• HOME
  • コラム
  • 饅頭
  • 加賀銘菓!老舗和菓子屋「山中石川屋」の娘娘饅頭(にゃあにゃあまんじゅう)

加賀銘菓!老舗和菓子屋「山中石川屋」の娘娘饅頭(にゃあにゃあまんじゅう)

加賀の温泉街に、街の景観に溶け込みながら伝統の和菓子を提供し続けている菓子屋があります。その菓子屋とは、山中石川屋。

永く地元に愛され、今では加賀を代表する「娘娘饅頭」を世に送り出した山中石川屋は、明治38年小さな駄菓子屋からスタートし、熟練の職人が伝統の味を守り続けています。

今回は、山中石川屋をご紹介します。

明治38年創業の加賀老舗「山中石川屋」

元は小さな駄菓子屋から始まった山中石川屋。

昔、山中石川屋の主人に持ちかけられた、地元言葉で娘さんを意味する「娘娘(にゃあにゃあ)」にちなんだ饅頭作りの依頼から、加賀を代表する名物饅頭が誕生しました。これにより、明治38年に開業した山中石川屋は、一躍加賀の郷土菓子「娘娘饅頭」の製造メーカーとなりました。

加賀の乙女をイメージして作られた山中石川屋のお菓子「娘娘饅頭」

全国に饅頭があるため、饅頭と聞いただけで大体イメージが湧くでしょう。しかし、山中石川屋の饅頭はただの饅頭ではありません。山中石川屋の娘娘饅頭とは一体どんな饅頭なのでしょう?

饅頭の形

形や大きさ自体はどこにでもあるような饅頭で、一口サイズの小判型の大きさの饅頭です。こし餡です。これらにはすべて意味があるのです。

饅頭ができた背景

加賀には、「娘娘(にゃあにゃあ)」という地元言葉があります。それにちなんで考えられた娘娘饅頭は、まさに娘さんをイメージした饅頭です。加賀の乙女のおしとやかさは粒餡では駄目で、甘さ控えめのなめらかなこしあんで表現しています。大きいだけでは色気がないため食べやすい小さな一口サイズのまあるい形の饅頭に仕上げてあります。

饅頭の味

皮は黒糖と味噌の風味が残り、口当たりの良い食感は上品な後味を感じさせる饅頭です。まさに、山中石川屋の娘娘饅頭は加賀の娘さんのイメージした饅頭なのですね。

娘娘饅頭の餡は、山中温泉の水と北海道十勝産の小豆などを原料に、職人が時節にあわせて配合したりと職人技が受け継がれています。

職人が経験と勘をもとに季節によって炊き上げを加減し、こだわって作り続けている山中石川屋の饅頭。饅頭も奥が深いですね。山中石川屋の娘娘饅頭は、いつ食べても美味しい饅頭になっています。

山中石川屋のその他のお菓子

山中石川屋には他にも美味しいお菓子がたくさん!

「くずさくら餅」

冬から春にかけて期間限定で販売される山中石川屋のくずさくら餅。少しずつ暖かくなる春への想いが表現されており、桜の花が入ったくず餅はさくら餅の粒感を感じさせる不思議なお菓子です。

また、淡いピンク色のもなか福梅も可愛らしい梅の形で、冬の間のみ限定販売される山中石川屋で人気の一品です。

山中石川屋の「栗蒸し羊羹」

直営店で購入できる山中石川屋の栗蒸し羊羹は、大粒の栗が順序よくぎっしりと並び、見た目にも豪華な羊羹です。甘さ控えめでなめらかな山中石川屋の羊羹は、しっかりと栗と小豆の風味を感じることができ、食べ応えは満点。

山中石川屋の隠れた人気商品栗蒸し羊羹をぜひ試してみてはいかがでしょうか。

加賀市内に3店舗を展開する山中石川屋店

加賀山中温泉街に本店を構える山中石川屋。加賀市内に3店舗の直営店を展開し、加賀を代表する郷土菓子をはじめ、もなかや羊羹も販売しています。

山中石川屋の本店は、山中温泉のシンボル「総湯」から近いです。山中石川屋の本店の店構えは、古き良き佇まいがとても美しく、温泉街に溶け込んでいます。そんな山中石川屋の本の店内にはイートインスペースもあります。サービスでお茶をいただけます。山中石川屋で娘娘饅頭をはじめ加賀銘菓をどうぞ。

また、JR金沢駅のショッピングモール金沢百番街にも山中石川屋が出店していますので、旅の最後に山中石川屋の商品を手に取ることも可能です。定番商品のほか、くるみ最中5個入りをはじめとしたもなか類も金沢土産やおもたせとして人気です。

山中石川屋のお菓子は通販が可能

山中石川屋ではオンラインやFAXなどでお取り寄せすることが可能です。

オンラインでの注文はこちら↓

注文フォーム

Fax希望の方は、フォームを以下からダウンロードして印刷してご使用ください。

FAXテンプレート

山中石川屋の娘娘饅頭 まとめ

山中石川屋の娘娘饅頭、いかがでしたか?

珍しい名前の加賀銘菓「娘娘饅頭」、お土産にもぴったりですね。娘娘饅頭以外の山中石川屋のお菓子もおすすめです。ぜひ山中温泉や金沢に来ることがありましたら、山中石川屋のお菓子を食べてみて下さいね。