青森県民に愛されて150年以上の「津軽飴」の魅力を紹介♪

この記事では青森の人気銘菓 津軽飴の魅力について紹介しています。津軽飴はシンプルな味わいととろっとした食感が特徴で、地元青森だけではなく他県でも人気が高い水あめです。

ぜひ津軽飴や青森の魅力を知ってください。

津軽飴とは

津軽飴はでん粉と麦芽から取れた天然甘味料を使い作られた、自然な味わいが特徴の水飴です。子供から大人まで愛され、青森の銘菓として市民権を得ています。

砂糖に比べマイルドで香ばしく、どこか懐かしさを感じる甘さです。昔ながらの製法で作られ続けているので、津軽飴を食べると懐かしいと感じる青森県民が珍しくありません。

元々は滋養強壮の薬として扱われていたのですが、年齢を問わず庶民になじみ深いお菓子として愛されています。

そのまま食べるだけではなく甘味料としてさまざまな食品に使うことができるので、とても使い勝手のいい商品です。津軽飴缶にはねぶたの絵が描かれ、飾っているだけでも青森を感じさせます。

津軽飴本舗 有限会社上ボシ武内製飴所

津軽飴を製造しているのは、津軽飴本舗 有限会社上ボシ武内製飴所です。1858年創業以来、150年以上変わらぬ味を守り続けています。

看板商品である津軽飴缶のほか、林檎羊羹・果汁ゼリー・林檎菓子と多くの商品を扱っているので、さまざまな年代に愛されているブランドです。

津軽飴の作り方

津軽飴はくず米をお粥状態にした後、麦芽を加え大きな窯で煮詰めることで作られます。大きな窯をこれまた大きなヘラでぐるぐると回しながら作るので、とても骨が折れる作業です。

その後、ねぶたの絵が印象的な缶に津軽飴を入れ、津軽飴缶にしていきます。シンプルながらおいしい津軽飴は、伝統を守った職人たちの技によって出来上がっていくのです

津軽飴を間に挟んだ津軽飴せんべい

津軽飴を使った一番ポピュラーな食べ方は、南部せんべいで水飴を挟んだ「飴せんべい」です。とろっとした津軽飴と香ばしい南部せんべいのバランスが良く、子供から大人までおいしく食べることができます。

さまざまなレシピに活用できる津軽飴

津軽飴はとても使い勝手がいいので、さまざまなレシピに活用ができます。たとえばホットケーキにはちみつ代わりにかける・トーストにかける・パンに挟むといった感じで、パン系の食品との相性がばっちりです。

そのほかにも煮物や飲み物に砂糖代わりに使うといった方法もあるため、さまざまなレシピに活用することができます。ただあまりに使いすぎるとカロリーオーバーなることがあるため、使う量には気を付けるようにしましょう。

津軽飴は通販でお取り寄せ可能

津軽飴は東京のアンテナショップ あおもり北彩館 東京店や青森空港内の販売店、または通販でも購入可能です。

津軽飴本舗 有限会社上ボシ武内製飴所のHPからはヤフーショッピングにリンクされており、ヤフーショッピングで津軽飴をはじめ、色々な商品を買うことができます。

ご利用はこちら↓

ヤフーショッピング