池袋の隠れた名店「氷カフェ あん」の濃厚絶品かき氷を食べてほしい!

池袋にある美味しいかき氷屋さんで、最近話題なのが「氷カフェ あん」です。

「氷カフェ あん」は、ちょっと変わったかき氷を提供してくれることでも有名で、そのメニューの豊富さとオリジナリティに驚くはず。

そんな「氷カフェ あん」のオススメのかき氷と、お店についての情報を紹介していきます!

氷カフェ あんはどんなお店?

「氷カフェ あん」は餡やシロップや練乳を手作りしており、甘味も黒糖やてんさい糖、きび糖など、体に優しい素材を使用しています。かき氷屋さんではありますが、お店の佇まいは純喫茶といった感じで、ゆったり寛げる雰囲気が訪れる人に好評なお店。

かき氷のほかにドリンクメニューもありますが、それとは別にセルフサービスの温かいお茶もありますので、かき氷で冷えた体もホッと回復することができます。

お店は少人数で営業しているとのことなので、少し待つこともありますが、お茶を飲みながらかき氷を待つのもいいですね。

氷カフェ あんで食べておくべきメニューは?

それでは「氷カフェ あん」でぜひ食べてほしいオススメのメニューをご案内します。

もっと冒険心溢れるメニューもあるのですが、ひとまず定番のメニューとちょっと変わり種のメニューの2種類を紹介いたします。どちらも人気メニューですので「氷カフェ あん」に行った際はぜひお試しください。

宇治金時

濃いめの抹茶と手作りの粒あんがマッチする、かき氷といえば定番の宇治金時。もちもちの白玉が食感のアクセントになっています。「氷カフェ あん」のかき氷は追加料金でアイスもトッピングできます。

値段:900円

宝石箱

思わず「可愛い!」と言ってしまうフォトジェニックなかき氷「宝石箱」は、ミルクベースの優しいかき氷に、キューブゼリーがトッピングされています。かき氷の中にはアイスと餡が入っており、食べてみるとちょっと懐かしい気持ちになるお味。

可愛さと懐かしさが共存するかき氷「宝石箱」は、女子に人気の「氷カフェ あん」のかき氷です。

値段:850円

氷カフェ あんの今月の氷

「氷カフェ あん」では、毎月ユニークなメニューがでています。

例えば、2020年10月は「バナパセリ」、「芋・栗・パンプキン」。

2020年11月は柿氷。中旬からスイートポテトシャンテリーが加わります。また、おぜんざいも始めるそうです。

今月のかき氷はTwitter(@anne_icecafe)などで確認できますよ。

氷カフェ あんの混雑状況は?予約できる?

「氷カフェ あん」は口コミなどで噂が広まり、以前は知る人ぞ知るというお店でしたが最近は並んでいることも多く、土日は開店前から行列になっていることも多いです。

平日の昼間は比較的空いているので、ゆったりしたい方は平日の昼間がオススメです。

整理券の配布や予約などは行っていないので、お店に行くときは少し早めに行動してみるといいかもしれません。

氷カフェ あんの店舗情報

「氷カフェ あん」は池袋の北口から歩いて3分ほどの場所にありますが、初めてだと少し分かりづらい場所にあるため、地図アプリなどを利用するといいかもしれません。

また、「氷カフェ あん」のHPに詳細な行き方が記載されていますので、そちらを確認するのもおすすめです。

氷カフェ あん

店舗情報

店名: 氷カフェ あん
住所: 東京都豊島区池袋2-46-2 第2カドビル2F
営業時間: 11:30~17:30
定休日: 火曜・水曜・不定休