• HOME
  • コラム
  • クッキー
  • 12種類のフレーバーを楽しめる話題のよねむらのクッキーとは?口コミまで徹底紹介!

12種類のフレーバーを楽しめる話題のよねむらのクッキーとは?口コミまで徹底紹介!

photo by よねむらhttps://yonemura-ec.com/products/detail.php?product_id=35
クッキー

レストランの「米村」がクッキー専門店を出店しているのをご存知ですか?
個性豊かで美味しいクッキーを食べることができます。

今回は、よねむらのクッキーの基本情報や口コミまでご紹介します。
是非参考にしてください。

よねむらの気になる基本情報!

よねむらのクッキーの種類や店舗などの基本情報をご紹介します。

よねむらをオープンしたシェフが営むレストラン

京都の祇園・下河原にレストランよねむらがあります。フランス料理とも日本料理ともいわれる独特な料理が称賛され、海外でも注目されているそう。2019年5月1日に新しい料理店「米村」として新門前にオープン。

クッキー専門店よねむら

レストランよねむらの米村シェフのフランスが手掛けるのがクッキー専門店「よねむら ザ ストア」。独特な料理をレストランで提供するのを鑑みると、よねむらのクッキーも独特ということが想像できるかも。

よねむらのクッキーの種類

よねむらで取り扱っているクッキーは人気のよねむらオリジナルクッキーからオンラインでは取扱いのない店舗限定品もあります。よねむらの店頭に行ってお目当て商品が無い場合もあるので、あらかじめよねむらに電話して取っておいてもらうと安心です。

【よねむらオリジナルクッキー】
よねむらの完全オリジナルのクッキーです。綺麗に整って見た目も豪華です。
京都の素材をふんだんに使用した斬新なクッキーとなっています。さすが、よねむら!
12種類のフレーバーが入ったお菓子です。

チーズ胡椒、マカダミアナッツ、ぶぶあられ、お抹茶、黒ゴマ、黒糖きなこ、柚子、ジンジャー、七味、ヘーゼルナッツチョコ、ココナツ、メレンゲ。よねむらの完全オリジナルの完全オリジナルというだけあってお抹茶は京都の老舗茶舗丸久小山園の抹茶を使用。七味には、京都・清水の有名店・七味家本舗の山椒の七味を使用するなどのこだわり。

購入から1ヶ月は日持ちします。
価格は4,800円となっています。

【京都国立博物館 よねむらオリジナルクッキー】

京都国立博物館がデザインされた缶によねむらオリジナルクッキーが入った商品です。
お茶や七味、大徳寺納豆などのフレーバーが楽しめます。
京都国立博物館文化保護基金対象商品になっています。
京都国立博物館よねむらオリジナルクッキーも賞味期限は1ヶ月で、価格も同様の4,800となっています。

【トリュフクッキー】

トリュフが香るバニラとチーズ2種類の味が楽しめる商品となっています。
夏はイタリア産のサマートリュフを使用して、冬はフランス産の黒トリュフを使用しています。
高級食材を惜しみなく使用している絶品。
価格は時価となっています。
心配な方はよねむら店舗に行く前にお問い合わせをしておくことをおすすめします。

よねむら店舗限定商品も!

オンラインショップで取り扱っていない商品は店舗に買いに行かなければなりません。よねむら と聞くと高いイメージがあるかもしれませんが、1000円以下で購入できる商品もあるのです。

例えば、7種類入り化粧箱950円(税込)

よねむらオリジナルクッキーの人気の味と季節の味が詰め合わさっています。

他にもよねむらには冠婚葬祭に使えるお菓子がたくさんあります。

よねむらの店舗はどこにあるの?

よねむらは東京都にあります。
残念ながらよねむらは1店舗のみなので「よねむらのために東京は遠すぎる…」と感じた方はよねむらオンラインショップを利用してみてください。
よねむらのオンラインショップ→yonemura-ec.com/

よねむらの口コミは?

