昔ながらのおやつ「生姜糖」!老舗の名店と家庭で作れるレシピを紹介

生姜糖というお菓子をご存じですか?
生姜糖とは、生姜と砂糖から作られる昔ながらの和菓子。

生姜のピリッとした辛さと砂糖の甘みが美味しい生姜糖はお茶うけにぴったりですよね。和菓子屋さんで上等なものを選ぶもよし、おうちで作って手軽に楽しむもよしと、シーンを選ばずに楽しみやすいのが生姜糖の魅力です。

今回は、産地として有名な出雲の生姜糖と伊勢の生姜糖、家庭で楽しめる生姜糖のレシピをご紹介します。

島根産のこだわりの生姜使用!島根県出雲市・來間屋生姜糖本舗の生姜糖

來間屋生姜糖本舗は出雲市で300年以上の歴史を持つ和菓子店。
そんな來間屋の生姜糖にはこだわりがいっぱい。

來間屋生姜糖本舗の生姜糖のこだわり

島根県簸川郡斐川町出西地区で採れる出西生姜のうち、秋に採れる「古根」と呼ばれる生姜のみ使用して作られています。こだわりの生姜を使い、300年以上変わらない製法で作るのが、來間屋の生姜糖です。

生姜糖の種類

ラインナップは紅白の生姜糖と、抹茶味の生姜糖の3種類あります。

生姜糖は縁起物としてもおすすめ

生姜糖は生姜と砂糖を煮詰めるので「2人の縁が固まる」という縁起物。
さらに生姜は1つの種から多くの生姜が出来ることから「子宝に恵まれる」といわれることもあります。
ですから、結婚式の引き出物やお見送りのプチギフトにもピッタリ。
來間屋ではブライダルパッケージもたくさん取り揃えています。

さらに、バレンタインデーの時期にはハートの形の生姜糖も登場。
こちらもとってもキュートです。

通販について

來間屋生姜糖本舗では通販も取り扱っているため、遠方の方はお取り寄せしてみてはいかがでしょう?
ご利用はこちら↓

來間屋生姜糖本舗のHP

伊勢神宮のご利益があるかも?三重県伊勢市・岩戸屋の生姜糖

伊勢神宮のすぐ近くに本店がある、老舗和菓子店の岩戸屋。
こちらでは、伊勢神宮のお札をかたどった生姜糖が販売されています。
過去には伊勢神宮に献上されたことも。

パッケージにはおたふくが描かれており、ますますご利益がありそうです。

岩戸屋の生姜糖の魅力

岩戸屋の生姜糖の魅力は様々なフレーバーを楽しめること!
生姜、ニッキ、抹茶をはじめ、黒糖、ゆず、マンゴーなど変わり種まであります。
フレーバーのついた生姜糖は珍しいので、一度食べてみたくなりますね。
さらに、フレーバーごとに生姜糖の色が異なっていて、並べるだけでもインスタ映えしそうな美しさ。

「生姜糖なんて、おばあちゃんのお菓子じゃないの?」というイメージを払拭する、若い女性にもおすすめの商品です。

通販について

お伊勢参りに行ったときはもちろん、オンラインショッピングでも通販可能。
遠方で行くのが難しい人もぜひ利用してみて下さい。

ご利用はこちら↓

岩戸屋のオンラインショップ

手作り生姜糖はとっても簡単!

生姜糖は、自宅でも簡単に作れるお菓子です。
ぜひ下のレシピを参考に、生姜糖づくりにチャレンジしてみてください!

【材料】

生姜 お好みの量(スライスし、1~2時間水に晒しておく)
砂糖 生姜の60%くらいの重さ
グラニュー糖 適量

【作り方】

①生姜をたっぷりのお湯で2回茹でこぼす
②茹でこぼした生姜に、かぶるくらいの量の水と砂糖を加え。弱火で煮込む
③水分が無くなったら熱いうちにグラニュー糖をまぶす
④キッチンペーパーの上で乾燥させる

生姜糖でほっと安らぐひとときを

生姜糖は辛さと甘さがクセになるお菓子ですが、生姜のおかげで体がポカポカと温まります。
忙しい日々の中に、生姜糖とお茶をいただくゆったりとした時間を作ってみては?

店舗情報

お店情報
店名:來間屋生姜糖本舗

住所:島根県出雲市平田町774

定休日:不定休

営業時間: 9:00~19:00

お店情報
店名:岩戸屋本店

住所:三重県伊勢市宇治家在家町58

定休日:年中無休

営業時間: 8:30~17:25