本わらび餅と普通のわらび餅の違いは?東京の本わらび餅の名店2選

photo by フーディーhttps://mi-journey.jp/

わらび餅と聞くと、どのようなものを思い浮かべますか?透明のものでしょうか?茶色っぽいものでしょうか?

実はわらび餅は、原料によって本わらび餅と普通のわらび餅の2種類あるのです。

今回は2種類の違いと、東京のおすすめ本わらび餅店を2選ご紹介します。

本わらび粉を使った絶品本わらび餅

わらび餅の原料が「わらび粉」だということは、多くの方が知っているのではないでしょうか。しかしわらび粉には、本物のわらびの粉だけを使った「本わらび粉」と、でんぷんなどがメインの「わらび粉」があるのです。

実は本わらび粉は大変貴重なもの。これはわらびをとる職人さんが減ってきているから。本わらび粉はわらびの根からできているのですが、この根を掘り起こす作業が大変な重労働で、専門の職人さんが行っています。しかし高齢化が進み、職人さんの数は減る一方なのだそうです。しかもわらびから本わらび粉を作るのにも、手間と時間がかかるそう。

そのため今では、本わらび粉のみで作られた本わらび餅は、専門店でもなかなかお目にかかることができないそう。しかし本わらび粉100%の本わらび餅のおいしさは絶品です。そのおいしさは、以前「嵐にしやがれ」でも取り上げられ話題になりました。

本わらび餅は本わらび粉が手に入れば手作りもできますが、本わらび粉はとっても高級。失敗するのもこわいですよね。そこで、本わらび餅が味わえる東京のお店をご紹介しましょう。

東京の有名なわらび餅のお店

東京で有名なお店をご紹介します。

廚菓子くろぎ

日本料理の名店として知られる「くろぎ」が手掛ける和カフェです。テラス席も設けられており、四季の移ろいを楽しみながら甘味を楽しむこともできます。

本わらび餅には、きなこと抹茶が添えられており、お好みの味を選んでいただけます。つるんとしたのど越しがたまりません。

廚菓子くろぎに関する特集はこちら

住所: 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 本郷キャンパス 春日門 Daiwaユビキタス学術研究館 1F

茶洒 金田中

オシャレなビルの2階にある和カフェです。表参道のなかにありつつ、落ち着いた雰囲気。ゆったりとくつろぐことができます。

常温タイプの本わらび餅なので、やわらかな食感を楽しめます。冷たいものよりも本わらび独特の風味を感じられます。黒蜜ときなこでいただきます。冷たいお茶は無料でいただけます。

・住所 東京都港区北青山3-6-1 オーク表参道 2F

通販でも購入できる本わらび餅

本わらび餅は、通販で購入できるものもあります。その中からいくつかおすすめの本わらび餅をご紹介します。

笹谷昌園 「極み」

「嵐にしやがれ」でも取り上げられ、話題となった本わらび餅です。本わらび餅粉ならではのトロっととろける口あたりを楽しめます。最高級のきなこと抹茶きなこもセットになっています。

笹谷昌園 のHP内オンラインショップからは楽天市場に飛ぶようになっています。

ご利用はこちら↓

笹谷昌園HP

老松 「本わらび餅」

京都の老舗和菓子店の本わらび餅です。黒蜜ときなこがそえられています。

老松のお菓子、通販情報はこちら

京みずは 「特大本わらび餅」

本わらび粉と和三盆をまぜあわせ、やさしい甘さに仕上げた本わらび餅です。ぷるんとした食感と、きなこの香ばしさを楽しめます。

お取り寄せはこちらから↓

京みずはのHP

まとめ

本わらび餅と普通のわらび餅の違い、わかりましたか?

ぜひ今回ご紹介したお店に足を運んでてみてくださいね。遠方の方は通販で取り寄せることのできる本わらび餅をお楽しみください。

関連記事一覧