近江屋洋菓子店の上質だけどリーズナブルな洋菓子たち

photo by 近江屋洋菓子店http://www.ohmiyayougashiten.co.jp/index.html

東京神田のオフィス街にある近江屋洋菓子店は、明治17年創業の老舗店です。長年愛され続ける近江屋洋菓子店は、老舗の看板にあぐらをかかず、古い伝統を守りつつ新しいおいしさを生み出し続けています。今回はそんな近江屋洋菓子店の魅力をたっぷりご紹介しましょう。

近江屋洋菓子店はどんなお店?

近江屋洋菓子店は、東京神田淡路町の外堀通り沿いにある、明治17年(1884年)に創業した老舗のお店です。近江屋洋菓子店は創業当初、なんと炭屋さんだったのだそう。しかし夏場に炭は売れないことからパン屋さんを始めることに。

その後近江屋洋菓子店2代目の店主が海外でケーキの作り方を学んだのがきっかけで、1947年以降洋菓子の販売が中心となっています。近江屋洋菓子店では現在は洋菓子中心のラインナップとなっていますが、パンの販売も変わらず続けています。

近江屋洋菓子店では、新鮮な旬の食材を使用することにこだわっており、毎日市場に足を運んで吟味した食材を仕入れています。これには「子どもにも安心して与えられるおやつが作りたい」という思いもあるのだそう。近江屋洋菓子店ではこうして苦労して手に入れたフレッシュな果物を、まるごと使用したデザートも人気です。

近江屋洋菓子店の洋菓子は、見た目はいまどきのお菓子のような華やかさはありませんが、素朴でレトロな雰囲気がたまりません。まるでおうちで焼いたお菓子のような温かい印象です。でも味には相当こだわっており、それにも関わらずリーズナブルなところも嬉しいポイントです。

近江屋洋菓子店の現在の店舗は神田にある1店舗のみで、1階が店舗、2階が工房となっています。近江屋洋菓子店の全てのお菓子を2階の工房で作っており、機械作業と手作業の良いところを生かしつつ、丁寧に一つ一つ仕上げています。

ちなみに銀座近江屋洋菓子店は、ホームページなどには載せられていませんが、神田の近江屋洋菓子店の先々代の弟が継いだお店なのだそうです。

名前はどちらも「近江屋洋菓子店」ですが、神田は昔ながらの伝統を受け継いでいるのに対し、銀座は流行を取り入れた今どきのパティスリーといった雰囲気です。どちらにも足を運んで食べ比べてみるのも楽しそうですね。

近江屋洋菓子店で機械作業も取り入れているのは、職人さんたちの負担を少しでも少なくしたいという思いから。おいしいお菓子は、職人さんたちの働く環境が整ってこそ生まれると考えているのだそうです。近江屋洋菓子店のお菓子にはこうした優しい思いが詰まっているから、素朴で温かい味がするのかもしれませんね。

近江屋洋菓子店の店舗には喫茶コーナーも設けられており、ケーキもいただけます。またドリンクバーが用意されているところも人気の秘密。ドリンクバーには定番の飲み物以外に、フレッシュジュースや野菜スープなども並んでいます。おいしいお菓子とともに、ゆったりとした時間を過ごせそうですね。(喫茶コーナーは2021年9月現在一時休止しています。)

店内にはケーキ、焼き菓子、パンなどがところ狭しと並んでおり、「どれにしようか」と迷ううちに気分が上がること間違いなし!