ここからはよねむらの口コミをご紹介します。

ちょっと違和感な素材もあるけれど、希少性もあって、贈答ならば高い確率で喜ばれる
時は平日の午前。用事を済ませるために向かった東京駅方面。用事を済ませたカントナが次に向かったのは、友人へのお土産を用意するためのお店。京都での高名な噂を耳にしているお店が東京に進出しているとの情報を得て三越前で下車し、コレドの地下に向かいます。
お店を探しますと、見落としてしまいそうなくらいの小さなお店。印象もそれほど残らない内外観。足を踏み入れてショーケースに飾られている商品を品定めいたします。一つ一つ店員さんが丁寧に説明をしてくださいます。そんな丁寧な説明にしっかりと報いようと思い、オーダーしたのは「オリジナルクッキー」。友人用とカントナ用の2つを包んでいただきます。クレジットカードで支払いを済ませ、諸々の用事や興味ごとも済ませてカントナ家に戻り、友人への手渡しの前に自分達の分で毒見してみる事にいたします。
包まれている布地も、布地をオープンして現れる缶も、落ち着いた中にも晴れやかさがあって素敵なのであります。「やはり高いだけはあるな」と思う、イヤミなカントナなのであります。早速丸いの四角いのが高級そうに整列しているクッキーをいろいろとチョイスしてみる事にいたします。
「和」の素材を使った京都らしいクッキー。抹茶やら七味やら柚子やら黒ゴマやらが京都らしい素材なのであります。そんな中でも、柚子やら七味なんかはまさに京都らしいもの。素材をしっかりと味わおうと、注意深く口内でこねくりまわしてみますと、ちゃんと素材の存在を強めのアクセントとして感じる事が出来るのであります。
しかしながら、幾つかの和の素材に関してはカントナ的には違和感を感じるのでありました。クッキー生地の甘さとは反する素材は特にそう。面白いのではありますが、カントナの経験値の低い味覚には「違和感」なのでありました。
しかしながら、美味しくない訳ではありませんので毒見は一応無事に完了。希少性や珍しさや素材感等は贈答に値すると判断し、後日グルメな友人に渡しますと「欲しかったヤツ!」と、とても喜んでくれたのでありました。結構張るお値段でありますので「貰いものならとても嬉しかもな」と、友人の状況にもピッタリとはまったチョイスであった事も奇跡であり、手間をかけた甲斐があって嬉しいカントナなのでありました。
引用元:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13167189/dtlrvwlst/B411868771/?use_type=0&smp=1

はんなり和の風味が漂うシンプルなクッキー

【2017年7月 訪問】
京都に本店、銀座に支店があるレストラン、
そこで出されるクッキーが評判で
そのクッキーのみを販売する店舗を出したそう。
それが此処。
店舗はこじんまりとしており
その内装はシンプルで可愛らしい造り。
販売されるクッキーも、それらを包装するパッケージも
店内の様子同様、シンプルだけど何処となくポップで良い感じ^^
クッキーは単品での販売の他、数種を詰め合わせた箱売り等があり
また、フレーバーのラインナップが抹茶やきな粉、
生姜や七味等々和の食材を活かした作りで
目移りしてしまいますね~^^
その中から、7種のクッキーが2枚づつ入っている
『7種詰め合わせ』900円を購入。
内容は、ぶぶあられ・抹茶・胡麻・七味・生姜・
ヘーゼルナッツ、ココナッツメレンゲ。
どのクッキーも甘さは控えめで、
其々の風味を活かしつつも繊細な仕上がり、
その中でも今回特に気に入ったのが七味と生姜。
七味は辛味は少ないものの香りが良く、
生姜は正に生姜の風味がとても良く活かされた味わいでした。
フレーバーに因っては、おやつのみに非ず
アルコールのお供にも出来るクッキーたちは、
甘いものが少し得意では無い方でも楽しめる味わいかと思います。
ごちそうさまでした。
引用元:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13167189/dtlrvwlst/B283020903/?use_type=0&smp=1

 

よねむらで美味しいクッキーを食べよう!

今回はよねむらのクッキーをご紹介しました。

よねむらでは一般的なクッキーと一味違います。
よねむらの商品は、和の食材にこだわったフレーバーを楽しめますよ!
気になった方はぜひよねむらに足を運んで見てください!

贈り物にもよねむらの商品はおすすめです。

店舗情報
店名:ヨネムラザストア (Yonemura The Store)

住所:東京都中央区日本橋室町2-3-1 コレド室町2 B1F

営業時間:10:00~21:00

定休日:不定休

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。