上品なのに親しみやすい「パティスリーラヴィドゥース」の魅力

新宿ひとりグルメ探索記 by https://miy5.info
ケーキ

2001年東京都新宿にオープンした「パティスリーラヴィドゥース」。有名シェフが手掛けているにも関わらず、店内のスイーツはどれも親しみやすく温かみのあるものばかり。そんな魅力あふれるラヴィドゥースのスイーツの、とりこになる方が続出しています。今回はそんなラヴィドゥースの魅力に迫ってみましょう。

ラヴィドゥースとは?

ラヴィドゥースは、シェフパティシエである堀江新さんが手掛ける、フランス菓子のお店です。シェフパティシエの堀江新さんは、フランスで修業後、銀座和光のケーキショップ「ルショワ」でシェフを務めていました。

その後2001年に独立。新宿に「パティスリーラヴィドゥース」をオープンしました。現在は横浜にも店舗があります。

堀江さんは世界の名だたる大会で優勝した経歴の持ち主。それにもかかわらず堀江さんの作るケーキは、さりげない個性を放ちつつも、自己主張しすぎない親しみやすいものばかり。そんなところが人気の秘密なのかもしれません。

クリスマスに、特別な日のお祝いに、ちょっとした手土産にと、日常生活の幅広いシーンに利用できそうですね。

おいしさを追求し素材にこだわる

フランス菓子で大切なのが、素材それぞれの味わいと、甘み、苦み、酸味のバランスなのだそうです。ラヴィドゥースでは、そんなフランス菓子のおいしさを追求するために、素材にとことんこだわっています。

おいしさもさることながら、安心安全であることにも注目し、素材を吟味。シェフ自ら農園に赴きチェックすることもあるのだそう。「子どもから大人まで、みんなにおいしく楽しく味わってもらいたい」というシェフの熱い気持ちが伝わりますね。

イートインスペースでほっと一息

ラヴィドゥースは、新宿店も横浜店もイートインスペースが完備されています。ほっと一息つきたいときに利用してみてはいかがでしょうか?

ケーキの味わいはもちろん、スタッフの方たちの心配りも素晴らしいと評判です。ゆったりとくつろぐことができそうですね。ただし座席数があまり多くないので、満席になることも多いようです。

なお横浜店にはキッズスペースも完備されています。お子さま連れでも安心して足を運べるのではないでしょうか。

ラヴィドゥースのおすすめメニュー

数あるラヴィドゥースのスイーツの中から、おすすめのものをいくつかご紹介しましょう。

コンクール受賞ケーキ「ラ・ヴィ・バッカス」

ラヴィドゥースの代名詞ともいえるのがこのケーキです。フォークを入れると、中からオレンジソースがトロッとあふれます。

チョコレートの甘みと苦み、オレンジの酸味がちょうどよいバランス。フランス菓子らしい味わいを楽しめます。

オンラインショップで人気の「オレンジケーキ」

オンラインショップで人気なのが、「オレンジケーキ」です。上にオレンジをそのままのせて焼いた、見た目もかわいらしい焼き菓子です。結婚式の引き出物などにも人気を集めています。

新宿店限定のシュークリーム「四谷シュー」

新宿店でだけ味わえるシュークリーム、四谷シュー。さくさくの生地の中になめらかなクリームがぎっしりとつまっています。クリームは程よい甘さでくどくなく、どなたにも好まれる味わいです。

バニラクリームのやさしい味わい「ラヴィ・バニラサンド」

アーモンドを練り込んだ生地に、優しい甘さのバニラクリームを挟んだお菓子です。バニラクリームには、北海道産のバターとマダガスカル産のバニラが使われています。どこかホッとする味わいです。

ラヴィドゥースの店舗情報

お店情報
店名:ラヴィドゥース 新宿店

住所:東京都新宿区愛住町23-14 べルックス新宿ビル1F

定休日:月曜日 ※不定休有り

営業時間:10:00~19:00

お店情報
店名:ラヴィドゥース 横浜店

住所:神奈川県横浜市都筑区中川中央2-3-15

定休日:年中無休 ※不定休有り

営業時間:10:00~19:00

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。