麻布十番の手土産におすすめ!江戸時代から愛される「豆源」の絶品豆菓子

photo by 麻布十番 豆源https://www.mamegen.com/

麻布十番の豆菓子の名店「豆源」。江戸時代から続く歴史あるお店です。豆源が時代を超えて愛されているのは、豆菓子の美味しさを追求し続けているから。店内には様々な豆菓子が並び、手土産としても人気を集めているそうです。

今回は、そんな豆源についてご紹介いたします。

豆源はどんなお店?

「豆源」は、麻布十番に本店を構える創業1865年の老舗豆菓子店で。創業以来150年以上、豆の持ち味と風味を守る製法で豆菓子の美味しさを追求し続けています。江戸風味の豆菓子店として、地元の方からも評価が高く、時代を超えて愛され続けている名店です。

豆源が創業した江戸時代末期。初代駿河屋源兵衛は”豆やの源兵ヱ“さんと愛称され、江戸下町の人々に親しまれていたんだとか。この”豆やの源兵ヱ“さんが、店名の由来になっているそうです。その後麻布十番に店舗を構えてからは、店頭に大きな日傘がある店としても有名になっていきました。

豆源は創業当時から庶民に向けた商品づくりを行っていて、現在は多くの人から親しまれるる豆菓子を多彩に取り揃えています。豆の持ち味をいかして作られた豆源の品々は、手土産や外国人の日本土産など様々なシーンで重宝されているそうです。そんな豆源のお菓子を求め、店舗には連日多くのお客さんで賑わっています。

豆源のおすすめ商品は?

豆源には、様々なフレーバーの豆菓子がたくさんあります。甘いものから辛いものまでバリエーション豊かに揃っていて、どれも魅力的なものばかり。豆菓子だけでも約50種類もの商品があるんだそう。ここからは、その中でも特におすすめの商品をご紹介しましょう。

豆源のおとぼけ豆

豆源の人気ナンバーワン商品の「おとぼけ豆」。1袋で海老・青海苔・きざみ海苔という3種類の味が楽しめる磯風味の豆菓子です。飽きのこない味で、麻布十番に訪れる度に購入するファンの方も多いんだとか。

可愛らしいおとぼけ豆という名前の由来ですが、3つ一緒に食べるととぼけた味になるとのことからつけられたそう。1粒ずつ食べても海老や海苔の味がしっかり味わえて美味しいですが、3つ一緒に口に入れるとさらに磯の風味が増して止まらなくなる美味しさですよ。

おとぼけ豆は、核となるピーナッツを釜に入れ、回しながら糖蜜や寒梅粉などをまぶして作られています。程よく塩味がきいた、カリッとした歯触りとサクッとした軽い食感が特徴。甘すぎず辛すぎずで、お子様や年配の方でも食べやすいでしょう。ちょっとずつ食べようと思っていても、袋を開けたらあまりの美味しさに、どんどん手が伸びてしまいますので要注意ですね。

贈り物に利用される場合は、1袋を白いギフト箱に詰めた商品もあります。どんな用途にも使えるよう帯の掛かったシンプルな箱です。引き出物やちょっとしたお土産などに利用されています。幅広い年代に愛されるおとぼけ豆は、どんな方に贈っても喜んでもらえるでしょう。

商品名 おとぼけ豆
値段  324円(税込)

商品名 おとぼけ豆ギフト
値段  378円(税込)

豆源の梅落花

豆源の数ある商品の中でも女性人気の高いメニューの「梅落花」。まるで本物の梅干しのような可愛らしい形をしたピンク色の豆菓子です。落花生を衣で包み、梅の味をつけています。

程よい塩味と爽やかでさっぱりとした梅の味わいが、食べやすいと好評です。梅落花も、あと引く美味しさで食べ始めたら止まりません。サクッとした食感と紫蘇の風味をお楽しみください。

落花生自体の素朴な甘みがあるので、酸っぱいものが苦手な方でも美味しく食べられるでしょう。色味が華やかなので、贈り物にもおすすめ。おとぼけ豆と同様に、ギフト仕様の商品もあります。帯の文字は自分でカスタマイズ可能ですので、使い勝手も良いですよ。

商品名 梅落花
値段  324円(税込)

