伝統の一丁焼き「ともえ庵」のたい焼きはまさに天然もの!

photo by ともえ庵http://www.tomoean.net/sample-page/taiyaki/
たい焼き

東京の阿佐ヶ谷にある「たいやき ともえ庵」は、手間のかかる製法を用いて美味しいたい焼きを作る、愛に溢れたお店です。
信頼できるともえ庵の味は地元民だけでなく、東京以外のたい焼きファンも通うほどで、ともえ庵は行列ができる店として有名です。
そんな「ともえ庵」のたい焼きの魅力と、ともえ庵の情報をご案内します。

ともえ庵とは?

阿佐ヶ谷駅からほど近い場所にあるともえ庵。

商店街の一角にあるともえ 庵は、「一丁焼き」といって一枚一枚製法にこだわり焼き上げています。
一丁焼きの美味しさを広めたいというともえ庵の店主は、東京に来てはじめて食べた一丁焼きのたい焼きの美味しさの感動が、ともえ庵開店のきっかけだそうです。

もとは東京の中野でオープンしたともえ庵ですが、もっと色んな人に食べてほしいと2014年に現在の阿佐ヶ谷に移転しました。

ともえ庵の人気のたい焼き

地元の人になくてはならない程、大きな存在感を放つともえ庵。多くの人を魅了するともえ庵の商品とは?

ともえ庵のたい焼きの特徴

ともえ庵では、薄皮で頭から尻尾までぎっしり詰まった餡子が特徴です。
独自に配合した薄皮は極薄といってもよく、けれど甘すぎない餡子とのバランスが良いのであっという間に一枚ペロリと食べられてしまいます。

ともえ庵の主人は色々な店をまわって餡子の糖度を食べて極め、現在のともえ庵の餡子と皮のバランスを見極めたのだとか。

一枚一枚焼かれる一丁焼き、いわゆる「天然物」と呼ばれている焼き方。ちなみに5~6匹を同時に焼くのは養殖物と言われていますよ。

種類

ともえ庵では通常のたい焼きと、白玉たい焼きがあります。
白玉たい焼きは玉というより棒状になっており、熱々で食べると餡がとろけて、まるでぜんざいのようです。

この白玉たい焼きは時間が経つと蒸気で皮が柔らかくなりやすいので、持ち帰りはできません。ともえ庵では白玉も手作りだそう。
ともえ庵は店内にイートインスペースがありますので、ぜひすぐ食べてみてください。

ともえ庵では季節の商品もあります。刻み生姜、紅玉りんご、酒粕、広島レモンなどユニークなメニューが登場。次はどんなメニューが出るのか楽しみですね。

値段と賞味期限

値段:150円(たい焼き)・白玉たい焼き(300円)

賞味期限:ともえ庵のたい焼きは日持ちがしませんので、夏場は当日、冬場は冷蔵庫を使用しても翌日までに食べましょう。

ともえ庵の進化するたい焼き「ひらき」

焼き上がったたい焼きを開き、プレスして焼き上げた「たい焼きのひらき」も販売しています。驚くほどぺったんこで薄いです。皮がパリパリなので、皮好きな方にはぜひ味わってほしいです。構想7年だそう。

ともえ庵では焼き上げて20分を過ぎたたいやきは、粒餡のみずみずしさが損なわれるからという理由で売らず、多い時には100匹超を廃棄していました。しかし、廃棄するのは忍びないことからせんべいのように仕上げたそうです。

本物のたい焼きを半割りして、焼き機に薄く生地を流し、つぶあん面を下にして生地に乗せます。上下からプレスすると薄いひらきに!

みりん干しも登場

2018年11月8日からたい焼きのひらきのみりん干しも。みりんと醤油をベースにしたタレを重ね塗りし、煎り胡麻を散らしています。見た目は本物の干物のよう。甘じょっぱいあじでお茶ではなく、ビールにも合いそうな一品。

ともえ庵ではかき氷も人気

ともえ庵では、実は、かき氷も食べておくべきメニューなのです。

溶け始める寸前が一番美味しいという氷は、削る前に少し常温で緩めておき、削る際は氷の状態が安定してきたら初めて器で受け止め、薄く細かくを意識して削っているというこだわりぶり。専門店のよう。

いちごと自家製練乳のかき氷、抹茶と小豆のかき氷など定番や、ぶどうのかき氷や山口長門の夏みかんかき氷なんて珍しいものも。

ぶどうのかき氷

生の果汁や煮詰めた果肉、砂糖を加えた手作りシロップがとても美味しいですよ。ぶどうがある時期のみ、ぶどうの種類も時々で変わっているよう。食べられる時期は限られているメニューです。

隠れたともえ庵メニュー「阿佐ヶ谷練乳餅」

ともえ庵の冷蔵ケースにある阿佐ヶ谷練乳餅は、実は隠れた人気メニュー。自家製の練乳を使った、わらび餅のようなオリジナル。日持ちがするからお土産にもおすすめ。粒あんやきなこと一緒に食べるなど、食べ方色々。

ともえ庵の混雑状況は?

ともえ庵は休日や時期によっては混雑することもありますが、平日ですとそれほど並ばずに買えるという声が多いです。
ただ、白玉たい焼きは作り置きができないので、白玉たい焼きの注文が入ると少し時間がかかります。
また、ともえ 庵は毎月10日を「ともえの日」にしており、3匹までのたい焼きを1匹100円で販売しています。
「ともえの日」は混雑しますので、時間に余裕を持って行かれるのをオススメします。

ともえ庵店舗情報

ともえ庵は東京に1店舗のみとなりますので、近くに来た時はぜひ寄ってみてください。
JR阿佐ヶ谷駅の南口から続く、パールセンター商店街の中ほど、徒歩にして4分ほどの場所にあります。

車で来る際は、ともえ 庵店裏の中杉通りにパーキングメーターがあるので、そちらを利用されると便利です。

〒166-0004 東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-35-20
TEL:03-6383-2144
営業時間:11時00〜20時00(餡子が売り切れたら終了)
お休み:月曜日

ともえ庵 まとめ

ともえ庵、いかがでしたか?

地道にこつこつと商売をしているともえ庵。地元の人はともえ 庵が美味しいと知っているので通い続けるのです。

ぜひ、阿佐ヶ谷方面に行く予定があれば、ともえ庵に寄ってみて下さいね。

店舗情報
店名: たいやき ともえ庵
住所: 〒166-0004 東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-35-20

営業時間: 11時00~20時00(餡がなくなり次第終了)

定休日:月曜日

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。