ゴーフルだけじゃなかった!! 和洋菓子、カフェもある「風月堂」

「風月堂」はゴーフルが看板商品で知名度が高いお店ですよね。パリっとした皮と中の滑らかで上品な甘さのクリームのハーモニーは何度食べても飽きません。そして、ゴーフルは風月堂をはじめたくさんのお店から商品として発売されていますが、「風月堂」は昭和初期から伝統を守って作られているだけあって、味が安定していて他との味の違いも感じてしまったりも・・。そんな風月堂はゴーフルだけでなく色々あるんです。ここでは、風月堂のゴーフルの種類やその他のメニューも注目します。

春の訪れは毎年「風月堂」の桜ゴーフルを頂きたい

そんな「風月堂」のゴーフルは、種類が多彩で季節ごとに限定商品も販売しています。だから毎年風月堂の商品チェックを欠かせなかったりします。今はSNSがあるのでいち早くチェックして買い逃しを防止出来るから助かりますね。

ちなみに食べ物なので賞味期限気になりますよね?「風月堂」のゴーフルの賞味期限は製造日より半年なので、ゆっくり楽しめるのも魅力です。そして気になるカロリーはというと、はさまっているクリームにより変わりますが、ゴーフル1枚(直径15㎝)で約160㎉。ゴーフレット1枚(直径8㎝)で約45㎉。たくさん食べたい気分のときはゴーフレットは小さい分枚数食べられそうではありますが、何枚も食べていると普通の食事なみになってしまうので、気になる方は調整して食べないといけませんね。

カロリー高くてもやっぱり食べたくなる風月堂・・・。ゴーフルのおすすめを紹介します。まずは定番のものを。神戸風月堂のゴーフル12枚入り(バニラ・ストロベリー・チョコレート)は人気の3種類のクリームが入って1620円(税込み)で購入しやすいのが魅力です。風月堂では入れ物のゴーフル缶もオシャレで再利用したくなります。

キャラクターのゴーフル缶では新大阪~博多間の新幹線デザインもかわいくてテンションがあがります。キティちゃんコレクターも集めたくなるアイテムですよね。

もう1つ風月堂のキティちゃんアイテムを紹介します。こちらはホワイトデー限定で発売されたもので、キティちゃん45周年×神戸風月堂のコラボ商品でオリジナルデザインなのでプレミア感がある商品でした。来年も発売されて欲しいです。

上野風月堂のゴーフルアソートも2019年の干支のイノシシをモチーフとしたお年賀パッケージも特別感があって良かったです。お正月の帰省のときに上野風月堂のゴーフルアソートを手土産に持っていったらポイント高いかもしれないですね。

もうすぐで夏ですが、春の桜ゴーフルがとってもかわいかったです。春の訪れを感じられる桜が描かれたパッケージが目を惹き、封を開けると桜の香り、桜風味のクリームがテンションを上げてくれます。毎年食べたくなる春を感じさせてくれる味の「風月堂」の桜ゴーフル。お値段は3枚×4袋で540円(税込み)でリーズナブル。また来年の春に風月堂の桜ゴーフルが出るのが待ち遠しいです。

「風月堂」のバレンタインチョコとは?

「風月堂」といえば丸いゴーフルを購入する方が多いと思いますが、風月堂ではバレンタインに贈れるひと味変わった商品も魅力的なので紹介させて頂きます。

1つ目は、東京「風月堂」のサピニエール。風月堂は古くにのれん分けされたお店が全国に数店あり、この商品は、東京「風月堂」のオリジナルで冬季限定みたいです。包み紙はきらびやかで高級感があり、三角形の形が存在感があり。中身は、風月堂の自慢のゴーフルを数枚重ねてチョコレートでコーティング後、ケーキのようにカッティング。触ってみると、体温でとろけるほど滑らかなチョコレートに軽やかで風味豊かなゴーフレット、濃厚なクリームが何層にも重なり、口に入った時のハーモニーがたまらないです。丸いゴーフレットもいいけれど、サピエールは大人受けもいい濃厚な美味しさでまた新しい発見があります。

2つ目は、神戸「風月堂」のゴーフルクランチ。ゴーフルを砕いてチョコレートで固めたシンプルな作りのものではありますが、ゴーフルを使っているだけあって香ばしい風味の良さとチョコレートとの相性の良さが際立つ1品です。サイズも1口サイズで食べやすいのもいいですね。これは気軽にバレンタインに渡せそうな感じ。バレンタインに毎年頭を悩ませる人は多いと思いますが、今年は「風月堂」でバレンタインチョコを購入してみてはいかがでしょうか?自分用にも風月堂のバレンタインチョコは良いかも!

