銀六餅!?どら焼きが有名な店・甘楽について調べてみた

photo by 銀六餅 http://www.kanra.co.jp/syouhin.html
どら焼き

銀六餅というお菓子をご存じでしょうか。「餅なのかな?」と思う人もいるかもしれませんが、銀六餅は実は「どら焼き」なんです。餅という名のとおり、もちもちとした食感!そんな銀六餅を販売しているのが銀座六丁目に本店がある「甘楽(かんら)」というお店です。今回は、銀六餅を含む甘楽のお菓子をご紹介します。

甘楽ってどういうお店?店名の由来や看板商品・銀六餅のこと

甘楽(かんら)は豆大福をメインとしてお菓子作りをおこなっている和菓子屋さんです。店名には「甘いもので皆様を楽しく幸せにしたい」という思いが詰まっています。店舗の奥にある工房で餡を炊いて餅をひき、生地を焼いています。

そんな甘楽の看板商品・銀六餅は甘楽の本店がある「銀座六丁目」から名付けられたんだとか。銀六餅はてのひらに乗るかわいいサイズのもっちりとしたどら焼きです。中はつぶあんです。値段は少量パック(5個入り)で565円とお手頃です。

【銀六餅 5個入り】
価格:565円(税込)

銀六餅を食べてみると?

直径5cmほどのどら焼きなので何と言っても食べやすいですね。生地は普通のどら焼きよりちょっともちっと感があります。でもしっとり感もあります。生地に使ってあるはちみつと卵のコクがたまりません。商品名にもちという字がつくのにも納得です。 中に入っているつぶあんの水分量もちょうどよく、生地とバランスが最高です。甘さもちょうど良いです。

銀六餅はどれくらい日持ちする?賞味期限やカロリーについて

銀六餅・どら焼きの賞味期限は約1週間。購入したらすぐに食べるのがおすすめです。また、カロリーは1個あたり73キロカロリー。カロリーが気になる人は参考にしてみてくださいね。

銀六餅の他にもある!甘楽のお菓子

甘楽で一番のおすすめのお菓子は豆大福なのです。豆大福も外せません。

甘楽の豆大福はつぶあん!東京で販売されている豆大福って、意外とこしあんが少なかったりしますよね。つぶあん派な人は嬉しいことこの上ないはず。当然大福系は美味しいので、苺大福もおすすめ。

他にも季節の商品や、「繭衣」や「招寿餅」など銘菓も美味しいです。
もちろん、豆大福やどら焼き以外の和菓子も、優しく丁寧に作られているからオススメです!

【豆大福 1個】
価格:206円(税込)

銀六餅を販売している甘楽の店舗はどこにある?品川・東京駅でも購入できる?

「銀六餅を買いたい!」「銀座本店以外はどこに店舗を構えているの?」など疑問を持った人もいるはず。甘楽は、銀座本店の他に東京駅構内・グランスタ店やエキュート品川店などがあります。
先にご紹介したどら焼きや豆大福も購入することができるので、ぜひ一緒にご賞味ください。

銀六餅は通販でも購入可能!?オンラインストアについて

銀六餅は通販でも購入することができます。オンラインストアでは、銀六餅とりんごぱいの詰め合わせが販売されているので、銀六餅だけでなく、青森県産りんごを使ったりんごぱいも一緒に楽しむことができますよ。賞味期限はどちらも1週間です。

【銀六餅・りんごぱい詰め合わせ(大)】
価格:2816円(税込)

お店情報
店名:銀座 甘楽 東京駅グランスタ店

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅 グランスタ B1F

定休日:なし

営業時間: [月~土] 8:00~22:00
[日・祝] 8:00~21:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。