イタリアから日本へ上陸「カファレル」が長く愛される秘密

photo by shaddyhttps://shaddy.jp/gs_front/shouhin/184501017/
ケーキ

1826年、イタリアトリノで創業者ピエール・ポール・カファレルによってチョコレート会社としてスタートした「カファレル」。そんな「カファレル」は190年以上に渡りイタリアの老舗チョコレートとして君臨し続けています。古くから愛され続ける「カファレル」の秘密を紐解いていきます。

チョコ好きにはたまらない「カファレル」のチョコレート

カファレルのチョコレートは最高級のカカオ豆を使用していて、香り豊かで濃厚な味わい。口に入れると滑らかな口溶けにチョコレート愛好家も大満足するのだとか。3世紀に渡り世界のグルメから愛される老舗チョコレートの「カファレル」は現在も多くのファンを夢中にさせ続けています。

「カファレル」のジャンドゥーヤはチョコレートの革命?

1865年に「カファレル」が発明したジャンドゥーヤ。ヘーゼルナッツとカカオを混ぜ込んだ当時としては新しいタイプのチョコレートで、厳選された材料と型を使わない製法はフ世界中のファンが多いとか。まさに「カファレル」の代表作と呼べることでしょう。原材料のヘーゼルナッツは世界一の品質のピエモンテ産のもので、ジャンドゥーヤに含まれる割合も28%とチョコレートにしては高い割合で含まれていることから、ナッツの香り高さも実現できているのだとか。「カファレル」のジャンドゥーヤの美味しさは長い歴史があるんですね。チョコレート好きにファンが多いのもうなずけます。

「カファレル」はきのこがシンボル?

「カファレル」は、カラフルな色使いのチョコレートを多数取り扱っていますよね。そんな「カファレル」でよく見かけるのが、きのこ型のチョコレート&ポットです。きのこ型ポットは食べ終わっても再利用出来るだろうし、プレゼントにもインパクトがあって喜ばれそうです。そしてなんと嵐の大野くんがドラマの現場にも差し入れしたことがあるのだとか。ファンも要チェックですね。ちなみに大きいきのこはたくさん入って3万円だとか。普段は手が出せない感じ・・。子供会やクリスマス会の催しに喜ばれそうなイベント感なので、ここぞというときに「カファレル」の大きいきのこを登場させたら楽しそうです。

「カファレル」ケーキのイートインはリッチな気分に

実店舗限定ではありますが、「カファレル」ではケーキも豊富にそろっているんです。
神戸の北野本店のイートインは、ケーキだけでなく、お皿やケーキのデコレーションも凝っていてお店の雰囲気も白を基調とした上品なたたずまいでゆったり食べられる雰囲気が素敵な「カファレル」のお店なんです。ティラミスをムースケーキに変身させてチョコポーネはイートイン限定なので、食べに行く価値大。さすがチョコレートが有名なだけあってチョコレートが濃厚。ムースの口溶けも心地よい。盛り付けもゴージャスな飴細工で映えますね~。「カファレル」のケーキは裏切らない。私ベストのケーキにランクインしました。

「カファレル」のカロリーはやっぱり高いの?

現在ダイエッターの人でカロリーを控えている人はチョコレートを避けがちなのかもしれません。「カファレル」のチョコレートもやっぱりカロリーが高いのでしょうか?今回はチョコレート好きにファンの多いジャンドゥーヤのチョコレートのビターをチェックしてみました。お値段も1000円以下でお手軽に思います。口に入れると柔らか食感で口溶けもたまらない。ヘーゼルナッツの香りも堪能出来て余韻も楽しめました。そして食べた後ではありますが、肝心のカロリーはというと、100グラムで600キロカロリー。チョコにナッツだから高カロリーなのは否めないのかも・・。でもこれだけ美味しかったらダイエットしていても割り切って食べてしまいたい・・。そんな魔力を「カファレル」は持っている。

お店情報
店名:カファレル 東京駅グランスタ店 (Caffarel)

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅 グランスタ B1F

定休日:年中無休

営業時間:
[月~土] 8:00~22:00
[日・祝] 8:00~21:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。