商品名 梅落花ギフト
値段  378円(税込)

豆源の黒胡椒ビーンズ

醤油味のそら豆に黒胡椒のピリリとした辛味がアクセントになった「黒胡椒ビーンズ」。ビールのおつまみにぴったりの豆菓子です。カリッとしたお煎餅のような食感に仕上がっています。

スパイシーな美味しさが、やみつきになると評判の一品。お酒が好きな方にはたまらない味わいで、晩酌のおともに喜ばれています。

黒胡椒ビーンズは、「ありがとう」の帯が掛かった一個箱ギフトの利用も可能です。ちょっとしたお礼の品などにおすすめ。中に入れる商品は、黒胡椒ビーンズ以外にも先ほどご紹介したおとぼけ豆、梅落花の他、白ごま大豆、わさび大豆からいずれかを選べます。

商品名 黒胡椒ビーンズ
値段  324円(税込)

商品名 一戸箱ギフト「ありがとう」B
値段  378円(税込)

豆源の期間限定商品は?

豆源では、その時期しか味わうことができない期間限定商品も販売されています。

節分商品

近年では、恵方巻きを食べる日というイメージが定着している節分ですが、昔ながらの豆まきもやっぱり楽しみたいものです。豆まきが終わったら、自分の年齢より1つ多く拾って食べると新年の厄払いができるとも言われています。

豆源では少量タイプや袋のまま豆まきできる商品、福桝に福豆と金平糖・鬼面型のおこしを詰め合わせたものなども販売。豆専門店ならではの魅力的な節分商品が揃っています。

節分には豆源の商品を購入して、家族で豆まきをして過ごしてみてはいかがでしょう。

豆源の本店でしか味わえない商品とは?

豆菓子店の豆源ですが、実はおかきなども扱っていて人気を集めています。その中でも麻布十番の本店でしか味わえない、揚げたての「塩おかき」が美味しすぎると話題になっているそうです。

豆源のおかきは、もち生地を作るところから手作業で行われてます。新潟県の魚沼産こがねもち米を使用した生地は、ひとつひとつ天日干しをしているのだそう。米油とごま油を半々に配合したこだわりの揚げ油で、カリッと揚げられています。揚げ時間は職人さんの感覚で、季節によって変えているそうですよ。

揚げたての塩おかきは、ふっくらとしていて香ばしく、お餅の甘みも堪能できます。本店では毎日店頭で実演販売されていますので、できたてアツアツを手に入れることが可能です。

醤油味の揚おかきや、百貨店などで販売されている塩おかきは、工場で作っているものなので、揚げたてを食べられるのは本店の塩おかきだけ。麻布十番に訪れた際は、ぜひ手に入れたいですね。

豆源のお菓子はお取り寄せできる?

豆源の商品は、公式オンラインショップからお取り寄せが可能です。多種多様な豆菓子や季節の商品、詰め合わせなどが販売されています。

遠方で店舗まで足を運ぶのが難しいという方は、お取り寄せを利用してみてください。

豆源のオンラインショップで通販する

豆源は予約できる?待ち時間は?

豆源の麻布十番本店は大変人気のあるお店ですので、時期によっては混み合うこともあるようです。人気の商品などは夕方には売り切れになってしまうことあります。お目当ての商品がある方は、早い時間帯に来店することをおすすめします。

オンラインショップや電話(0120-410-413)での事前注文も可能です。滞在時間を短縮したい場合でも、安心して利用できますね。

豆源の店舗情報

豆源は、麻布十番の本店以外にも伊勢丹新宿本店・伊勢丹浦和店・東武百貨店池袋店・松屋銀座店・日本橋高島屋店・大丸東京店を展開しています。その他、羽田空港などでも一部の商品が購入可能です。

麻布十番本店は、都営大江戸線「麻布十番」7番出口から徒歩5分、東京メトロ南北線「麻布十番」4番出口から徒歩5分の麻布十番商店街の中ほどの場所にあります。

手土産や贈り物に、豆の美味しさを追求してきた豆源のお菓子を利用してみてはいかがでしょう。

店舗情報
店名:豆源 麻布十番本店
住所:東京都港区麻布十番1-8-12
営業時間: 10:00~18:00
定休日:火曜日不定休