• HOME
  • コラム
  • ケーキ
  • こだわりの自家焙煎珈琲と美しいケーキが魅力の「カフェタナカ」で贅沢なひとときを

こだわりの自家焙煎珈琲と美しいケーキが魅力の「カフェタナカ」で贅沢なひとときを

photo by カフェタナカhttp://www.cafe-tanaka.co.jp/

名古屋にある「カフェタナカ」の本店は、レンガ造りの建物に草木が生い茂り、まるでフランス・パリに来たかのような雰囲気のたたずまいをしています。その外観は、思わずここが日本であるということを忘れてしまいそうになるほど。
少し緊張しながら扉を開けると、そこにはショーケースに並ぶ数々の美しいケーキと、趣のある広々とした店内が広がっています。
そんなゆっくりとした時間が流れる、自家焙煎珈琲と美しいケーキたちが自慢の老舗喫茶店、「カフェタナカ」の魅力をたっぷりとご紹介していきましょう。

「カフェタナカ」の繊細なケーキメニュー

「カフェタナカ」で作られるケーキは、ひとつひとつの素材にこだわりを持っています。日本に限らず世界各地の生産者の元へ赴いて、食材の味や作り手の思いを直接感じることを大切にしているそう。
「カフェタナカ」のこだわりのケーキメニューの中から、ぜひ食べてみてほしいケーキをご紹介します。

「カフェタナカ」の代名詞”モンブラン”

「カフェタナカ」の代名詞とも言われる”モンブラン”は、シェフが最も愛し、感動したスイーツのひとつです。
モンブランの美味しく食べられる期間は出来上がってからわずか4時間程とされており、このことからも強いこだわりがうかがえます。
さっくりもっちりしたダックワーズを土台に、6時間かけて焼成しキャラメル化したメレンゲ。「カフェタナカ」オリジナルの配合のマロンクリームと、栗の美味しさを際立たせる生クリームの組み合わせは口の中で一体となり幸福感をもたらします。
さらに、トップにのせた渋皮煮も存在感抜群。「カフェタナカ」の看板商品でありながら、栗の最も美味しい季節でしか食べることができない”モンブラン”は必ず食べて頂きたいケーキの一つです。
”モンブラン”は「カフェタナカ 本店」と「カフェタナカ 稲沢文化の杜店」で販売されています。
●モンブラン
 値段 621円(税込)

フルーツたっぷり「カフェタナカ」のタルト

旬のフルーツを楽しめるよう季節ごとに種類が変わる「カフェタナカ」のタルト。
今一番美味しいフルーツを厳選し、ふんだんに使用しています。「カフェタナカ」では苺や桃、マンゴー、シャインマスカットなど様々なフルーツを使い、見た目も華やかな愛らしいタルトがショーケースの中でひと際目立ちます。使われているフルーツは直接生産者の方から届けられているため、美味しさはもちろん、新鮮で安全なのも嬉しいところ。
訪れる度に種類が変わるカフェタナカのタルトは見逃せませんよ。
●タルト・オ・シトロン
 値段 540円(税込)
●苺のタルト
 値段 1,080円(税込)

「カフェタナカ」で人気の焼き菓子

「カフェタナカ」で人気があるのはケーキだけではありません。お土産などにも喜ばれる焼き菓子も美味しいと評判です。
定番であるからこそ、味の違いに個性が出る焼き菓子。「カフェタナカ」のお菓子は、ひとつひとつに深いこだわりがあり繊細です。数あるお菓子の中でも、特に人気のある焼き菓子をご紹介します。

並ぶほど人気の”クッキー缶”

見た目もオシャレな「カフェタナカ」のクッキー缶。一枚一枚全て手作りである事はもちろん、缶へ詰めるのも人の手で想いを込めて詰められているのだとか。

缶を開けた瞬間、バターの香りがふわっと香り幸せなティータイムのお供にぜひおすすめです。

「カフェタナカ」のクッキー缶は、人気のため販売後すぐに売り切れてしまうのだとか。
そんな入手困難なクッキー缶、実は「カフェタナカ ジェイアール名古屋タカシマヤ店」で買うことが可能です。また、百貨店での催事にも「カフェタナカ」は時々出店しているので、こちらも要チェック!販売時期を逃さないようにしましょう。

●REGAL DE CHIHIRO
 値段 4,995円(税込)

昔ながらの”マカロン”

「カフェタナカ」の”マカロン”は昔ながらの製法を大切にし、スペインやイタリアなどで採れる上質なアーモンドを使用しているそう。マカロン独特のほろほろともろい食感が絶妙な「カフェタナカ」の自信作です。

フレーバーは定番のショコラやフランボワーズをはじめ、塩キャラメルやオリーブなどの一味変わったものもあります。カラフルで見た目にも可愛らしい”マカロン”は贈り物にも最適ですね。

