移転後も大人気!愛情に包まれる|クレープ・アン東京西八王子駅

思い出はクレープとともにー。東京は西八王子にある老舗「クレープ・アン」では、フランスの家庭料理として誕生したクレープを、愛情をギッシリこめて手作り販売しています。クレープ・アンでは種類豊富なメニューに加え、女性マスターの優しい人柄が魅力。2019年春にリニューアルオープンを果たしクレープ・アンはメディアでも多数紹介されています。ファンが足しげく通う人気店、クレープ・アンの魅力をたっぷりと紹介しましょう。

クレープ・アンとは?

クレープ・アンの店名は、名作「赤毛のアン」が由来です。赤毛でそばかすが可愛らしアンが、田舎町で家族や友人に囲まれて成長していく、愛情物語。アンが育った家庭的でぬくもりを感じる手作り食事を現代に伝えたい、そんな想いから店名を付けたそうです。

クレープ・アンは1983年創業当時から、地元の名物店として大人気です。お客さんが色々書き込めるみんなのノートは20冊にもなるそう。2019年3月には八王子市中央図書館の並びにリニューアルオープンをし、オシャレで上品なブラウンカラーの屋根には、「クレープは思い出とともに」とマスターからのメッセージが書かれています。看板は以前と同じ、アンが被っていた麦わら帽子が描かれているので、久しぶりに来店する方も迷わず見つけられるでしょう。

カントリー調の店内は、カウンターや壁にピンクを取り入れて可愛らしく仕上げています。インスタ映え抜群なので、ぜひイートインしてくださいね。

西八王子本店のほか、町田、相模原にも姉妹店があります。それぞれの店舗が個人での経営なのでお店毎に限定メニューや金額の違いがあるようです。現在は閉店してしまったクレープ・アン犬目店では、おこのみ焼クレープというメニューがあったようですよ。

クレープ・アンの人気メニュー

クレープ・アンの特徴は、その値段とメニューの豊富さ。今どき珍しい210円から食べられる安さ!約100種類あるメニューは、ホット系、クリーム系、スナック系、アイス系のクレープに大別できます。

フルーツをはじめマシュマロ・マロンなど食感を楽しめる具材があります。例え、クリーム系ならマロンチョコ生クリームやプリンアラモード!ツナ・ベーコンといったおかず系まで、幅広く用意されています。ピザベーコン、美味しいですよ!

自家製生クリームは、アッサリとした食べごたえだから、男性でもペロリと平らげられると大評判。クレープ・アンではプリンやアイスも自家製の、まさに手作りなんです。おすすめメニューは、プリン生クリーム320円、アップル生クリーム320円。ボリューム満点、アイスがトッピングされたパフェシリーズは価格470円より。

クレープ・アンのドリンク

クレープ・アンではコーヒーや紅茶などの他、オレンジジュースやりんごジュースなどソフトドリンク系などクレープに合うドリンクメニューが用意されています。

更に、セット料金があるので、クレープとドリンクを一緒に注文すると、単品で注文するよりもお得になりますよ。

お子様用のクレープメニュー

クレープ・アンでは未就学児用に向けたミニクレープのメニューもあります。生クリームチョコをはじめ子どもも大好きな味が並びます。キッズドリンク付きで350円と安いです。親子で一緒にクレープ・アンに来て、美味しいクレープを頬張りながら楽しい時間を過ごすのも良いですね。

クレープ・アンは予約できる?

お急ぎの方は、事前にクレープ・アンに電話での予約が可能、まとめ買いしたい時に便利です。

ちなみに学校帰りの学生さんが少ない13~15時くらいがクレープ・アンの比較的狙い目な時間だそう。

クレープ・アンは人気店のため順番待ちに時間がかかる場合がありますが、待ち時間にはメロンソーダを価格50円にて提供、誕生日の方にはコーヒーか紅茶のサービスがあるそうです。お客さんを大切にする、クレープ・アンのマスターの気持ちが嬉しいですね。

クレープ・アン店舗情報

クレープ・アンの西八王子店にはJR中央線の西八王子駅南口を出て、ロータリー正面の道を真っすぐ進みましょう。万葉けやき通りを左に進み、交差点を斜め左に入ったすぐにクレープ・アンの店舗があります。駅から徒歩3分ほどの場所です。

クレープ・アンはカップルで、ご家族で、一人の散歩にも。一度訪れたらまた行きたくなる、愛に溢れたお店です。

店舗情報
店名: クレープ・アン

住所: 〒193-0931 東京都八王子市台町4丁目46−5

営業時間: 11:00~19:00

定休日:月曜日