2020年風月堂のバレンタイン最新情報

2020年もバレンタインシーズンが間近に迫りました。先ほど風月堂ではバレンタインにお勧めな商品があるとご紹介しましたが、ここでは2020年バレンタイン用の風月堂の商品をご紹介します。2020年のバレンタインは風月堂でいかがでしょうか?

神戸風月堂

上でご紹介したゴーフルクランチはもちろんおすすめ。

ゴーフルショコラ

ゴーフルがココア生地という見た目もバレンタインにぴったり。この時期だけの商品なのでおすすめ。

ショコラドボヌール

風月堂でもショコラトリーのようなショコラ商品があります。フランスの伝統菓子をテーマにしたショコラで、3個入りや7個入りなどがあります。

コウベピアー

ゴーフルの生地を細かく砕いてチョコレートで固めています。食感も美味。

アソートボックス

コウベピアーやゴーフルショコラ、ショコラクランチなど人気商品のアソート。

上野風月堂

上野風月堂からは10以上の商品が出るらしいのですが、一部ご紹介します。「想いを伝える」が」2020年上野風月堂のバレンタイン限定商品のテーマ。

プティ ゴーフル ショコラライン

2020年バレンタインに初登場の商品です。ショコラ味に焼き上げたウエハースにチョコレートクリーム、ヘーゼルナッツクリーム、ラズベリークリームをサンド。

ゴーフルハートクランチ

ゴーフルのウエハースを細かく砕いて作ったクランチチョコレート。ミルク、ホワイト、ストロベリー味があります。

スウィーツアソート

ショコララインやショコラゴーフルだけでなく、今回ここで紹介しきれなかったショコラシャランやチョコクリームサンド、チョコがけクッキーなどが詰まったアソートです。

「風月堂」のクッキーの詰め合わせは華やかで映えるギフト

パッケージがオシャレでバレンタインにも活用できることが分かった「風月堂」ですが、クッキーの種類も多数販売されています。焼き菓子のゴーフルが美味しい「風月堂」ですのでクッキーのクオリティも間違いないであろうことは言わずもがなであります。

風月堂のクッキーを選ぶ時にシンプルな見た目のアーモンドクッキーやジャムがのったクッキーに惹かれたり、香ばしいアーモンドのサックサククッキーに挟まれた濃厚なキャラメルソースがチョコレートで包まれたキャラメルティサンドクッキーも見るだけでヨダレが出てくる感じであれもこれも欲しくなる感じなんです。

そんな欲張りな貴方は「風月堂」のクッキーの詰め合わせでお得に色んな種類を試してみるのもおすすめです。また、ギフトにも華やかで上品なので使いやすいですよね。近くに風月堂の店舗がない方は、オンラインショッピングも取り扱いをしているので、ボタン1つで注文出来るのも便利ですよね。

知らなかった!?「風月堂」のマロングラッセがいける

バラエティ豊かな品揃えの「風月堂」ですが、その中でもマロングラッセは意外と知られていない隠れたファンが多いスイーツなんです。

神戸「風月堂」のマロングラッセは、選りすぐりの国内産の大きな栗を使用していて、手作業で手剥きしているので、マロンのフォルムが非常にキレイで見とれてしまいます。バニラの香り高い蜜が芳醇で、栗そのもののうまみが濃く、贅沢な気分になれます。

東京「風月堂」のマロングラッセは大粒のイタリア栗を使用し、洋酒で丁寧にじっくりつけ込んだ栗はしっとり、表面のほんのりと感じる砂糖の食感に感動しました。

上野「風月堂」のマロングラッセは粒よりの栗を使用し、渋皮を丁寧に取り除き、何度もシロップにくぐらせてあるので、噛めば噛むほど甘みがしみだす、丁寧な仕事が光るマロングラッセでした。

丁寧な仕事で仕上がった各風月堂のマロングラッセですが、価格もちょっとリッチ感があるので、日常ではあまり食べる人は少ないかもしれないですね。そんな人に気軽に購入できるものを紹介します。「風月堂」のマロングラッセがなんとローソンで購入できるらしいのです。定番商品ではないので、頻繁に購入できる訳ではないですが、大体10月くらいにお店に出回る様子。マロングラッセの製造中に壊れたやつを入れた感じですが、味は栗を堪能できる食感と甘さ。160gで500円で手軽にマロングラッセを楽しめるので栗好きにはたまらない1品です。

