120年以上続く老舗の人気店♪豊洲市場の「茂助だんご」

photo by 茂助だんご
https://www.mosukedango.com/

現在豊洲市場に本店がある「茂助だんご」は、市場が日本橋にあった頃から築地、そして現在の豊洲にかけて120年以上続く老舗の甘味処です。
だんご三兄弟のモデルにもなった代表銘菓「茂助だんご」は、午前中だけで1日に3000本以上も売れる人気のお団子です。
他にもどら焼きやあんみつ、雑炊などの甘味や軽食が揃っていて、朝食やちょっとした休憩にぴったり。
お土産にも喜ばれる、茂助だんごの美味しい甘味をご紹介します。

茂助だんごとは?

茂助だんごは、明治31年(1898年)に日本橋魚市場で創業しました。創業者の「福田茂助」の名前から付けられたお団子は、魚河岸名物として次第に人気となり、粋な手土産としても好まれたそうです。
茂助はお店に来たお客に、「お茶でも」と言いながら湯飲みに入れたお酒をふるまっていたそうで、茂助のユーモラスな人柄も人気の理由となったようですね。

茂助だんごの甘味は、自然の恵みである素材からこだわり、その魅力を最大限に引き出す熟練の技術によるお菓子作りが特徴です。
店名と同じ名が付けられた定番の「茂助だんご」は、だんご三兄弟のモデルにもなったことでも有名です。また、テレビでマツコデラックスさんが大絶賛したことでも人気が広がり、幅広い方から親しまれています。

茂助だんごの人気のメニューとは?

茂助だんごでは、一番人気の「茂助だんご」だけでなく、大福やどら焼き、饅頭や羊羹など様々な甘味や、豊洲本店のイートインスペースで楽しめるあんみつや雑炊などの軽食が取り揃えられています。
また、四季に合わせて春は桜餅やいちご大福、夏は水羊羹、秋冬には栗きんとんなどの季節限定商品や、年末年始や端午の節句、母の日などのイベント時の限定商品も人気です。
今回は、茂助だんごの定番人気商品を厳選してご紹介します。

茂助だんご

茂助だんごを代表する甘味「茂助だんご(餡190円・醤油170円※税込)」は、つぶ餡・こし餡・醤油の3種類あり、それぞれ人気があります。どれもシンプルながらも素材からこだわって作られており、北海道十勝産の小豆を使って作られる自家製の餡や、国産米のみを使う最高級の自家製上新粉などが贅沢に使用されていて、伝統的な製法で作られます。
餡は甘さ控えめで風味が良く、上新粉のお団子はもちもち。醤油はみたらしではなくお団子に香ばしく醤油で味付けしたシンプルさで、素材の美味しさを引き立たせてくれます。
賞味期限は当日中ですが、甘すぎずさっぱりとしているので何本でも食べられる美味しさ。甘いものが苦手という人でもおすすめのお団子です。

草餅

定番人気商品「草餅(380円/2個入り)」は、よもぎを粉末ではなく葉のまま上新粉に入れているのが特徴です。そのため、よもぎの香りや葉の歯ごたえまで感じることができる、濃い味わいの草餅です。餡はこだわりの自家製つぶ餡で、甘さ控えめ。
こちらも賞味期限が当日中ですが、茂助だんごと同様に人気の逸品です。

どら焼き

「どら焼き(190円)」は、奥久慈卵を使って作る、ふっくらしっとりした軽めの生地に、たっぷりの自家製つぶ餡をはさんでいます。すっきりとした上品な味わいは、日本茶はもちろん珈琲や紅茶にもぴったり。
どら焼きの他にもトラ焼きや抹茶蒸しどらもあり、トラ焼きには白餡、京都宇治抹茶を使った生地の抹茶蒸しどらにはこし餡が使われています。
こちらは8日間日持ちするので、すぐに召し上がらない時の手土産や贈り物にも人気があります。

雑煮

甘味以外にも「たまご雑煮(650円)」も朝食や軽食に人気があります。鰹と昆布、あごを使った自家製出汁に、焼き餅やかまぼこ、はんぺん、海苔に三つ葉が添えられたシンプルなお雑煮で、柚子の香りも漂いほっこりとさせてくれます。
プロならではの絶妙な焼き加減と柔らかさの焼き餅や、甘味処が作っているとは思えない本格的な出汁の味わいが人気で、寒い季節にほっと安らぐ美味しさです。

茂助だんごの店舗は?

茂助だんごの本店は、2018年10月に築地市場から豊洲市場に移転し、現在は豊洲市場の7街区の管理施設棟3階に店舗があります。
ゆりかもめの「市場前駅」で降りて、管理施設棟の一番奥にあります。

他にも銀座三丁目にある松屋銀座のデパ地下のお菓子売り場にも店舗があり、お団子やどら焼きなど、甘味が充実して取り揃えられています。
厳選された素材と伝統製法で作られる、美味しいお団子や甘味で、ゆったりとお茶を楽しんでみてはいかがでしょうか。

店舗情報

店名: 茂助だんご 松屋銀座店
住所: 東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座 B1F
営業時間: 10:00~20:00
定休日: 元旦

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