東京でも食べられる!北海道発のミルクパフェ「よつ葉ホワイトコージ」

北海道に行ったらぜひ訪れたい、牛乳やバターで有名な「よつ葉乳業」の直営カフェが、東京にもあるのをご存じですか?
東京スカイツリーのソラマチにあるお店では、北海道の大自然の恵みである高品質な生乳やバターから作られたソフトクリームや、パフェ、クレープ、フロートなどを楽しむことが出来るんです。
生乳本来の美味しさが際立つ、よつ葉ホワイトコージのスイーツの魅力をご紹介します。

よつ葉ホワイトコージとは?

よつ葉ホワイトコージは、北海道の乳製品メーカー、よつ葉乳業の直営カフェです。
パフェなどにも使われているソフトクリームは、北海道十勝産の原材料を使用し、乳脂肪分以外の余計な油分は一切使用しないこだわりの逸品です。
また、10℃以下の徹底した流通管理のもと販売されているので、生乳本来の風味を損なわず、濃厚な美味しさを実現しています。

よつ葉ホワイトコージの店舗は、北海道にある2店舗と東京にある1店舗の、全国に3店舗しかありません。
東京の観光名所であるスカイツリーにある東京ソラマチ店は、ソラマチ3階のフードコートにあります。イートインスペースは、木目を使用した開放感と温かみのある空間で、観光やショッピングの休憩をしながら、ゆったりとスイーツを楽しむのにぴったりです。

よつ葉ホワイトコージの人気メニュー

よつ葉ホワイトコージでは、よつ葉乳業の乳製品を使用した、人気のメニューがたくさんあります。各店舗の限定商品や期間限定商品もあり、迷ってしまうかもしれません。
今回は、人気のおすすめメニューを厳選してご紹介します。

よつ葉ホワイトコージのパフェ

よつ葉ホワイトコージには、長年愛されているロングセラー商品の「よつ葉の白いパフェ」をはじめに、趣向を凝らした多彩な種類のパフェが揃っています。

一番人気「よつ葉の白いパフェ」は、東京でしか食べられない「東京ソラマチ店限定バージョン(690円※税込)」もあり人気です。
よつ葉乳業が誇る、高品質な生乳から作られた自慢のソフトクリームやミルクプリン、純生クリームが贅沢にたっぷりと使用されていて、白一色にミントのグリーンの葉が添えられた見た目も上品です。
コクのある濃厚なミルクの味わいをたっぷりと楽しみながらも、後味はすっきりとしていて生乳本来の風味を最大限に味わうことができます。

よつ葉ホワイトコージでは、北海道産の食材を使用したメニューも見逃せません。こちらも人気の「北海道メロンのパフェ(520円)」は、北海道産メロンを使用したゼリーとジュースが贅沢に使用されています。ジューシーで甘いメロンと、濃厚なソフトクリームの組み合わせが絶妙で、最後まで飽きずに食べられます。

よつ葉ホワイトコージのドリンクメニューの人気は、生乳の美味しさを満喫できる「よつ葉の白いミルクフロート(580円)」です。十勝産100%のよつ葉牛乳の上に、自慢のソフトクリームをのせた真っ白な見た目も爽やかなドリンクです。

よつ葉ホワイトコージの福袋

よつ葉ホワイトコージでは、毎年元旦にお得な福袋が販売されることでも人気です。
2020年には、季節のメニュー以外お好きなパフェが毎月1つ食べられる、お得なパスポートが販売されました。
店舗限定で販売される、この時にしか手に入らないお得な福袋は必見です。

よつ葉ホワイトコージは予約できる?

よつ葉ホワイトコージは、週末には行列ができることもあるほどの人気のカフェです。
予約することは出来ませんが、イートインではなく持ち帰りにして食べ歩きすると、そこまで待たずに購入できることもあります。
イートインスペースがいっぱいの時は、東京スカイツリーを眺めながらの食べ歩きも良いですね。

よつ葉ホワイトコージの店舗情報

よつ葉ホワイトコージは、札幌駅の駅ビル「パセオ」の地下1階にある札幌パセオ店と、新千歳空港内の国内線ターミナル2階にある新千歳空港店、そして東京スカイツリータウンの東京ソラマチ ウエストヤード3階フードコートにある東京ソラマチ店に店舗があります。
東京ソラマチ店は、とうきょうスカイツリー駅と押上駅から直結の便利な場所にあります。

東京スカイツリーの観光やソラマチでのショッピングと一緒に楽しめる、北海道以外でここでしか食べられないプレミアムな味わいを楽しんでみてはいかがでしょうか。

店舗情報

店名:よつ葉ホワイトコージ 東京スカイツリータウン ソラマチ店
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ 3F
営業時間:10:00~21:00
定休日:施設に準ずる

関連記事一覧