カヌレの美味しい温め方は?正しい食べ方とアレンジも紹介!

今回は、カヌレの美味しい温め方やアレンジについてご紹介します。
ぜひ自分の好みの食べ方を見つけてくださいね。

温め方の紹介は3つの方法がありますので、ご家庭の設備に合わせて確認して見てください!
また、アレンジしたカヌレの食べ方や、おすすめのカヌレ3選も紹介しています。

カリカリになる?!カヌレのおすすめの温め方は?

カヌレを美味しく食べるための温め方をご紹介します。

・オーブントースターでの温め方
・グリルでの温め方

上記の2つの温め方を紹介しています!補足的に電子レンジでの温め方も書いていますので、参考にして見てください。

カヌレのオーブントースターでの温め方

冷凍の場合、外側をカリカリに、中をしっとりにする温め方は次のとおりです。

①冷蔵庫もしくは常温で自然解凍。もしくは500Wの電子レンジで30〜40秒加熱する。
②オーブントースターで3〜5分加熱。(温度は220〜230℃くらいがおすすめ)
③加熱後、常温もしくは冷蔵庫に入れて20分ほど冷めるまで待つ。

常温または冷蔵庫で保管されているカヌレを温める場合は、②、③のみでOKです。
ご家庭の電子レンジ、オーブントースターによって加熱時間を調節してくださいね。

カヌレのグリルでの温め方

魚焼きグリルで温める場合は、焦げやすいので注意が必要です。
500Wの電子レンジで30〜40秒ほど温めたあと、魚焼きグリルで焼くと外側がカリカリになるのでおすすめです。

カヌレをアレンジした食べ方

ご家庭で簡単にできるアレンジをご紹介します。

・カヌレを冷やして食べる方法
・アイスクリームをトッピング
・シュガーパウダーをトッピング
・ナッツをトッピング

色々なアレンジ方法がありますので、気になるものがありましたら参考にして見てください。

カヌレを冷やして食べる方法

カヌレの温め方をこれまでご紹介してきましたが、暑い夏などひんやりしたカヌレを食べたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

カヌレは、冷蔵庫で冷やしても美味しく食べられます。
冷やす時間は30分ほどです。
中の生地がギュッと詰まって、歯ごたえを楽しみたい方にもおすすめです。

生クリーム、またはアイスクリームと一緒に

ひとつめは、生クリームをトッピングする方法です。
コーヒーや紅茶のお供に、生クリームのまろやかな甘味とカヌレの香ばしい香りが口の中に広がります。

アイスクリームを一緒に食べるのもおすすめ!
カヌレは苦みもあるので、ちょうどいい甘さになります。

シュガーパウダーをトッピング

シュガーパウダーをふりかけることでほんのり優しい甘さをプラス!
抹茶パウダーやココアパウダーもいいですね。

ナッツをトッピング

ナッツとの相性も抜群です。
アーモンドやカシューナッツ、くるみなど、お好みのナッツを振りかけて召し上がってはいかがでしょうか。

温めて美味しいおすすめカヌレ3選!

ここからは、おすすめのカヌレ3選とそれぞれの温め方についてご紹介します。
今回紹介するのは、成城石井のカヌレ、コストコのカヌレ、そして立町カヌレです。

成城石井のカヌレとオススメの温め方法!

成城石井のカヌレは、フランスのボルドーから直輸入されています。
もちもちとした食感やラム酒の香り高い味わいが人気の一品です。

おすすめは、オーブンもしくはオーブントースターで温める方法。
どちらも3分程度、向きを変えながら温めましょう。

冷蔵庫で1時間ほど冷やすのもおすすめです。
しっとり、もちもちとした食感なので、冷やすとより食べ応えのある食感になりますよ。

コストコのカヌレは220度のオーブンで温めるのが絶品!

リーズナブルでおいしい!と評判のコストコのカヌレ。
フランス産で、ラム酒の芳醇な香りとしっとりした食感が特徴です。

やはりパッケージに書いてある温め方がおすすめです。

・オーブンを220℃に予熱する
・220℃のオーブンで5〜10分間焼く
・粗熱が取れてから食べる

表面がカリッとするまでしっかりめに焼き、冷めるまで待つのがポイント。
カリカリのカヌレが味わえます。

立町カヌレの温め方は?

立町カヌレは、カリッとした食感でおいしい!と口コミサイトでも評価が高い広島で人気のカヌレ専門店です。
実店舗は広島、岡山、東京、大阪のみですが、公式サイトより冷凍便でお取り寄せできます。
箱に詰められた色とりどりなカヌレは、まるで宝石箱のよう。
期間限定、一日数量限定となっているので、気になっている方はお早めにお買い求めくださいね。

立町カヌレの温め方は、以下のとおりにするのがおすすめです。

①30分ほど冷蔵庫で解凍する
②オーブントースターで3〜5分温める

手で食べる?正しいカヌレの食べ方は??

結論からいうと、カヌレは手で食べてOKです。
発祥地のフランスでも、手で食べるのが一般的とされています。

ただし、大きくて食べにくい場合はナイフとフォークで縦に切り分けるとよいでしょう。
デコレーションされている場合も、手が汚れなくてすみます。

まとめ

カヌレの温め方や食べ方についてご紹介しました。
是非お気に入りのトッピングや、温め方を見つけて、ティータイムを楽しんでくださいね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

新着レシピ

  1. 【葛粉を使ったプロレシピ】片栗粉なしの葛餅とアレンジパフェのレシピ・作り方

  2. 【コクがありながらも後味さっぱり!】アロエヨーグルトアイスのレシピ・作り方

  3. 【よもぎ粉で作る】簡単よもぎ餅のレシピ・作り方

  4. 【もちもちカリカリ食感が人気】本場のチョコがけプレッツェルのレシピ・作り方