• HOME
  • コラム
  • どら焼き
  • 「亀十」は絶品ふわふわで東京の三大どら焼きとも!浅草店の行列や通販などの情報も必見

「亀十」は絶品ふわふわで東京の三大どら焼きとも!浅草店の行列や通販などの情報も必見

浅草でどら焼きと聞くと「亀十」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。「東京に買いに行けないけれど催事や通販で買えるの?」と気になる人も後を絶ちません。そんな亀十は創業100年近くの歴史ある老舗和菓子店です。

亀十の看板商品は先ほどもお伝えしたように「どら焼き」です。メディアなどでも頻繁に取り上げられ、店の前に行列ができることも珍しくありません。どら焼きの特徴はは薄皮で、オリジナルあんこのうまみもたまりません。
どら焼き同様にあんこの質が高い「きんつば」、香ばしく餡がたっぷり入った「最中」も評判です。今回はそんな浅草の「亀十」の魅力や催事情報なども詳しくご紹介します。

どら焼きで有名な亀十とは?

亀十は、浅草の雷門の目の前という絶好のロケーションにあります。都営地下鉄浅草駅からは徒歩3分ほど。浅草界隈では知らない人はまずいない有名店なのですが、浅草が初めてという人にもぜひ寄ってもらいたいお店で、観光がてら行けます。亀十には色々なお菓子が売っています。

例えば亀十の「松風」なんて有名です。でも、亀十の前にできる行列の目当てはどら焼き。
どら焼きを買い求めるお客さんで亀十には開店前から長い列ができています。亀十のどら焼きは、なぜそんなに人気を集めているのでしょうか。

黒餡と白餡がある亀十のどら焼き

亀十のどら焼きはパンケーキのような甘くてしっとりふわふわな生地に甘さ控えめの餡が包まれており、口に入れると絶妙なハーモニーを醸します。餡は白餡、黒餡の2種類。粒餡です。どちらもすっきりとした後味に仕上がっています。

亀十のどら焼きはひ一つ一つ手作りにこだわっており、1日3000個限定です。また原材料にもこだわっており、黒い餡には北海道産のあずき、白餡には手亡豆を使用。どら焼きの生地は余計なものは入れず、小麦粉、砂糖、水のみで焼き上げています。 どら焼きの生地というよりフワフワのパンケーキの生地に近いと表現されることもあります。

また、ふわふわなどら焼きは生地に焼きムラができているのがいかにも手作りといった感じがします。しかし、このムラは職人技なのです。

ちなみに亀十のどら焼きの気になるカロリーですが、約450キロカロリーだそうです。

亀十のどら焼きの値段と日持ち(賞味期限)

亀十のどら焼きの値段は1個360円と少々お高めですが、職人さんたちの手間暇を考えると当然な価格ですね。また大きさも一般的などら焼きよりも大きいので、満足感はあります。

亀十のどら焼きを手土産に利用したいという方もいるのではないでしょうか?亀十のどら焼きの賞味期限は3日間。保存料などが入っていないため賞味期限は長くありません。手土産に利用する場合はその日のうちにお渡しすることをおすすめします。

亀十の行列情報

亀十のどら焼きは数量限定で人気商品のため、営業時間内であっても売り切れてしまうことも珍しくありません。もう午前中で売り切れることもあります。

行列は日によって待ち時間は違いますが、特に土日は混み、1時間以上待ちもザラです。とにかく早く行きましょう。
ただし、平日は土日程の混みではなく、運が良ければ夕方でもどら焼きが残っていることもありますよ。テレビで紹介された直後はもっと凄い人数の人で賑わうことになるので覚悟が必要でしょう。

浅草 亀十のおすすめ商品は?

浅草の亀十といえば看板商品であるどら焼きに注目が集まりがちですが、どら焼き以外にも絶品のお菓子がたくさんあります。そこで、販売されている商品の中からおすすめの商品を厳選してご紹介しましょう。

豆大福

豆大福もどら焼き同様とても人気が高い商品です。豆大福は余計なものは入れずシンプルな素材のみで丁寧に作られています。餡の甘さは控えめでいただきやすい味わいです。素材の味を生かした素朴な味わいがくせになり、気をつけないとつい食べ過ぎてしまいそうになるほどですよ。

松風

松風は、どら焼きに次ぐ人気メニューとして常連さんにも知られています。松風は黒糖を使って焼き上げた生地に、洋菓子のオムレットのように餡をはさんだお菓子です。

生地は蒸しパンのようなふわっとした食感です。中には甘さ控えめのあんこがたっぷり詰められています。生地に含まれた黒糖の甘みとあんこの甘みがベストマッチしてまさに後を引くおいしさです。幅広い年齢層に愛されている逸品は皆さんにも召し上がっていただきたい商品です。

きんつば

亀十の和菓子がおいしいのは使われている餡がおいしいことも理由の一つですが、どのお菓子に使われている餡も素材の味を引き立たせるよう甘さ控えめとなっています。そんな亀十の餡のおいしさを堪能できるお菓子がきんつばです。
亀十のきんつばは小豆本来の風味をしっかりと感じられ、餡のおいしさを心ゆくまで堪能できます。「甘いのは苦手なの。」という人でも、甘さ控えめであっさりとした後味のきんつばならペロリといただけます。

最中

亀十の最中は皮からはみ出すほどたっぷり入った餡や栗がインパクトを与えます。最中の皮はサクサク食感と香ばしい風味を感じられます。餡の種類はつぶし餡、黒餡、白餡の3種類です。3種類とも食べ比べてみるのもおすすめですよ。皆さんも、サクサクとした皮の食感と滑らかな餡の舌触りを楽しんでみてくださいね。

亀十のどら焼きは通販で購入できる?

お店から遠く離れた場所に住んでいる方にとって気になるのが「亀十のどら焼きは通販で買えるの?」という点ではないでしょうか。その他にも「通販で見かける、あるあのどら焼きは本物?」という点についてもお伝えます。

通販は取り扱いがない

残念ながら通販での購入はできません。ただ店舗に直接電話をして注文すると、直接発送をしてくれることがあるようです。詳しくはお店に直接問い合わせてみてくださいね。

偽物販売も

たまに通販サイトで亀十といって販売されているどら焼きは亀十公式のものではなく、品質も保証されていませんので購入されないようにしましょう。

2021年百貨店の催事で亀十のどら焼きは買える?

亀十のどら焼きは残念ながら通販はありませんが、浅草の店舗以外に、全国の百貨店で催事をしていることがあります。
新宿タカシマヤ、そごう、大丸心斎橋店、三越日本橋店など、2021年も催事の情報は追加されるかもしれませんので、どら焼き好きは各デパートのホームページで要チェックです。

亀十のどら焼きは予約はできる?

亀十のどら焼きはお取り寄せはできませんが、安心の事前予約は可能です。数日前までにお店に電話して希望日に店頭受け取りをする形です。ふわふわの逸品を味わってみたい人はこの方法で予約なさってください。

店舗情報
店名:亀十

住所:東京都台東区雷門2丁目18-11

営業時間:10:00~19:00
※営業時間等が変更になっている場合があるので、ホームページ等をご確認ください

定休日:不定休