大阪らしさ満点!バームクーヘンが有名な「マダムシンコ」 

マダムシンコは、大阪に本店をもつスイーツ店です。マダムシンコの看板商品は、バームクーヘン。一般的なバームクーヘンの特徴である、「年輪」がありません。焼き方にもこだわり、中央はしっとりと硬め、外側層はふんわり軽めに仕上がっています。この2つの食感が一度に楽しめるのは、おもしろいですね。そんなマダムシンコのおすすめ商品を見ていきましょう。

マダムシンコとは?バームクーヘンができた理由は?

マダムシンコは、川村信子さんという方が経営しているスイーツ店です。様々な経歴を持つ川村信子さん。2006年にケーキ屋としてブランドが誕生しましたが、パティシエと折り合いが上手くいかず困っていたところ、バームクーヘンの機械を見て一念発起してバームクーヘンを作ることに。それからマダムシンコの人気ぶりは凄いことに!

一時メディアでも多く取り上げられていたのでマダムシンコを目にしたことのある人もいるのでは?マダムシンコの大人気スイーツはマダムブリュレという商品です。凄く売れているらしいです。

マダムシンコのスイーツはもはや大阪名物と言っても過言ではありません。

マダムシンコ人気No.1!ぱりぱり食感が堪らない、マダムブリュレ

一番人気は、パリッとした食感が楽しめるマダムブリュレ。メディアで何度も紹介されている、評判の商品です。こだわりの食感の秘密は、メープルシュガーとフランス産赤砂糖のカソナードを使用したキャラメリーゼにあります。
クリームブリュレの様な、キャラメリゼしたアメのパリッとした食感が、他のバームクーヘンにはない美味しさです。マダムブリュレは、食べ方によって食感が異なります。
常温・加熱・冷凍の3種類をおすすめしていますよ。冷凍は、キャラメリーゼがよりパリッとし、バームクーヘンもアイスクリームを食べたかのような舌触りに。温めると、キャラメリーゼが溶け出し、バームクーヘンにしみ込みます。さらに甘さが際立ち、しかもパリッとした食感も残るんです。
マダムシンコのマダムブリュレは、どっしりと詰まっていて甘さが濃いのも特徴。ブラックコーヒーやストレートティーと相性がいいですね。
価格1500円(税抜) 賞味期限 未開封用冷蔵10日間。

オリジナリティーが溢れ出す!シュークリームのキングコーン

ソフトクリームに似た形のシューの中には、メープル風味のカスタードがたっぷりと詰まっています。シューは食感にこだわり、黒糖の風味が香るクッキー生地。ボリューミーなのに甘すぎないため、飽きない味に仕上がっています。マダムシンコが贈る、個性的なシュークリームです。
価格1つ500円(税抜) 賞味期限 当日

季節限定品も!春季限定とろキャラチーズバーム

この時期限定のバームクーヘンもあります。バウムの上に半熟チーズスフレの生地を乗せ、その間にはキャラメルがサンドされているのです。切った断面からとろけだすキャラメルはとても濃厚そうで、食べてみたいですね。
価格1700円(税抜) 賞味期限 未開封用冷蔵5日

マダムシンコでは時期ごとに季節限定のバームクーヘンが発売されています。また、店舗限定品も。行ける方はぜひ頻繁にマダムシンコを訪れてみて下さい。

パッケージは、ショッキングピンクとヒョウ柄

マダムシンコのパッケージは、「気分が華やぐ」をコンセプトにしています。ショッキングピンクとヒョウ柄の印象が強いパッケージは、まさに大阪テイスト。派手な見た目が、どんなお菓子が入っているのかワクワクさせますね。パッケージは在庫があれば、好きな方を選べるそうですよ。このパッケージは強い印象に残るので、お土産としても面白いですね。

マダムシンコの店舗は?

マダムシンコのお店は、大阪に3店舗あります。オンラインショップでも取扱いしていますよ。ただし、送料が1000円かかります(地域による)。残念ながら、送料無料のところは見つかりませんでした。

マダムシンコの 箕面本店でイートインはいかが?

マダムシンコは店舗ごとの内装やショーケースも見所で、特に箕面本店はマダムシンコの世界がとてもよく表れています。販売スペースの隣の喫茶スペースではマダムブリュレセットなどを頂けます。

ちょっと煌びやかな空間で、セレブ気分を味わいたいという方にもマダムシンコはおすすめです。

お店情報
店名:マダムシンコ 箕面本店

住所:大阪府箕面市今宮4-10-44

営業時間: 10:00~20:00(喫茶は~18:00)

お店情報
店名:マダムシンコ 彩都店

住所:大阪府箕面市彩都粟生南2-12-62アシューレ彩都1F

営業時間: 10:00~20:00(喫茶は~19:00)

お店情報
店名:マダムシンコ 大丸梅田店

住所:大阪府大阪市北区梅田3-1-1 B1西

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。