• HOME
  • コラム
  • 大福
  • みんなに愛される“いちご大福”|東京 新宿 大角玉屋が発祥ってご存じでしたか?

みんなに愛される“いちご大福”|東京 新宿 大角玉屋が発祥ってご存じでしたか?

今では日本中で愛されているいちご大福。

このいちご大福の元祖と言われている「大角玉屋」をご存じですか?

当時、和菓子にまるまるフルーツを入れるという発想がなく、とても斬新で革命的な大角玉屋のいちご大福は瞬く間に大人気商品となりました。

大角玉屋3代目店主の手によって試行錯誤の末に開発されたいちご大福と、大角玉屋についてじっくりご紹介していきます!

いちご大福を開発した大角玉屋について

大角玉屋は創業大正元年という老舗です。

いちご大福が誕生したのは昭和60年。当時の大角玉屋3代目店主が新聞のコラムで見つけた一つの記事がきっかけでした。

「洋菓子・ケーキの時代がそろそろ終わり何かのきっかけがあれば和菓子の時代が来るだろう」

それを読み、試行錯誤した上でやっと出来上がったのがいちご大福です。各種メディアに紹介され、芸能人の差し入れ(当時テレビ局が近くにあった為)などにもなったり、海外でも紹介されたりとどんどん有名になり、お店を代表する大ヒット商品になったそうです。

大角玉屋はいちご大福の特許をとっているのだそう。素材にこだわった和菓子を提供しています。

大角玉屋の店舗は本店の他、四谷と銀座にもあります。いちご大福の他にも生菓子の種類はありますし、焼き菓子や贈答品なども取り扱っています。

大角玉屋のいちご大福は何をヒントにして生まれたのか???

大福と言えば中身はあんこ。が主流だったところに、斬新すぎるいちごを入れてみたという大角玉屋3代目店主。

新しい和菓子を作ろうというきっかけとなったのは、先ほどお話ししたひとつのコラムでしたが、大福の中にいちごを入れるという発想は、みんなに愛される“いちごのショートケーキ”をヒントにして思いついたそう!

いちご大福はケーキの王道、ショートケーキをヒントにしたからこそ、お客様にもすぐに受け入れられて大ヒット商品になったのかもしれません。大角玉屋3代目店主の目の付け所が素晴らしいですよね!

斬新な発想、試行錯誤の末に完成した大角玉屋のいちご大福

いちごの酸味があんこの適度な甘さで補われ、さっぱりと食べやすい和菓子。

餅も柔らかくいちごと塩気のきいたエンドウ豆の食感が口の中で交じり合い、相性が抜群です。試行錯誤の末に斬新な発想が形になったこと、人々に受け入れられたこと、今なお人々に変わらず愛されていることがとてつもなくすごいことですよね。

大角玉屋のいちご大福の特徴は、エンドウ豆の塩気で餡子も甘ったるくなく味が締まります。そこへいちごの酸味も加わりさっぱりと食べれてしまう。大福にエンドウ豆?と不思議に思ったあなた!そう!大角玉屋のいちご大福には豆大福のようにエンドウ豆も入っているのです。いくつもの食感を楽しめます。

しかも大角玉屋のいちご大福にはまさかの隠し味!低価格の塩を使用しているのだそう。他は高級なのになぜ塩だけ低価格のものなのでしょうか。それは高級の塩だと塩味が主張しすぎて隠し味にならないからなのです。

そんな大角玉屋のいちご大福。お値段は1つ230円、賞味期限は当日中です。その日のうちに食べきりましょう。

大角玉屋のいちご大福はどこで買えるの?

大角玉屋の店に行くほか、大角玉屋のいちご大福は各曜日ごとに下記デパートで購入可能です。

【月】
そごう西武(池袋)
【火】
そごう西武(横浜)
【水】
日本橋三越本店
銀座三越
【木】
そごう西武(池袋)
伊勢丹(浦和)
【金】
高島屋(日本橋)
高島屋(新宿)
【土】
そごう西武(川口)
【日】
伊勢丹(浦和)

和菓子処大角玉屋
【本店】
東京都新宿区住吉町8-25
03-3351-7735
営業時間:9時~19時半

【銀座店】
東京都中央区銀座西3-1
03-3563-1535
営業時間:10時~20時

【四谷店】
東京都新宿区四谷3-6
03-3358-8612
営業時間:9時~19時半

大角玉屋のいちご大福はお取り寄せできる?

残念ながらいちご大福は繊細な商品のため、通販やお取り寄せはしていません。

しかし、大角玉屋では贈答品など一部の商品は発送してくれるそうです。大角玉屋のHPにはFAXフォームがあるのでダウンロードして記入の上、注文してみましょう。FAX番号もHP内に記載があるのでご確認ください。

こちら↓

大角玉屋のHP

大角玉屋のいちご大福 まとめ

当時は本来和菓子で一緒にされることがなかったフルーツと餡子。

いちごと餡子が口の中でマッチしていく瞬間を知った人々にさぞかし大きな衝撃が走ったことでしょう。人々に衝撃と感動を与えたからこそ、類似品も続出し30年経った今もなお人々に愛され続けているのではないでしょうか。

あの時大角和平さんの手で発案試作されなかったら、今ではこんなに当たり前になっているいちご大福が存在しなかったのかと思うと非常に感慨深いものがありますね。