高級感あふれる「銀座ハプスブルグ」のクッキー

photo by 銀座ハプスブルク http://habsburg.shop2.makeshop.jp/shopdetail/000000000010/
クッキー

今回は、なかなか普段は見かけない高級なクッキーのご紹介をします。クッキーと言えばブルボンかミスターイトウしか出てこない私が、上京10年目にして「銀座ハプスブルグ」を知ってしまいました。

毎月盛り上がるお菓子の世界

毎月1回、池袋にカウンセリングの授業に通っています。授業の最初にはみんなで近況を語り合うのですが、「RINGO」というアップルパイのお店の話が出てから、みんなのお菓子自慢というか紹介がヒートアップしています。やはり若い女性はよく知っています。私はお菓子ネタが少ないので、同僚のスイーツ男子やコンビニスイーツネタで毎月ちょっとだけ参加しています。

おしゃれな高級なクッキー「銀座ハプスブルグ」

先日聞いた「銀座ハプスブルグ」のクッキーは、カウンセラーの講師も知っているクッキーでした。もう名前からして高級な感じがひしひしと伝わります。銀座と言えば、日本で一番地価の高い場所。そしてハプスブルグと言えば、世界史で習ったスペインやオーストリアの名門のハプスブルグ家です。いつも食しているクッキーとはどうやら格が違います。その名も「テーベッカライ クライン」。ドイツ語で小さいクッキーの詰め合わせという意味だそうです。3種類のクッキーが上品でおしゃれな缶にいっぱい入って、3,600円。商品画像から単純計算をすると1つあたり150円。日常的に食べるわけにはいきませんが、一度は味わってみたい、これ以上ない高級感と上品さ。

「銀座ハプスブルグ」のシェフはオーストリア公認

この「銀座ハプスブルグ」ですが、クッキー専門店という訳ではありません。こちらオーストリア国家公認のシェフが銀座にオープンした、オーストリア料理のレストランです。その作品のひとつとしてお菓子部門があり、「ファイルヒェン」というケーキや「テーベッカライ」というオーストリア伝統のクッキーなどが販売されているんですね。こちらのお菓子は人気が高く売り切れることも多いため、公式サイトでは「当日分のご用意は数に限りがございますので、前日までのご予約をおすすめしております」と記載があります。

「銀座ハプスブルグ」のクッキーは贈り物に最適です

「銀座ハプスブルグ」のクッキーは、銀座に行かなくてもオンラインショップで購入できます。オンラインショップのNewsでもたびたび商品の予約についてのお知らせが掲載されるくらい注文が多い人気商品。特に年末、ホワイトデーあたりは注文が多いようです。クッキーでもここまでの高級感と上品さが出せるものなんですね。日持ちが2週間というのもありがたいです。贈り物に選ばれるのもわかる気がします。いつもとは違う東京のお土産としても喜ばれるはず。

いかがでしたか。おもてなし、贈り物だけでなく、何かうれしいことがあったときの自分用にもぜひ「銀座ハプスブルグ」のクッキーを購入してはいかがでしょうか。缶を開封する前から幸せな気分になれること間違いなしです。

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。