• HOME
  • コラム
  • かき氷
  • 京都”omo cafe”の創作和スイーツと自家製かき氷の人気メニュー【ごはんプレートが人気】

京都”omo cafe”の創作和スイーツと自家製かき氷の人気メニュー【ごはんプレートが人気】

京都の中心部、四条通や錦市場のほど近く、築115年以上の京町家をリノベーションした風情ある和モダンな雰囲気の”omo cafe”
和の雰囲気漂う心落ち着く店内でいただける、創作和スイーツと夏に大人気の自家製かき氷を紹介します。

omo cafeはどんなお店?

京都の中心街に店を構えるomo cafeは、お昼前の開店時間から夜遅めの閉店時間まで、フレンチ出身のシェフが作る、創作料理や上質な和スイーツ、夜はアラカルトやお酒を楽しむことができる町家スタイルの和カフェ&ダイニングバーです。

和と洋を融合した京町家フレンチ”o・mo・ya東洞院”、地元の厳選食材でフレンチを楽しむ”french o・mo・ya奈良町”の姉妹店で、「町屋フレンチレストランo・mo・yaの良さをもっと気軽に楽しんでほしい」という想いからomo cafeが生まれました。

一人でのご利用はもちろん、グループや女子会等にもとてもオススメです。一人でゆっくりとカフェを楽しむのもよし、食事会で美味しい料理とスイーツを囲めば会話も弾むことでしょう。店内には中庭もあり、非日常な空間でゆったりとした時間を過ごせます。

omo cafeの人気メニュー

では、omo cafeでどんなスイーツがいただけるのか、お店の定番和スイーツから季節限定デザートまで人気メニューを紹介していきます。お店のこだわりが詰まったスイーツ、食べたくなること間違いなしです!

人気創作和スイーツ

omo cafeのスイーツはメニュー展開が豊富で、どれを選ぶか迷ってしまうほど。
京都らしい和の素材がたっぷり詰まったスイーツは、どれも食べてみたくなるものばかりです。

■おもぱふぇ ¥800 (税込)

信楽焼の器で提供され、中身も見た目も和を感じられます。
抹茶プリン・白あんパウンドケーキ・粒あん・白玉・バニラアイスなど、和の素材がたっぷり詰まったお店定番の人気パフェです。

■自家製アイスクリーム ¥600 (税込)

お店手作りの自家製アイスクリームは、定番のバニラと黒蜜から味を選べます。
たっぷりアイスクリームを堪能したい方にオススメです。

■抹茶ロールケーキ ¥600 (税込)

京都の有名老舗「一保堂茶舗」の抹茶を贅沢に使用した抹茶生地に、生クリームと小豆を巻き込んだロールケーキです。
ロールケーキは2種類で京番茶を使用した珍しい京ばん茶ロールもあり、2種類頼んで食べ比べをするのもオススメです。

■クリームあんみつ ¥800 (税込)

和スイーツの定番のあんみつですが、ラベンダー寒天・桑の実ゼリーと一風変わった内容になっています。
バニラアイス・フルーツ・白玉・あんこもたっぷり添えられており、どんな味なのか気になる一品です。

■湯葉チーズ ¥800 (税込)

omo cafeの新作スイーツの内の1つ。
錦市場の老舗湯葉屋「京ゆば 湯波吉」の生湯葉を使用した、しっとりチーズケーキです。
チーズケーキと湯葉の新たなマリアージュ、とても気になりますね。

夏の人気メニュー!かき氷

omo cafeの夏限定の素材にこだわった自家製かき氷。2021年は6月1日から販売されています。
シロップ作りでは、最後まで味を楽しめるようにと、てんさい糖や水あめを使用し甘さ控えめで優しい味になるように工夫がされています。
溶けても美味しいかき氷は、最後まで飽きずに食べられ、ゆっくりと楽しめるのが嬉しいポイントです。
ふわふわ氷に自家製シロップがたっぷりのかき氷も、是非チェックしてみて下さい。

■いちごミルク ¥900(税込)
生のいちごを使用して仕込まれた鮮やかな赤色のいちごシロップに、たっぷり練乳と白玉がトッピングされています。
フレッシュフルーツだからこそ味わえる、いちごの果肉感がたまりません。
子供から大人まで人気のかき氷です。

■桃のかき氷 ¥1,200 (税込)

桃約1個分をたっぷり盛り付けた、桃づくしのかき氷です。
自家製桃シロップが桃の果肉をより引き立ててくれ、一皿でいろんな桃を楽しめます。
まるで桃を食べているような、贅沢すぎる仕上がりです。

■宇治抹茶ミルク/ほうじ茶ミルク ¥800 (税込)

宇治「丸久小山園」の高級抹茶、高級茶葉を使用した濃厚シロップがたっぷりかかったかき氷に、練乳と白玉がトッピングされています。
プラス100円で金時付きにもできます。

■柚香(ゆこう)のかき氷 ¥900 (税込)

徳島県が生産の99%を占める柑橘果物「柚香」を使用したかき氷です。
柚子に似た香りで、酸味が少なくほんのり甘みがあるのが特徴。
さっぱりとしたかき氷を食べたい方にオススメです。
珍しい果実なので、他店で見かけることが少なく気になりますね。

■生マンゴー ¥1200 (税込)

フレッシュマンゴーをたっぷり使用したかき氷です。
生のマンゴーそのままをシロップされていて、マンゴー好きにはたまりません。

フレッシュフルーツや宇治のお茶を使用した、omo cafe自慢のかき氷を是非一度味わってみてはいかがでしょうか。
夏前にはかき氷メニューの販売開始情報を、お店のHPでチェックして下さいね。

omo cafeの混雑状況は?予約はできる?

ランチ〜カフェ利用が特に人気で、混雑する可能性があります。
夏にはかき氷を求めて行列ができるそうです。
食事利用の方は予約することも可能で、4・6・8・10〜20名用の個室もあります。
20名〜貸し切りもできるので、大人数での食事会などには嬉しいですね。
前もって予約をしておくことが、当日更にゆっくりと食事やカフェを楽しむためにオススメです。

omo cafeはランチも人気!

omo cafeでは、フランス料理出身のシェフが作る、フレンチの技法を取り入れたカフェご飯メニューはとても人気です。

■omo cafeごはんプレート¥1,800(税込)

野菜・お肉等6種類のおかずにごはんとお味噌汁がセットで、いろんな味を楽しめる人気プレートランチです。

■釜飯セット ¥1,700〜
トマト丸ごと1つを炊き上げたオリジナル釜飯や、鶏・鮭・パエリアなど具材の種類が違う釜飯セットもオススメです。
釜飯セットには、小鉢・お味噌汁・香の物がついています。季節限定メニューも登場するので、訪れる時期のオススメメニューをいただいてもいいですね。

2021年6月からは、ローストビーフ釜飯が登場し、話題をよんでいます。5つのトッピングがついており、味の変化を楽しみながら最後まで飽きずに味わえますよ。

omo cafeのアクセス方法・駐車場はあるの?

omo cafeへのアクセスは、電車阪急京都線「河原町駅」または「烏丸駅」から徒歩5分です。
駐車場はありません。駅近でとても利用しやすい立地となっています。

いかがでしたか?
こだわりの創作和スイーツとフレンチ出身のシェフが作る絶品カフェご飯を求めて、omo cafeへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

店舗情報
店名:omo cafe
住所:京都府京都市中京区麩屋町通錦小路上ル梅屋町499
営業時間:11:00〜21:30(L.O.)
定休日:水曜日(連休・クリスマス・年末年始は異なる)