• HOME
  • コラム
  • ケーキ
  • キュートな見た目と味のハーモニーが最高!モンサンクレールのケーキが女子たちを虜に

キュートな見た目と味のハーモニーが最高!モンサンクレールのケーキが女子たちを虜に

自由が丘で有名な洋菓子店 “モンサンクレール”。日本を代表するパティシエ 辻口博啓氏が運営する洋菓子店では芸術的なケーキが陳列されています。今回は、モンサンクレールのケーキを特集します。

モンサンクレールとは?

スイーツ好きだけにとどまらず、多くの人に知られているモンサンクレール。

自由が丘にある凄腕シェフのケーキ屋といえばモンサンクレールというくらいの有名店。ガラス越しにお菓子を作る厨房が見えますよ。できたてスイーツを頂けるイートインスペースも完備され、ドリンクと一緒に美味しいスイーツで幸せな時間を過ごせます。メニューは生菓子や焼き菓子など150以上あるそうです。

そんなモンサンクレールでシェフを務めるのが辻口氏。この辻口シェフもまた有名人なのです。

ケーキで人気のモンサンクレールのシェフ辻口氏

自由が丘モンサンクレールのシェフ辻口氏は、もともとは洋菓子屋ではなく、老舗和菓子店の息子として生まれました。
辻口氏は和菓子の道ではなく、パティシエの道を志し、1998年に自由が丘にモンサンクレールをオープン。
数々のコンクールで優勝を飾るなど輝かしい成果を収めた辻口氏のお店ということもあり注目されていました。

辻口氏の代名詞とも言えるモンサンクレール。今は、それ以外にもロールケーキ専門店(自由が丘ロール屋)やチョコレート専門店(ル・ショコラ ドゥ アッシュ)なども展開し、活躍の場を広げています。
また、スイーツを広めるためということもありパティシエの中でもとりわけ発信するためにメディアに露出することも有名なシェフだとか。
その中でも、パティシエを題材にしたテレビ小説”まれ”では、江口氏が指導を行い、パティシエやスイーツの普及に貢献しています。

モンサンクレールといえばこれ!外せない「セラヴィ」

モンサンクレールを代表するケーキ「セラヴィ」。これだけは絶対に外せません。モンサンクレールのオーナー辻口博啓氏が1966年にフランスで開催されたソペクサコンクールで見事優勝を飾ったケーキであること。「セラヴィ」とは人生を意味し、辻口シェフがまさに人生をかけて作り上げたケーキであること。この二点が外せない理由です。

見た目はシンプルであり、ホワイトチョコムースで白一色、六角形になっています。しかし、フォークを通すとピスタチオのスポンジにラズベリーとチョコムースが姿を現します。さらに底にはサクサク食感の生地が敷かれており、さまざまな食感や味を楽しめるケーキとなっています。売れすぎて販売をやめたが、クレームが殺到したことにより再販したという伝説をもつケーキ、これは見逃せませんね。気になるお値段は630円です。

辻口氏手掛けるモンサンクレールのケーキはどれもこだわりぬいたものばかり!

モンサンクレールのケーキはセラヴィだけがおすすめというわけではありません。すべておすすめしたいですが、今回はモンサンクレールの中でも特におすすめケーキをピックアップ!

こだわって選び抜かれた食材でつくられるモンサンクレールのケーキはシェフの技術も加わりまさに絶品に。シンプルな見た目の中に閉じ込められたさまざまな味と食感のハーモニーを思う存分味わいましょう。

希少なピスタチオを使用!モンサンクレールの「ブロンテ」

イタリアのシチリア島にあるブロンテ村で収穫されたピスタチオを使用しています。なんと二年に一度しか収穫されない希少なピスタチオを採用。ここにもシェフのこだわりが光っていますね。お客様をもっと笑顔にするためにと日々美味しいケーキを求めて奮闘しているシェフの心が表れているかのようです。ミルクチョコレートとピスタチオが濃厚にとろけ合ってたまらない美味しさです。「ブロンテ」のお値段は630円です。

可愛い見た目にキュン!モンサンクレールのコリエ

中にはたっぷりのフルーティなジュレが入っています。さらにその下にはしっとりと焼き上げられたチーズスフレ!ココナッツムースで覆われた口当たりが柔らかいケーキです。こちらもシンプルで可愛いケーキにたくさんの味が閉じ込められておりずるいケーキですね。コリエとはフランス語でネックレスを意味します。ケーキの見た目にもまるでパールネックレスを感じる部分があります。女性はアクセが大好きですから、このキュートな見た目にすぐ惚れちゃいますね。そんな視覚も味覚も楽しめるケーキ!「コリエ」のお値段は650円です。

真っ赤なハートのケーキ モンサンクレールのティーベリー

真っ赤なハートがとてもキュートなケーキの”ティーベリー”。
ほんのりと香るお酒とムースがベリーと、ちょっと大人の味のケーキです。
中には、ティーという名前があるだけのこともあり、アールグレイのゼリーと果実のコンポートがトロッと出てきます。

モンサンクレールのモンサンクレール

モンサンクレールという店名を冠したケーキです。コーヒー味のビスキュイジョコンドをクレーム・オ・ブールで包み、上からキャラメリゼしたヘーゼルナッツとアーモンドのプラリネで包んだケーキです。

オネット

三角形の形をしたチョコレート尽くしのケーキ。ショコラムースとキャラメルサレのガナッシュ、さらにショコラフレークも。食感も楽しめるケーキに仕上がっています。

その他

モンブラン、シブスト、フロマージュなどなど。

ケーキ以外に焼き菓子やチョコレートも!低糖質スイーツも見逃せない!

ケーキを中心に話を進めていますが、モンサンクレールは他にも注目しておきたい商品がたくさんあります。

焼き菓子は種類が豊富で生菓子よりも日持ちするので贈り物にもおすすめです。チョコレートは色々な種類がありますし、テリーヌ ショコラのような商品もあります。バレンタインにはぜひ注目しておきたいお店です。

また、低糖質スイーツとして販売されているお菓子もあります。砂糖を使っていないというのですから、凄いですね。もちろん美味しいです。気になる方は一度試してみてください。詳しくはモンサンクレールのHPで見ることができますよ。

低糖質ケーキ「トリロジー」

3種の糖質制限チョコレートや粉末にした豆腐などを使用して作ったケーキです。サイズは5号のみ。お取り寄せ可能。

モンサンクレールの店舗はどこ?通販はあるの?

ズバリ!モンサンクレールのケーキはオンラインショップでも買えます。しかも届いてから14日間の冷凍保存が可能です。冷凍の状態で届けてくれるので、渡したい人に渡したいタイミングで渡せるのはありがたいですよね。特に大人気のセラヴィがプチガトー4個入りと、4・5号サイズが買えるのは嬉しいです。遠方で買いに行くのが厳しい人はオンラインショップの利用をおすすめします。

自由が丘モンサンクレールで美味しいケーキを食べよう!

いかがでしたか?

モンサンクレールでは美味しいケーキがたくさんあります。有名店なので、もし自由が丘に行く機会があればぜひ立ち寄ってみてください。遠方に在住の方は、通販の利用も検討してみてくださいね。

お店情報
店名:モンサンクレール

住所:東京都目黒区自由が丘2-22-4

定休日:水曜日

営業時間: 11:00~19:00(サロンL.O.17:30)

アクセス
電車 東急東横線「自由が丘駅」正面口より徒歩10分

駐車場 4台”
Mont St. Clair

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