札幌の「ファビュラス」はスイーツがおいしいおしゃれでアートなカフェ

photo by ファビュラスhttps://www.rounduptrading.com/index.html

札幌の中心部にあるオシャレカフェ「ファビュラス」。店内にはセレクトショップが併設されていたり、アーティストの作品が展示されていたりと、料理を楽しむだけでなく、ショッピングや芸術も楽しめるところが魅力です。今回はそんなファビュラスの魅力や人気のメニューをご紹介しましょう。

すべてがハイセンスなファビュラス

多くのカフェが立ち並ぶ大通りエリアの中でも、ひときわ人気を集めるのが「ファビュラス」です。なかでも若者に人気が高く、「札幌でオシャレなカフェといえば?」と聞くと、大抵ファビュラスの名前が出てくるほど。

そんなファビュラスが誕生したのは、2005年のこと。インテリアデザイナーの妻倉さんがプロデュースをしました。外観、店内ともにハイセンスなのは、妻倉さんの力が大きいのでしょうね。

外観はコンクリート打ちっ放しのシンプルで無機質な印象。しかし一歩店内に入ると、吹き抜けで開放感があり、インテリアはアンティークの木目調で温かみのある雰囲気となり、印象が一転。居心地が良くてついつい長居したくなりますよ。

さらにファビュラスには無料のWi-Fiが完備されており、パスワードがメニュー表に記載されています。こんな細かな配慮も人気の秘密でしょう。「好きなだけゆっくりしていってくださいね」と言われているようで嬉しい気持ちになりますね。

そんなファビュラスのコンセプトは、衣食住とアートを融合した空間。店内ではアート作品の展示やセレクトショップの運営なども行っています。食事だけでなく、ショッピングや芸術などさまざまな楽しさを味わえるところがファビュラスの魅力です。

ファビュラスに併設されたセレクトショップには、ファッションやインテリアアイテムが販売されています。どれもシンプルで使い勝手が良く、それでいてハイセンスなものばかり。アートショップも併設されており、札幌を中心とした作家さんの作品が並んでいます。食事に来たはずなのに、ついついショッピングに夢中になってしまうことも。

ファビュラスといえば、月ごとに変わる壁画アートも話題です。美術館に行ったような気分を味わえますよ。毎月足を運んでいるうちに、お気に入りのアート作品と出会えるかもしれませんね。

ファビュラスのメニューは、訪れる時間帯や季節によって変化しますが、種類が豊富で満足できるものばかり。モーニングにはお得なセットメニュー、ランチはオシャレ系からガッツリ系まで幅広い食事メニュー、ディナーは道産食材を使用した本格的な食事メニューやお酒に合う前菜、軽くお茶したい方にはスイーツメニューなど、どれも味も見た目も絶品ぞろい。何度も足を運びたくなりますよ。なかでも1番人気なのがそば粉のガレット。おしゃれで軽い見た目なのに、意外と食べ応えがあり満足感があります。

ファビュラスの人気スイーツメニューは?

ファビュラスには、おしゃれでおいしいスイーツメニューが揃っています。その中から特におすすめのものをご紹介しましょう。

スイーツプレート

ファビュラスの自家製スイーツの盛り合わせです。一度にいろいろ楽しめるので、お得ですね。ジェラートは季節によってフレーバーが変化します。こちらはカフェタイム限定のスイーツです。価格は税込み1,080円です。

フルーツサンド

カットした断面がカラフルでかわいいフルーツサンド。ファビュラスのフルーツサンドは、ヨーグルトの入ったクリームなので、後味がさっぱりしているのがポイント。生クリームが苦手な方でも食べやすそうですね。価格は税込み980円です。

パフェ

ファビュラスのスイーツメニューの中で特に人気があるのがパフェです。パフェはランチタイムとディナータイムで注文可能。札幌ではおなじみのしめパフェに利用する方も多いのだとか。見た目が華やかなところも、ファビュラスのパフェが人気の理由です。

■珈琲ゼリーパルフェ

ファビュラスオリジナルのブレンドコーヒーをたっぷり使ったちょっぴりほろ苦い、大人味のパフェです。コーヒーの苦さとバニラアイス、ホワイトコーヒープリンのハーモニーは絶妙。パフェの上にはベリーやショコラがあしらわれており。深い味わいを楽しめます。甘すぎないので、くどくなく、飽きずに最後まで食べられますよ。

こちらのパフェはランチタイムと、ディナータイムで注文が可能。流行りのシメパフェとして利用することもできます。価格は税込み1,200円です。

■大人のいちごパルフェ

イチゴとミルクのジェラート、苺飴などがグラスに盛られ、おしゃれな見た目。「ちょっと量が少ないかな?」と思いきや、意外とボリュームがあって満足感を得られます。価格は税込み1,400円です。