長い間愛され続ける近江屋洋菓子店も、新型コロナウイルスの影響を少なからず受けているといいます。これは近江屋洋菓子店はオフィス街に位置し、これまで会社員の方に利用されることが多かったため。

でも現在は、おうち時間においしいお菓子を食べたいというお客さんが、ケーキを買いに足を運ぶことが増えたそう。これも老舗という看板に驕らず、「おいしものをもっと気軽に食べてもらいたい」という真摯な姿勢を崩さず続けてきたからなのでしょうね。

これからもおいしいお菓子をお客様の笑顔のために作っていきたいと、現在の店主は語ります。ほっこりした気持ちになりたいとき、ぜひ近江屋洋菓子店のお菓子を買いに行ってみてくださいね。

近江屋洋菓子店では、お店の情報をSNS等を利用して配信しています。お店のnoteでは、近江屋洋菓子店の味をおうちで楽しめるレシピや近江屋洋菓子店のお菓子を更に美味しくいただくアイディアなどを無料で公開!なんとも太っ腹ですね。なおレシピはYouTubeでも解説しており、料理初心者さんでも安心して作ることができそうですね。

最新情報はTwitterの公式アカウントで配信しています。その日店頭に並ぶメニューも紹介されていますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

近江屋洋菓子店の人気メニューは?

では近江屋洋菓子店のメニューの中から、特に人気のものをご紹介しましょう。

アップルパイ

近江屋洋菓子店の看板商品の一つがこのアップルパイ。厳選した素材を使い、シンプルな製法で焼き上げたものです。余計なものを使わずにりんごのおいしさ、バターの風味、サクサク食感を十分堪能できる仕上がりです。シナモンも使っていないので、シナモンが苦手な方も安心していただけますね。

りんごの品種は時期によりフジかつがるを使用。これは酸味、香り、甘み、硬さが全て理想通りだからなのだといいます。どちらも食べ比べてみて、りんごの種類による微妙な味わいの変化を楽しんでみてくださいね。

パイに使用するバターは水分の少ないものを選んでいるそう。パイ生地づくりは繊細な作業なので、全て手作業。こうしてこだわり抜いてできたアップルパイは重厚感たっぷり。サクサクのパイ生地の中にはたっぷりりんごが入っており、りんごそのもののおいしさを堪能できます。

アップルパイは日曜日・祝日には焼いていないので、月曜日と祝日明けにはお店に並びませんのでご注意を。このほかにも不定期に焼かない日があるそうですので、確実にアップルパイを購入したい方は、事前にお店に確認しておくと安心ですね。

苺サンドショートケーキ

こちらも近江屋洋菓子店の看板メニューの一つ。まずは素朴でかわいらしい見た目に心奪われます。まるいスポンジ生地にクリームとイチゴが挟まれており、まるで小さなデコレーションケーキのよう。

軽いスポンジ生地にイチゴをなんと10個分も使用。柔らかなクリームはイチゴの味わいを引き立てておりイチゴそのもののおいしさを堪能できますよ。お祝いに、ご褒美になど特別な日に味わいたくなるケーキです。

季節のタルト

近江屋洋菓子店の季節のタルトは、その時期の旬の果物を使用したタルトです。クリームを少なめにし、果物本来のおいしさを前面に出しており、フレッシュな味わい。見た目もカラフルで華やかな一品です。あっさりとした後味でいくつでも食べられそう。フルーツ好きな方には特におすすめです。

フルーツポンチ

近江屋洋菓子店のフルーツポンチは、ギフトとしても人気の高い商品です。丸い透明な容器の中には色とりどりのフルーツとシロップがぎっしり。その種類は時期によって異なりますが、10種類ほどのフルーツが詰められています。そのため見た目もカラフル。レトロなデザインのパッケージも魅力的です。

包装紙は昔から変わらず当時の美大生が描いたというイラスト。優しいパステル調の色合いがステキです。このイラストは、ケーキの箱にもプリントされています。フルーツポンチの容器は歴史を感じさせる近江屋のロゴ入り。レトロ感がかえっておしゃれに感じられます。

フルーツポンチのシロップは甘さ控えめなので、フルーツの味を邪魔しません。ひと瓶に4〜5人分入っておりたっぷり楽しめます。パーティの手土産にも喜ばれそうですね。こちらは人気商品のため手に入れるのが難しいそうです。

チーズケーキ

近江屋洋菓子店には、チーズケーキが3種類あります。それぞれ違った美味しさがありますので、ぜひ食べ比べてみてくださいね。

■ベイクドチーズケーキ
クリームチーズとグリエールチーズをタルト生地に入れて焼き上げたチーズケーキ。濃厚なチーズの風味とタルト生地にサクサク食感は相性抜群!

