東海道の漆黒の銘菓 静岡 清水屋の黒大奴(くろやっこ)

photo by もりway http://mori-way.blogspot.com
和菓子

江戸時代の東海道五十三次の宿場町として栄えた静岡県の島田宿。
その島田で開催される日本三大奇祭のひとつ「島田の帯祭り」にちなんだお菓子が黒大奴です。
ツヤのある漆黒の見た目に驚き、さらに一口含んでもさらに驚きがあるという銘菓をご紹介します。

黒大奴ってどんなお菓子?

名前からも見た目からも味が早々できないこのお菓子。

材料は小豆、昆布、お砂糖・・・これを聞いてもピンときません。

実はあん玉を羊羹でコーティングしたものです。

似たお菓子なら他にもありますが、こちらの羊羹にはなんと昆布が練り込まれているのです。

そのためこちらの羊羹は海藻独特のツヤと粘りがあります。

厳選された国産小豆を丹念に煮あげたなめらかなこしあんと、モチッとした羊羹。

昆布の旨みが口に拡がったあと、ほどよい甘さのあんが口の中で溶けるようなお菓子です。

黒大奴は1箱ペロリと食べられる?!

黒大奴の評判を見ていると、甘さ控えめ、食感が軽いということで1箱食べてしまうという声も多いです。

ひと箱も食べるとなると、気になるのがカロリーですよね。

黒大奴1粒のカロリーは約54kcalです。

つまり1箱15個入りとして、全部食べると810kcal。

ケーキを2個食べてしまうよりは、よさそうですね。

賞味期限が14日なので、気になる方は1日1個~2個をゆっくり楽しむといいでしょう。

静岡に行かないと買えないの?

静岡が本拠地の清水屋ですから店舗は静岡や名古屋に多いようです。

静岡や名古屋のSAやデパ地下でもお土産として販売されていて、人気です。

関東でも高島屋や東急百貨店にも出店しているので都内や神奈川でも購入可能です。

どちらも遠いよという方は、清水屋さんのHPから通販も可能です。

気になる方は近くのお店か、通販でお取り寄せしてみてください。

こちらのHPで店舗情報や、通販申し込みが可能です。

店舗情報
店名:清水屋 本店

住所:静岡県島田市本通2-5-5

定休日:無休

営業時間:8:30~20:00

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。