自家製食パンを楽しむ「カフェタナカ」のモーニング

「カフェタナカ 稲沢文化の杜店」限定商品である、”パティシエの作った自家製生食パン”。「カフェタナカ 本店」のモーニングで楽しむことができます。食材にこだわった自慢の自家製生食パンは、柔らかさと香りが超リッチな逸品。

こちらのモーニングは1日限定20食だそうで、このスペシャルモーニングを目当てに訪れるお客さんも多いのだとか。売り切れてしまう前にできるだけお早めに足を運んで下さいね。

●厚切りトーストセット(自家製コンフィチュール付)ドリンクセット
 値段 660円(税込)

●厚切り小倉トーストセット(自家製シャンティクリーム付)ドリンクセット
 値段 750円(税込)

「カフェタナカ」のおすすめランチメニュー

「カフェタナカ」のモーニングをご紹介しましたが、もちろんランチも美味しいのでお昼時にも賑わっています。見た目のインパクトと本格的な味わいに、リピーターさんも多いようです。いち押しのランチメニューを2つご紹介します。

見た目も豪華な”ガレットランチ”

サクサク、もっちりとした食感が楽しい”ガレット”がおすすめ。ヘルシー志向の方にも人気のガレットですが、「カフェタナカ」ではフランス・ブルターニュ地方のそば粉100%で作られています。
5種類の野菜をたっぷり使った”サラダガレット”や、ハムと卵を使った定番ガレットなど、本格的なその味わいは一度食べれば必ずリピートしてしまうはず。
●本日のサラダガレット
 値段 1,200円(税込)

復刻メニュー”鉄板ボロネーズ”

「カフェタナカ」の創業当時から人気の鉄板スパゲティ。中でも復刻メニューとして話題の”鉄板ボロネーズ”がおすすめです。
じっくりと煮込まれた自家製ミートソースが食欲をそそります。隠し味にはなんと八丁味噌を使われているのだとか。深いコクのある味わいで食べる手が止まらない美味しさですよ。
●鉄板ボロネーズ
 値段 1,250円(税込)

「カフェタナカ」はテイクアウトや予約はできる?

「カフェタナカ」の美味しいケーキは、「カフェタナカ 本店」と「カフェタナカ 稲沢文化の杜店」で購入することができます。カフェで頂けるのはもちろんのこと、テイクアウトをしてお家でも楽しめますよ。
カフェの席予約についてはできないようですが、アフタヌーンティーは電話での予約が必要とのこと。前日の午前中までに予約をして下さい。

<お問い合わせはこちら>
カフェタナカ 本店 052-912-6664
カフェタナカ 稲沢文化の杜店 0587-21-9700

「カフェタナカ」の通販情報

「カフェタナカ」の公式オンラインショップでは、焼き菓子やアイスケーキ、「カフェタナカ」オリジナル缶に入ったジェラートなどが通販で購入できます。
遠くてなかなか店舗まで足が運べないという方でも、焼き菓子やアイスがお取り寄せできるので嬉しいですね。しかし、クッキー缶は人気のため販売後すぐに売り切れてしまうようです。販売時期を逃さないようにしましょう。
公式オンラインショップ
cafe-tanaka.cake-cake.net/index.phtml

「カフェタナカ」の店舗情報

「カフェタナカ」は現在名古屋や大阪に4店舗を構え、そのうちカフェ併設店は2店舗。忙しい日々の中にゆったりとした時間を提供しています。

「カフェタナカ 本店」ではピアノの生演奏が催されたり、クラシカルな店内や気持ちの良いテラス席も用意されています。その他に、複合施設のある「カフェタナカ 稲沢文化の杜店」では併設される書店で購入前の本を持ち込めるなど、店舗ごとに楽しみ方が異なってきます。

「カフェタナカ 阪急うめだ店」と「カフェタナカ ジェイアール名古屋タカシマヤ店」はお菓子の販売のみとなりますが、お土産やギフトに行列ができる事もしばしば。東京など関東には常設店舗はありませんが、日本橋三越へ催事出店されていた事もあるので今後の催事出店も楽しみに待ちましょう。

コロナウイルス感染拡大の影響により営業時間を短縮したり、席数を減らして営業する場合もありますので、事前に確認の上訪れるようにして下さいね。

「カフェタナカ ジャズ店」は2022年8月に閉店しています。

公式ホームページ
www.cafe-tanaka.co.jp/

店舗情報
店名カフェタナカ 本店
住所:名古屋市北区上飯田西町2-11-2
営業時間: カフェ 平日9:30~17:30 土日祝日 8:30~17:30/ケーキショップ10:00~18:30
定休日:無休
店舗情報
店名カフェタナカ 稲沢文化の杜店
住所:愛知県稲沢市稲沢町前田255番地
営業時間: カフェ 平日9:00~17:30 土日祝日 9:00~18:30/テイクアウトショップ10:00~18:30
定休日:無休