レトロ感がかわいいお店「風月堂」銀座カフェに行きたい

洗練された大人の場所、銀座。その銀座に東京「風月堂」のカフェがあります。「風月堂」の代名詞のゴーフルをはじめとし、ケーキと焼き菓子が並び売店フロア、2階にはカフェスペースがあり、ガラス張りの窓からは銀座の街並みを一望できるのも魅力的なお店なんです。

「風月堂」銀座カフェのメニューは、お茶や軽食、日替わりランチは飲み物とデザート付きで1200円があるなど、色んなシーンで活用出来るのも便利です。銀座でお茶するだけでもワンランクアップしたようでテンションも上がりますよね。どのメニューも惹かれますが、今回はフランボワーズのシャーベットを。彩り豊かに並べられたフルーツとシャーベットがキラキラしていて、上にのったゴーフルも華を添えています。見るだけで満足感が強いデザートプレートは最高の癒やしです。

上野風月堂のオリジナルメニューが凄い

上野風月堂はゴーフルだけでなく東京カステラも有名です。最近では東京カステラキューブという可愛いサイズのカステラも販売されています。抹茶味なんかも!他にも、2017年にリニューアルされた上野風月堂本店はオープンキッチンで作られる焼きたて東京カステラやゴーフルが更に進化した「ゴーフレーシュ」を頂けます。イートイン限定の東京カステラにはプレーン、カラメリゼの2つから選べます。カラメリゼは最後に表面にグラニュー糖をのせてバーナーで炙ります。追加料金になりますが、トッピングでホイップや蜂蜜などいくつかの種類が用意されています。

ゴーフレーシュはゴーフルとフランス語で“フレッシュな”を意味する「フレーシュ」を混ぜた造語。「ゴーフル」の技法を用いて、2枚の鉄板で丸めた生地を挟みます。20秒ほど焼いて生地を取り出したら、モチモチとした食感に仕上げるために両面に霧吹きで水を振りかけます。冷蔵庫で20~30分ほど冷やした後、クリームを挟みます。クリームの味はシュガーバターやキャラメルが定番ですが、季節限定も登場したりします。

上野風月堂のゴーフレーシュは手土産としてもおすすめの逸品です。

上野風月堂本店2階にはレストランも!「KANAME」

お菓子のイメージしかない上野風月堂ですが、上野風月堂本店2階にはなんとレストランが!2017年11月にオープンし、2018年12月にはグランドメニューを一新。洋食レストランで、とても人気です。とても素敵な雰囲気なので、デートなどにもおすすめです。

「風月堂」の神戸と東京の違いが気になる

「風月堂」は神戸と東京にあることが分かりましたが、同じ商品を販売していると思いきや、そういう訳でもなく、それぞれの地域で違った味わいの商品を多数販売しております。

それはなぜかと言いますと、風月堂の総本店と言われる両国のお店から100年以上前にのれん分けを神戸、東京としており、それぞれが別会社として伝統を守りながら歩んできたからでした。

先ほど「風月堂」銀座のカフェを紹介させて頂きましたが、「風月堂」神戸のカフェもゆったりできて素敵な雰囲気なんです。神戸に5店舗あるカフェの中から元町本店のサロン・ド・テにお邪魔すると、花柄の鮮やかなイラストが目に飛び込んできます。こちらのメニューもランチとお茶が出来るので便利で神戸と一緒で色んなシーンで活用出来そうなお店なんです。メニューは東京と神戸で甘味も軽食も同じようなメニューがありながら違ったものも出しているので、比較して楽しんでみたいです。また、神戸はカフェなのにお酒も多数取りそろえている印象があるので贅沢なひとときに使えそうなのも〇。そして最後の〆はやっぱりスイーツで。ゴーフルから始まった「風月堂」の進化がこれからも見逃せません。

店舗情報
店名:神戸風月堂 元町本店

住所:兵庫県神戸市中央区元町通3丁目3-10

営業時間:10:00 〜 19:00

定休日:無休(1月1日のみ休み)

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

不動産業のOLを経て、現在はパート主婦をしながら記事執筆をしています。甘いものに目がなく、カフェとお菓子屋さん巡りが生き甲斐。花より団子を地で行くタイプです。

関連記事一覧