"/>
ケーキ

絶品いちごのフレジエの作り方!簡単に作れるレシピをご紹介!

調理時間
1時間40分
費用目安
1,100円

「フレジエ」とは、いわゆるフランス版のいちごショートケーキ。周囲にカットしたいちごをキレイに並べた華やかなケーキです。

フレジエには、カスタードクリームにたっぷりのバターを混ぜ合わせた濃厚なクリーム(ムースリーヌクリーム)を使うのが一般的。

今回はバターの代わりに、泡立てた生クリームを合わせたクリーム(ディプロマットクリーム)を使用し、軽いフレジエに仕上げました。甘酸っぱいいちごとクリーミーなディプロマットクリームが良く合う絶品のケーキです。 

難易度の高そうなフレジエですが、今回はレンジで作るカスタードクリームと天板で手軽に焼けるスポンジ生地を使うので簡単に作れます!いちごが美味しい季節にぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

 

材料【生地】(約30×30cm天板使用)

材料
分量
4個
薄力粉
80g
砂糖
85g
サラダ油
25g
25ml

材料【カスタードクリーム】

材料
分量
卵黄
2個
砂糖
30g
牛乳
180ml
薄力粉
17g

材料【ディプロマットクリーム】

材料
分量
カスタードクリーム
約200g
粉ゼラチン(ふやかし不要タイプ)
2.5g
お湯(ゼラチン用)
25ml
生クリーム(乳脂肪分35%以上)
150ml
砂糖
15g
キルシュ
小さじ1(お好み)

材料【シロップ】

材料
分量
砂糖
10g
20ml
キルシュ(お好み)
小さじ1/3程度

材料【ジュレ】

材料
分量
ストロベリーソース(砂糖入りの市販品)
50g
粉ゼラチン(ふやかし不要タイプ)
1g
水(ゼラチン用)
15ml

作り方【準備】

1

卵は室温に戻します。

2

卵は室温に戻します。

3

薄力粉をふるいます。

4

天板にクッキングシートを敷きます。

5

オーブンは170℃に予熱します。

6

容器にサラダ油と水を合わせておきます。

7

いちごは洗って水気を拭き取ります。側面に貼りつける用は半分にカットします。

8

型にケーキ用フィルムまたはクッキングシートを敷きます。

作り方【生地】

1




ボウルに卵と砂糖を入れ、湯せんにかけてハンドミキサーで白くもったりとするまで泡立てます。※人肌になったら湯せんから外す。目安:高速で10~13分。

2




1へ薄力粉をふるいながら加え、ゴムべらでボウルの底からすくって返し、練らないようさっくりと混ぜ合わせます。

3




サラダ油と水の入った容器に2をひとすくい入れて良く混ぜ合わせます。

4




2に3を加えてゴムべらで切るように混ぜ合わせたら、天板に流し入れ、少し高い位置から2回程落として空気抜きをします。

5




170℃のオーブンで13~15分焼きます。竹串を刺して生地がつかなければ完成です。
※焼き過ぎるとしっとり感が損なわれるので注意してください。
※焼き上がったら天板ごと少し高い位置から落として焼き縮みを防ぎ、ケーキクーラーの上で粗熱をとります。

作り方【カスタードクリーム】

1




レンジ対応容器に薄力粉と砂糖を入れて菜箸で混ぜ合わせます。※全体が均一に混ざり合うまでしっかりと。合わせてふるってもOK!

2




1に大さじ1~2杯程度の牛乳と卵黄を入れてから良く混ぜ合わせます。

3




残りの牛乳を数回に分けて加えて丁寧に混ぜ合わせ、こします。

4




ラップをして500Wのレンジで約1分半加熱→取り出して良く混ぜ合わせます。

5




再びラップをして約1分加熱。この時点でとろみが少しついていたら完成。ゆるい場合は、10~20秒追加加熱。※冷めると更にとろみは増すので加熱し過ぎに注意!

6




粗熱がとれたらラップに包んでバットにのせ、冷蔵庫で1時間程冷やします。※この後の作業に影響するので、カスタードクリームは冷やし過ぎないでください。

作り方【ディプロマットクリーム】

1




ボウルに生クリームと砂糖を入れ、ツノが立つまでしっかりと泡立てます。

2




別のボウルにカスタードクリームを入れ、泡立て器でなめらかになるまで混ぜます。

3




1の生クリームを2へ3回に分けて加え、全体が均一になるまで泡立て器で混ぜ合わせます。お好みでキルシュを加えます。

4

沸かしたお湯(25ml)を耐熱ボウルに入れ、粉ゼラチンを全体に振り入れます。良くかき混ぜて完全に溶かします。

5




4の熱いゼラチン液に3のクリームを大さじ1杯半くらい入れ、手早く混ぜ合わせます。

6




3に5を加えて全体が均一になるまで、手早く混ぜ合わせます。

作り方【組み立て】

1




焼いた生地を丸型に包丁で2枚カットします。※型の直径より少し大きめにカット。

2




型に1枚の生地を敷きシロップを打ったら、カットしたいちごを画像のように型に貼りつけて並べます。

3




丸ごといちごも敷き詰めます。

4




ディプロマットクリームを絞り袋に入れ、3に隙間なく絞って表面を平らにします。※いちごが隠れるまで絞り、クリームは少し残しておきます。

5




もう1枚の生地を4にのせてシロップを打ち、ディプロマットクリームを絞って表面を平らにします。→冷蔵庫で冷やし固めます。

6




ジュレ作り→沸かしたお湯を耐熱ボウルに入れ、粉ゼラチンを全体に振り入れます。かき混ぜて完全に溶かしたら、ストロベリーソースを混ぜ合わせます。
※ストロベリーソースは、最初大さじ1程度加えて良く混ぜてから残りを入れます。

7




冷やし固めた5の上にジュレを流し入れ、再度冷やし固めて完成です。お好みでデコレーションをしてください。
※手作りのカスタードクリームを使用しているのでお早めに召し上がってください。

ポイント

○卵は「の」の字が、かけるまでしっかりと泡立てます。最後は低速で約1分撹拌してキメを整えてください。

○オーブンは機種により熱当たりのクセがあります。焼き時間はあくまでも目安なので、生地の状態をみながら温度や時間調整をしてください。

○電子レンジの加熱時間はあくまでも目安です。カスタードクリームの状態を確認しながら調整してください。

○ディプロマットクリーム作り(工程5)で、ゼラチンのダマができないよう、熱いゼラチン液とクリームを手早く混ぜ合わせることがポイントです。

○いちごは高さを揃えると仕上がりがキレイです。

○天板のサイズが小さく、丸いスポンジが2枚とれない場合は、余ったスポンジをカットし、組み合わせて型に敷き詰めてください。