• HOME
  • コラム
  • 和菓子
  • さいとう製菓『かもめの玉子』は思いのこもった岩手銘菓! 豊富な味の種類や嬉しいミニも!

さいとう製菓『かもめの玉子』は思いのこもった岩手銘菓! 豊富な味の種類や嬉しいミニも!

photo by shota umeyama.comhttps://shotaueyama.com/

岩手県大船渡にある『さいとう製菓』がつくる岩手銘菓『かもめの玉子』。

岩手県民で知らない人はいない程有名なお菓子なのです。現在ではカロリーを気にする女性にもうれしいミニサイズも登場しており、味のバリエーションも豊富!

今回は、そんな岩手銘菓・かもめの玉子をご紹介します。

さいとう製菓が作るかもめの玉子

かもめの玉子は、岩手県大船渡で生まれた銘菓です。

本物のかもめの玉子を見て知っている人はあまりいないでしょうが、さいとう製菓のかもめの玉子は中も外もいかにも玉子らしく良く作られています。

今は東北を代表する銘菓となったかもめの玉子ですが、現在のきれいな玉子型や味に行きつくためには、多くの試行錯誤がありました。

見た目

かもめの玉子と聞いても岩手県民以外の人にはどんなお菓子か想像しにくいかもしれませんね。かもめの玉子とは白あんをカステラで包まれ、全体をホワイトチョコレートで包まれた一口サイズのお菓子で、長年の企業努力で作られた賜物でした。

誕生秘話

さいとう製菓とは岩手県大船渡市にある菓子店。創業当初は大福やゆべしが美味しいと評判の斎藤「餅屋」だったとか。

戦争中の休業を経て、戦後に斎藤菓子店の看板を掲げ、かもめの玉子は昭和27年に開発を始めたとのこと。老舗菓子店と肩を並べるのではなく、特色ある商品の開発をということで菓子に大船渡の魅力を落としこみたかったのだそう。そこで、大海原をとぶかごめをイメージする商品名となったわけです。

はじめは鴎の玉子という名称でした。本物の玉子に近づけるため、商品の素材や配合、機械なども試行錯誤を重ね、全国に知られるお菓子となりました。1999年に現在のかもめの玉子に改名されたとか。

こだわった素材

黄色餡には北海道産の大手亡、品のある甘さの白ザラメ、北東北で栽培されているキタカミ小麦を100%使用、とりたて卵の黄身をを使っています。

かもめの玉子、ずばり一押しのお味はどれ?

春はいちご、冬はみかん、秋は栗、夏はメロンなど季節限定のお味はまず見つけたら食べてみないと損です!奥州の黄金文化をなぞらえて金箔や一粒の栗が使われた贅沢な一品「黄金かもめの玉子」や黄身餡にりんご果実が入った「りんごかもめの玉子」などもあります。

また、通年でお祝いごとに使える紅白、半熟卵風に仕上げた杏仁豆腐とマンゴーソースがさわやかなプレミアム、チョコ餡やチョコペーストが包まれた、チョコ好きにはたまらない『かもめのショコらん』などなど…

きっとあなた好みのかもめの玉子のお味が見つかるはずです。気分やシーンに合わせてかもめの玉子を選べますよ。

かもめの玉子以外にもあるさいとう製菓の商品

平成2年から3年連続『モンドセレクション』に選ばれる実力を兼ねそろえていますが、現会長は今も以下の言葉を従業員に呼びかけ続けています。

「国際的な大きな賞に輝くことは、名誉でありうれしいことです。でも、本当にうれしいこと、一番大切なことは、地元岩手のお客さま、そして日本のお客さまからいただく“金メダル”なのです。私たちはこれからも、皆様によろこばれる商品をつくっていきましょう」
出典:公式HP:www.saitoseika.co.jp/story/story4.html

このようなモットーを掲げながら、かもめの玉子以外にも銘菓を数多く生み出しています。

仙台いちご日和

たとえば『仙台いちご日和』はかわいいいちごの形をかたどったお菓子。苺ジャムとミルク餡をスポンジ生地で包みへたの部分は抹茶チョコで再現された、女の子が好きそうなお菓子です。

なお、東京でかもめの玉子を作ろうとしたところ、かもめの玉子は仙台銘菓だからと断られたそう。そのため、岩手にある『さいとう製菓』を東京に作った会社が『東京玉子本舗』です。そこで作られているのが『ごまたまご』。

ごまたまご

黒ごまペーストと黒色ごま餡をカステラ生地に包んでホワイトチョコレートでコーティングした、東京土産の定番お菓子です。

このように、たくさんかもめの玉子以外でもヒット商品を出している『さいとう製菓』なので、色々な商品を買って食べてみるのも楽しいですね。

 

かもめの玉子ミニでカロリーの罪悪感を少しだけ制御!

こんなに種類が豊富で、いくらでも食べたくなるかもめの玉子ですが、やはり気になるのはそのカロリーでしょうか…。調べてみると、1つあたり約170kcalと、やはり際限なく食べるのは少し憚れます…。

そんな女性のお声にこたえてか、実はかもめの玉子にはミニもあるのです!

ミニのカロリーは通常サイズと比較すると、1つあたり100kcal程度に抑えられており、食べやすいサイズで、一番売れているのだとか。ただ糖質は推定1つあたり16gで、やはりダイエットしている方に向いているお菓子ではありません。自分へのご褒美などに1つ食べるのがいいかもしれませんね。

なお、ミニには紅白もあるので、ちょっとしたお祝い事にも使えます。いい意味で重くなく渡せますので、重宝しそうです。

かもめの玉子はどこで購入できる?通販は?

かもめの玉子はミニも含め、岩手県の様々なショップで販売されています。岩手県にある直営店10店舗はもちろん、県の銘菓というだけあって、道の駅やサービスエリアにも売っています。

東京でも百貨店でかもめの玉子を目にすることは多く、さらに銀座にある岩手県のアンテナショップでも販売しています。

さいとう製菓のかもめの玉子はamazonや楽天などのオンラインショップにもありますが、一番正確な販売店はさいとう製菓の公式オンラインショップです。ミニサイズのかもめの玉子も買えるので、ぜひのぞいてみてくださいね。

ご利用はこちら↓

さいとう製菓の公式HP

かもめの玉子 まとめ

かもめの玉子、いかがでしたか?

ちょっとしたお茶の時間やおめでたい席、岩手のお土産としてなど色々なシーンでかもめの玉子は使うことができますよ。岩手の魅力が詰まったかごめの玉子、ぜひ食べてみて下さいね。