普段もイベントの時も「カファレルのケーキ」を食べたい

photo by 神戸英国アンティーク 和魂洋才サロンhttp://kicodesu.jugem.jp/?eid=811
ケーキ

老舗チョコレート店として有名なカファレルですが、ケーキも素材のこだわりだったり見た目も遊び心あふれるデザインが目を惹きます。そんな「カファレルのケーキ」は日本でのみ発売されていてプレミア感があります。本店の神戸北野店では、ホテルイタリアンで経験を積んだシェフパティシェの赤保さんによって生み出される好奇心をくすぐる「カファレルのケーキ」に注目している人も多いことでしょう。

「カファレルのケーキ」でおすすめは?

「カファレルのケーキ」は、季節ごとに新作が登場するので、毎回ワクワクしている人もいるのではないでしょうか?ケーキのビジュアルも心を癒やしてくれるので、ノンビリ眺めながらゆっくり頂きたくなります。そんな「カファレルのケーキ」の中でおすすめなのが、カファレル神戸本店のほおずきのタルトです。カファレル神戸本店で限定販売されていて、タルト1グランプリで3位入賞したタルトなんです。ほおずきのみずみずしいフルーツ感とタルトとフィリングとのハーモニーが絶妙にマッチしていて食べ応え抜群。食用のほうずきがあるなんて知らなかったのでシェフの目のつけどころはスゴイですね。他にもお腹でも見た目でも満足させてくれるケーキがたくさんある「カファレルのケーキ」なんです。

「カファレルのケーキ」がスイカとコラボ!?

シェフの独創性で楽しませてくれる「カファレルのケーキ」。そんな「カファレルのケーキ」が通勤のおとも、交通電子マネーのSuica(スイカ)とコラボとは度肝を抜きました。見た目の再現度がとってもリアルで食べるのを躊躇しちゃう見た目なのです。これこそ職人の成せる技ですね。そして、この「カファレルのケーキ」は毎年限定250台ですぐに予約完売してしまうのだとか。これは話題性も抜群だし、「カファレルのケーキ」なら味は間違いないし、SNSユーザーはフォロワーが確実に増えそうな、映えるアイテムですし。毎年争奪戦になるのも納得です。そんな今年こそはゲットしたい「カファレルのケーキ」なのでした。

「カファレルのケーキ」テイクアウトでおうちカフェ気分

「カファレルのケーキ」はゆっくりイートインで食べていくのもいいけれど、スペースは限られているし、ゆっくり食べていく時間がないときは、テイクアウトするのもいいですね。今回テイクアウトしたのは、マリ〇ブラザーズに出てきそうなキノコ型のケーキ。甘酸っぱいムースでジュワッとフルーティ。夏場の暑い時もさっぱり食べられていいですね。それにしても「カファレルのケーキ」は可愛らしい見た目だから食べるのがもったいなく感じてしまいます。おうちで上等なお皿を用意しておうちカフェ気分を堪能出来ました。

「カファレルのクリスマスケーキ」はひと味違う

クリスマスシーズンになると、クリスマス飾りが街中を華やかに彩って心をワクワクさせてくれますよね。そんなクリスマスシーズンに登場する「カファレルのクリスマスケーキ」。スペシャル感を与えてくれるケーキたちでショーケースをのぞくのを毎年楽しみにしています。そしてクリスマスケーキといえば家族や友人、恋人と一緒に食べるホールケーキですよね。「カファレルのクリスマスケーキ」は、カファレルが生み出したジャンドーヤチョコレートをふんだんに使い、チョコレート感が濃厚で香り高く、クリスマスらしい大きなポインセチアを飾ったルックスでイベント気分を盛り上げてくれます。そんな「カファレルのクリスマスケーキ」で今年は特別なクリスマスにしてみませんか?

「カファレルのケーキ」の予約方法をおさえておこう

お誕生日にはこのケーキでお祝いしたいという時にはあらかじめ予約しておきたいですよね?カファレル北野本店では、来店出来ることが前提になりますが、カファレル専属パティシェによるアニバーサリーケーキの予約を電話や公式ホームページのお問い合わせフォームから1週間以上前から行っているようです。要望もきいてくれるところもいいですね。カファレルの名物キャラクターカブトムシくんがところどころにのった「カファレルのケーキ」らしいところも残しつつ、自分好みのクリームやフルーツなどをチョイスしてはいかがでしょうか?

お店情報
店名:紀の善 (きのぜん)

お店情報
店名:カファレル 東京駅グランスタ店 (Caffarel)

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅 グランスタ B1F

定休日:年中無休

営業時間:
[月~土] 8:00~22:00
[日・祝] 8:00~21:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。