一度食べたら虜になる!?ラブリコチエのこだわりスイーツ

ケーキ

白基調にオレンジ色が目立つ外観の店舗がラブリコチエです。ラブリコチエとはフランス語です。日本語での意味は「杏の樹」で、店舗外観の色はオレンジ色と表現するよりラブリコチエにちなんだ杏色だという方が適切です。2009年にオープンして以来、メディアでも取り上げられる程の大人気店です。有名店での修行や渡仏経験を活かしたラブリコチエのシェフこだわりのスイーツを提供してくれます。

絶賛の嵐!ラブリコチエのケーキと焼き菓子

ラブリコチエには人気の定番メニューはもちろんのことですが、季節限定のケーキメニューも有名です。毎年季節限定メニューを楽しみにしているラブリコチエのスイーツファンも多いです。可愛い見た目やお洒落な名前のケーキは味も絶品です。焼き菓子もラブリコチエでは人気のスイーツです。自分用でもプレゼントでも嬉しい品となることは間違いありません。

ラブリコチエならではのモンブラン

ラブリコチエのモンブランは秋冬限定スイーツです。ラブリコチエのモンブランは始めからショーケースで売られているのではなく、注文してから作られるというこだわりようです。作りたてのモンブランの賞味期限はたったの1時間です。メレンゲの上に絞られた生クリーム、マロンクリームが美味しいと評判です。絞りたてのクリームの柔らかさや栗の香りを満喫できます。もちろんイートインも可能です。

ラブリコチエが提供するラブリコチエ

ラブリコチエという店名と同じ名前のラブリコチエというケーキが販売されています。杏色の店舗のように、ラブリコチエもマカロンがのった可愛い杏色のケーキです。中にはアーモンドムースや杏が詰まっており、生地はヘーゼルナッツでできています。ラブリコチエを代表するケーキの一つです。

ラブリコチエの焼き菓子の一つ「クレオル」

食べた人の多くが絶賛する焼き菓子がラブリコチエの「クレオル」です。一見クリームサンドサブレですが、栗のサンドと呼ばれることもあるクレオルは栗やアーモンドの風味、サブレの食感が楽しめる手間のかかった逸品です。季節限定の焼き菓子です。季節限定の商品の販売期間などはラブリコチエの店舗等で確認して下さい。

ラブリコチエの場所や営業時間は!?

ラブリコチエでは季節限定のケーキはもちろんのこと、定番ケーキでも人気の種類は早い時間に売り切れている場合があります。確実に目的のスイーツを食べるためにも早めに訪れましょう。早めの時間に行けない場合、電話で取り置きを依頼する人もいます。

ラブリコチエの店舗情報
[店舗]東京都中野区大和町1-66-3
[電話]03-5364-9675
[営業時間]10:00~19:00(イートインは11:00~)
[定休日]月曜(他不定休有り)

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。