チョコレートは腐らない?!賞味期限や保管方法を徹底調査

チョコレート ギフトチョコレート ギフト

お土産やプチギフトでもらってついついそのまま忘れてしまいがちなチョコレート。

ご褒美チョコで買ったものの、もったいなくて手が付けられず日が経ってしまう。

賞味期限は記載されているものの、「このチョコレート大丈夫かしら?」と思いますよね。

今回はチョコレートの賞味期限について調べてみました。

賞味期限と消費期限

賞味期限とは美味しく食べられる期限であり、賞味期限を過ぎたら食べられなくなるわけではありません。

消費期限は安全に食べられる期限です。

混同している人も多いですね。

チョコレートの賞味期限はどれくらい?保存期間の目安は?

一般的なチョコレートの賞味期限は半年から1年と、他のスイーツに比べると長いです。

長いものだと2年くらいの賞味期限が記載されているものをあります。

ご存知の通りチョコレートは、カカオマス、ココアバター、砂糖、ミルクを原料としており、ほとんど水分が含まれていません。

そのためマカロンやクッキーなどと異なり、賞味期限を過ぎてしまっても腐ることは滅多ありません。

ただ生クリームが入った生チョコレートは腐りますので、賞味期限内に食べきりましょう。

常温で保存したチョコレートの保存期間の目安は短いもので1ヶ月、長いもので2年以上。例をあげると、たくさんの人がよく利用するスーパーやコンビニなどで販売されている板チョコは約1ヶ月が目安

冷蔵で保存した場合は2年ほどが目安。

あくまで目安であり、賞味期限内になるべく早めに食べるのが一番美味しく頂く方法です。

賞味期限過ぎても食べられる?

腐らないってことは、賞味期限が過ぎても食べられるの?と思いませんか?

賞味期限が1から半年くらいなら食べるという方も多いでしょう。

ただし「風味」「食感」など変わってしまっている可能性があります。

賞味期限は「美味しく食べられると保証された期間」ですから、やはりその期間内に食べることをおススメします。

常温?冷蔵や冷凍保管できる?おすすめの保存方法

おススメの保存方法は、28℃以下の常温です。

チョコレートを美味しく食べる最適温度は15~22℃です。常温で販売されるチョコレートは常温保管でOK。

室温が28℃を超えるとチョコレートが溶けて、変質し風味が損なわれます。夏は要注意。

チョコレートケーキやガナッシュチョコレートなどは冷蔵保存にして下さい。店で冷蔵販売の商品は基本冷蔵で保管!

冷凍に関して、チョコレートの冷凍保管はあまり聞きませんが、できないことはありません。 しかし、チョコレートの脂肪分が固まってしまって偏食や風味 、食感などの劣化は避けられません。冷凍保存用の方法や解凍方法もあるようですが、結構な手間です。賞味期限があっても腐らないので、敢えて冷凍にする必要もないと言えます。

ゴディバが推奨する保存方法を紹介!

美味しいご褒美チョコのパイオニア的存在のゴディバでのチョコレートの保存方法をどのように紹介しているか、調べてみました。

・風味や美味しさを楽しみ頂くには、高温・多湿を避けて涼しい場所(15~18℃、湿度50%前後が理想)に保存し、なるべく早くお召し上がりください。

・冷蔵庫に保存する場合は、他の食品の臭いが移らないようにしっかりと密閉し、チョコレートを箱ごと、ビニール袋などに入れて野菜室に保存します。お召し上がりいただく時は、ビニール袋に入れたまま冷蔵庫から取り出し、室温になるまで置いてからお召し上がりください。

やはりチョコレートは風味や食感が命ですから、頂いたり購入したらすぐに食べるのが一番ですね。

ちなみにゴディバはアウトレットで賞味期限が短くなった商品をセール価格で販売していますよ。

手作りチョコレートの賞味期限の目安

手作りチョコレートは保存料を使わないため、市販のものよりは賞味期限は短いと考えておいて良いです。3、4日程で食べるようにするのが理想的です。使う材料によっては冷蔵保存が良いですが、大体は常温保存で大丈夫です。

注意したいチョコレートの種類

一言でチョコレートと言っても種類はいろいろあります。賞味期限は平均的なものであり、1種類ずつを見ると賞味期限は全然異なります。例えばガナッシュチョコレートだと 短ければ2、3日、長くても1ヶ月ぐらいです。 生チョコの場合は長くても一週間なので要注意。手作りの場合はさらに賞味期限は短いと考え、すぐに食べてしまう方が良いでしょう。ナッツ入りも要注意。賞味期限が短くなるので、市販品は賞味期限を確認して下さい。プラリネの保存期間は2~3カ月、リカーボンボンはも常温で2~3カ月程度です。ピールチョコレートはドライフルーツによって違うので賞味期限は確認して下さい。

その他の注意事項

チョコレートを保存する際は、強い匂いを発するものと一緒に置かないように注意しましょう。におい移りがしてチョコレートの風味が失われてしまいます。またチョコレートを不注意で高温度にさらしてしまい溶けてしまった場合、 再び固めても元のおいしい状態には戻りません。風味が損なわれるので溶けないように保管には注意しましょう。

チョコレートの賞味期限 まとめ

いかがでしたか?

チョコレートの種類によっても賞味期限は異なります。

結局は早く食べるのが一番です。もったいないといいながら風味を損なうより、美味しい状態の時に食べてあげましょう。

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