美味しい時間はたったの5分?!スフレの神様 ル・スフレ

photo by ル・スフレhttp://lesouffle.moo.jp/index.html

スイーツは時間をかけてゆっくり味わうものが多いですが、今回ご紹介するのは美味しい時間は5分だけという時間との勝負のスフレです。
美味しい時間もくちどけも儚いスフレは、一度はお店で食べてみたい憧れのスイーツ。
今回はスフレの神様のお店 ル・スフレを紹介します。

ル・スフレとは?

特徴

ル・スフレのオーナーはスフレの神様といわれた永井春夫シェフです。
永井シェフはフランス、スイスで修行を積み、帰国後に高級フランスレストランのパティシエとして働くうちに今のスフレの原型を思いついたとか。
スフレは高度な技術、スピードを求められ、当時はオーダーが入ってから出来上がるまでに1時間かかることもあったそうです。
永井シェフは独自の配合や作り方で今のオーダーから提供まで15分のスフレを確立し、ル・スフレをオープンしました。

店内

ピンクのスイーツの森「自由が丘スイーツフォレスト」の2階を奥に進んでいくと、にある黄色の壁と「スフレの専門店」の看板が目印のル・スフレ。
店内はレトロな喫茶店を彷彿とさせるウッディなテーブルと椅子が並び、落ち着いた雰囲気です。

ル・スフレの人気メニュー

スフレ

■ル・スフレのテーブルで気になるのは「注文したら席を離れないでください」の注意書き。
ル・スフレのスフレは注文から約15分で焼き上がり、その直後からふくらみがしぼみ始めます。
美味しく食べられる時間は5分ととても儚く繊細なスイーツなのです。

・ル・スフレのスフレを美味しく食べるには焼き上げている間に食べ方の説明書きをしっかり目を通してください。
目の前にスフレが到着したら、おもむろに中央に穴をあけます。
続いてこの穴に添えられたソースをたっぷり注ぎます。
ソースとふわふわのスフレを混ぜながら口に含めば、一瞬で溶ける儚いスフレに感動すること間違いなしです。

ル・スフレの人気メニュー

■フランボワーズのスフレ¥1100
フランボワーズの甘酸っぱいソースとフワフワスフレのル・スフレの定番メニュー

■リンゴとカルヴァドス酒のスフレ¥1100
スフレ生地にリンゴペーストとカルヴァドス酒を練りこんで焼き上げています。
ソースにもカルヴァドス酒を使っているので、大人のスフレとして人気です。

■クリームチーズのスフレ チェリーソース添え¥1760
ル・スフレのシェフのこだわりを凝縮したスペシャリテ。
濃厚な北海道産のクリームチーズとフランス産のチェリーの甘酸っぱさがベストマッチ。
ル・スフレの通常のスフレの1.5倍サイズと、大満足のスフレです。

チョコレート

■創業者の永井シェフはスイスでチョコレートの修行をしただけあって、ル・スフレではチョコレートを使ったお菓子もイチオシです。
お店でいただけるチョコレートスフレや、お持ち帰り用のトリュフやオレンジピールやナッツを使ったチョコレートはどれを選んでも繊細な味わいが楽しめます。

■種類・値段
・ショコラ詰め合わせ(トリュフ)¥1528~
・エコロス ドランジュ シトロン¥1341~
・ロッシェ詰め合わせ¥3704
値段

ショコラ

■ル・スフレのギフトで喜ばれるのが木箱に美味しいショコラを詰めたボックスです。
ドライフルーツやナッツなどをふんだんに使い、形も味もバラエティ豊富なル・スフレのショコラ詰め合わせになっています。

■ショコラ詰め合わせ250g~450gで¥3704~5741です。

ル・スフレは持ち帰りできる?

ル・スフレのスフレは焼き上がりから5分でしぼんでしまう儚いお菓子ですから、お持ち帰りはできません。
この美味しさはル・スフレのお店でしか味わえません。
予約は受け付けていませんので、是非食べてみたいという方は時間に余裕をもって自由が丘に出かけてみてください。

店舗情報
店名: ル・スフレ
住所: 東京都目黒区緑が丘2-25-7 ラ・クール自由が丘 自由が丘スイーツフォレスト 2F
営業時間: 10:00~20:00
定休日:自由が丘スイーツフォレストに準じる