその夫人は敬虔なクリスチャンで 子供のためにと移り住んだ和歌山の教会であるアメリカ人宣教師夫婦に出会いました。 三代目の夫人は宣教師の夫人が子供のためにクッキーというお菓子を焼いてあげていることを知ったのをきっかけに、クッキー作りを学び始めました。三代目の夫人は夫に内緒でアメリカからオーブンを取り寄せ、それを知った夫も協力して一緒にクッキーを作り宣教師夫人にももう教えることはないと言わせるほど完成度の高いクッキーを作りました。 京都に移り住んだ三代目夫婦は、はじめはクッキーを近所の人に分け与えていたが、焼いてくれという要望も多く 、泉屋という看板を掲げることにしました。 これが泉屋の始まりです。 残念ながら京都のイズミヤは1990年代に解散されたらしいです。

印象的な泉屋のパッケージ

泉屋のパッケージはレトロで、紙袋は泉屋という店名が書かれています。泉屋のシンボルは浮き輪の絵。社会奉仕の精神の表れです。商品は、白×紺で浮き輪が描かれているレトロなデザイン缶が印象的。

泉屋クッキーの種類は?

泉屋のクッキーの種類をご紹介します。
迷ってしまうくらい種類が豊富です!

【SPECIAL COOKIES】

スコットランド伝統の家庭で作られているクッキーを再現したスペシャル・クッキーズです。
可愛らしいクッキーが14種類入ったクッキーセットです。

価格 1,080円
賞味期限 90日

【PREMIUM COOKIES】

創業80周年を記念して作られたクッキーセット。
パッケージには、昭和40年代に人気になったレトロモダンなパッケージを復刻しています。
伝統の味を楽しめるクッキーセットです。

価格 3,402円
賞味期限 90日

【CUP IN COOKIES】

人気のスペシャル・クッキーズを個包装にしました。
個包装で持ち運びやすいためちょっとしたお茶会などにおすすめの商品です。

価格 1,188円
賞味期限 90日

【ASSORT PACKS】

家庭でも気軽に食べれるクッキーです。
様々な味が小さいパックに入っているので気軽に食べられるクッキーとなっています。

価格
袋入詰め合わせS 627円
袋入詰め合わせM 1,188円
袋入詰め合わせL 1,728円
賞味期限 いずれも60日

お祝いの贈り物や手土産にも泉屋の商品はおすすめです。

泉屋のクッキー!個別にはどんな種類がある?

バターとバニラの香りが香ばしいスプライズ、 ビスケット風な薄焼きのココナッツクッキー 、バニラとピーナッツの香りがただようピーナッツクッキー、 泉屋のシンボルとなっている浮き輪をかたどったリングダーツ、 チョコレートクッキーやジンジャーの香り漂うクリームフィンガーなどがあります。

泉屋のクッキーの特徴

泉屋のクッキーは一般的なクッキーのイメージとちょっと違って、固めでサクサク感があることが特徴です。ちょっと人によって好みが分かれるかもしれません。種類によっても多少食感は異なります。

泉屋の店舗はどこにあるの?

泉屋は北海道から九州まで全国にあります。
主に百貨店で販売されています。
オンラインショップもおこなっているので近くに店舗がない方や百貨店に行くのが面倒という方は利用してみてください。
オンラインショップはこちら→https://www.izumiya-tokyoten.co.jp/e-commex/cgi-bin/ex_index.cgi

泉屋クッキー多摩直売所

泉屋では毎月第2・第4土曜日の10~13時に工場直売所でクッキーが販売されています。
市販の物より安いということで狙っている人は多いのです。

お会計をすませると手づかみができます。色々工夫があって楽しめるので、大人気です。

機会があればぜひ行ってみては?

泉屋の気になる口コミは?

ここからは泉屋の口コミをご紹介します。

レトロ感が良い!
半蔵門のマッサージサロンに月イチで通うその帰り道、すぐソバにあるお店の前を数回通り、気になっていました。
口コミで懐かしい味と書かれていたのが気になり、先月初めて訪問。
世はクリスマスということもあり、クリスマス限定の、代官山のクリスマスカンパニーのデザインのクッキー缶と、やはりクリスマスカンパニーデザインのイラスト入りクッキーを一枚、あとは通常のアソートパックのリングダーツを購入。
ちなみに、イラスト入りクッキーはプレゼントのうち一つとして、妹に渡しました。
で、缶のクッキーは、賞味期限がまだだいぶ先なので、これから賞味する予定です(苦笑)
イラスト缶、何かに使えそうなオシャレなカンジです。
で、アソートパックのリングダーツ。
これを楽しみに、家で少しずつ食べました。
確かに、普通のクッキーとはまた趣きが違います。
例えるならば、堅焼きせんべいとぽたぽた焼き位な違い(笑)
こちらのクッキーは、ビスケットタイプなかたさです。
私は、けどこのタイプ好きです。
味もほのか〜な甘さ。上品。
ドリンクは、紅茶、コーヒー。緑茶でも合うなぁ。
なぜか、オレンジジュースはピンとこなかったけど(笑)
クッキーの上に乗ってる飾り(レモンピール・アンゼリカ・カレンズ)が、またカワイさを出してるんですよ。
ただ確かに、今の子供には…好き嫌いが出そうなカンジなのはわかるなぁ。
これは、大人なタイプのクッキーなんだと思われます。
うん、確かに、私が幼少期な頃の背景なら、これはきっとちょっとした高級洋菓子な位置付けかもしれません。
とは言っても、お値段は普通だったのでご心配なく。
この先、マッサージ帰りにちょくちょく買っちゃいそうです。
引用元:tabelog.com/tokyo/A1308/A130803/13022232/dtlrvwlst/B20855288/?use_type=0&smp=1#4826049

おやつには泉屋のクッキーを食べよう!

今回は泉屋のクッキーについてお伝えしました。
サクサクとした伝統のクッキーでお茶会やおやつの時間のお供として是非食べてみてください。
ほっと落ち着ける素敵な時間を過ごすことができますよ。

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。