■チーズケーキ
スポンジ生地の間にレアチーズクリームを挟んだ一品。スポンジは軽い食感でクリームはミルク感の強い風味。チーズ感の少ないチーズケーキがお好みの方にはこれがおすすめです。

■レアチーズケーキ
クリーミーな味わいが特徴の、定番レアチーズケーキです。濃厚ながらさっぱりとした後味。

ドライケーキ

ドライケーキ とは、ケーキのように可愛くトッピングされた焼き菓子のこと。高級感のある赤い箱の中には、バニラクッキー、チェリー、チョコクッキー、ジャンドゥーヤ、オレンジクッキーと5種類のドライケーキ が並びます。ミニサイズなので、あっという間に食べつくしてしまいそう。ギフトにはもちろん、自分へのご褒美にもおすすめです。

レーズンヴィスクイ

フレッシュバターとレーズンの相性は抜群!サクサクのクッキーもあいまって素晴らしいハーモニーを生み出しています。レーズンヴィスクイは公式noteで美味しい食べ方が紹介されており、それによるとシャサーニュモンラッシュという白ワインや、キャプテンモルガンよいうラム酒と一緒にいただくとマリアージュが楽しめるそう。ぜひ試してみてくださいね。

もも

近江屋洋菓子店の「もも」とは、その名の通りももを丸ごと1個使ったスイーツです。熟したももの中にはカスタードクリームがぎっしり。こちらは期間限定発売です。

かき氷

夏季限定のかき氷は、自家製シロップをかけた本格派。こちらはドリンクバーコーナーで楽しめます。食べ放題なので、すべてのシロップを試すことができますよ。なかでもいちごのシロップは、いちごがごろっと丸ごと入ったコンポートのようなもの。ぜいたくですね。

近江屋神田洋菓子店の通販は?

近江屋神田洋菓子店のお菓子を食べてみたい!という方は、オンラインストアもチェックしてみてください。一部の商品ですが、購入することが可能です。人気のアップルパイも通販で購入できますよ。

なおオンラインショップは、2021年8月1日より人出不足のため一時休止しているそうです。再開の際には、お店のホームページなどでお知らせがあると思われますので、ご利用したい方はこまめにチェックしてみてくださいね。

オンラインショップで通販する
www.ohmiyayougashiten.co.jp/webshop.html#apple

普段使いの上質な洋菓子と出会いたい方は神田の近江屋洋菓子店へ

近江屋洋菓子店は、素材に対するこだわりを持ちながら、上質な洋菓子をリーズナブルに提供してくれるところが魅力です。気取らず気軽にいただける、でもちょっと贅沢な近江屋洋菓子店のお菓子たちは、毎日をちょっとハッピーにしてくれるでしょう。どこか懐かしい雰囲気も、ほっこり優しい気持ちにさせてくれそうですね。上質な普段使いの洋菓子を購入したいときは、ぜひ近江屋洋菓子店に足を運んでみてくださいね。

近江屋洋菓子店の店舗情報

近江屋洋菓子店は、丸の内線淡路町駅、都営新宿線小川町駅から徒歩3分という恵まれた立地にあります。仕事帰りにちょっと立ち寄ったり、手土産を探したりなどに便利ですね。

店舗情報
店名:近江屋洋菓子店
住所:東京都千代田区神田淡路町2-4
営業時間:
月~土 9:00〜19:00
日・祝 10:00〜17:30
定休日:無休

※営業時間等が変更になっている場合があるので、公式HP等をご確認ください。