■ベリーベリーパフェ

女の子が大好きな要素の詰まったベリーベリーパフェは、上にシュークリームやチーズクリーム、ベリーのジュレがトッピングされており華やかな印象。ボリュームがあり食べ応えも十分です。

ベイクドチーズケーキ

濃厚に焼き上げたニューヨークスタイルのチーズケーキと、フランスのチーズケーキクレームダンジュの2種類が皿に盛られています。チーズケーキが好きな方にはたまりませんね。

パンペルデュ

パンペルデュは、フランス語で「フレンチトースト」という意味。こちらのメニューはランチタイムのものです。卵をたっぷり浸したバゲットは、オーブンでカリッと焼き上げ、バニラアイスとバナナのキャラメリゼソースを添えて。アツアツのフレンチトーストと、冷たいバニラアイスのコントラストがたまりません。ランチタイムには、300円プラスするとドリンクがセットになります。なお現在も提供されているかは不明ですので、確認してみてくださいね。

季節限定人気スイーツ

ファビュラスのスイーツは、季節限定メニューも豊富です。ここでは、2021年の春メニューをご紹介しましょう。

■苺と抹茶のパルフェ
イチゴと抹茶、小豆を合わせた和風パフェ。イチゴの赤と抹茶の緑が、春を感じさせますよ。価格は税込1,500円です。

■ベリーベリー・チーズケーキ
チーズドリンクに、相性抜群なミックスベリーを合わせたチーズケーキのような味わいのドリンクです。爽やかな酸味で、すっきりとした後味です。こちらは税込850円です。

ファビュラスにはオンラインショップも

ファビュラスで販売している洋服や雑貨などは、オンラインショップで購入することも可能です。スイーツ類は購入できませんが、オリジナルコーヒーやハーブティーは購入可能です。オンラインストアもおしゃれな雰囲気で、眺めているだけで優雅な気分になりますよ。ゆっくりおうちでショッピングを楽しんでみては?なお、送料は、お住まいの場所や購入したものの大きさなどによって異なります。

オンラインショップで通販する
www.harmonics-shop.com/

ファビュラス近郊には観光スポットもたくさん

札幌観光のついでにファビュラスに寄ってみたいなという方もいるのでは?そんな方のために、ファビュラスの近くにあるおすすめ観光スポットをご紹介しましょう。ファビュラス同様、アートなスポットが目白押しですよ。

北海道知事公館

地元の方もあまり出向いたことのない、知る人ぞ知るスポット。道立美術館に隣接しており、敷地内には安田侃など著名な彫刻家の作品が点在し、三岸好太郎美術館もあります。
住所:北海道札幌市中央区北1条西16丁目

さっぽろテレビ塔

ファビュラスから徒歩数分とすぐ近くにある観光スポットです。上まで登ると、札幌の街並みを一望できます。大通公園内にあるので、大通公園を散策がてら立ち寄るのもおすすめです。
住所:北海道札幌市中央区大通西1丁目

モエレ沼公園

ファビュラスからは少し離れますが、ぜひ一度は足を運んでほしいスポットです。彫刻家イサム・ノグチが設計した公園で、いたるところにイサム・ノグチの作品が。子どもの遊具も作品になっており、遊びながらアートにも触れられる、ステキな空間です。この公園には、モエレ山という小高い山があるのですが、これはなんとゴミを積み上げて作っているのだそう。四季折々の美しい風景も楽しめますよ。
住所:北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1

札幌のおしゃれカフェを探している人はファビュラスへ

ファビュラスは、お店の外観も内装もメニューも、全てがおしゃれ。しかも味も絶品です。デートや女子会などで札幌のおしゃれカフェを探している方におすすめです。地元の方も観光客の方も、ぜひファビュラスに足を運んでみてくださいね。

ファビュラスの店舗情報

ファビュラスは、地下鉄東西線のバスセンター駅から徒歩1分ほどのところにあります。地下鉄東豊線大通駅からは徒歩5分ほどです。中心部のもっとも賑わっているところからは少し外れており、落ち着いた雰囲気です。

店舗情報
店名:ファビュラス
住所:北海道札幌市中央区南1条東2丁目3-1 NKCビル1F
営業時間:
カフェ&レストラン / 8:00 ~ 23:00 (L.O. フード22:00、ドリンク22:30)
ファッション&インテリア / 11:00 ~ 20:00
定休日:無休

※営業時間等が変更になっている場合があるので、公式HP等をご確認ください。