フィナンシェの美味しさ再発見!感動さえ覚えるエシレのフィナンシェ

photo by エシレhttps://www.kataoka.com/
フィナンシェ

エシレのフィナンシェは、高級バターとして知られるエシレバターを使って作られたフィナンシェです。エシレではマドレーヌやクロワッサンなども人気です。エシレのフィナンシェの商品情報や店舗情報をまとめました。

手土産に喜ばれる!フィナンシェが有名なエシレ

フィナンシェといえばエシレというファンもいるくらい人気となっている店の正式名は、エシレ・メゾンデュブールです。東京の丸の内に2009年にオープンした世界初のエシレバターの専門店で、フィナンシェをはじめとしたエシレバターを使った洋菓子やパンが評判です。評判のフィナンシェに使われているエシレバターとは、フランスの小さな村で生産される口当たりと香りが特徴的な高級バターです。店にはエシレバターを使って作られたフィナンシェやパンが置かれ、香ばしい匂いが漂います。

カロリーは高いけど食べたい!エシレのガトー・ドゥミセック「フィナンシェ」の価格や賞味期限

エシレの商品ラインナップでフィナンシェはガトー・ドゥミセックに含まれています。ガトー・ドゥミセックとは焼き菓子という意味です。購入するとエシレの可愛いブルーの袋やギフトボックスに入れてくれます。

エシレのフィナンシェ

他の洋菓子店が提供するフィナンシェと比べ、エシレのフィナンシェは濃い焼き色がついています。バターの香りが漂います。エシレのフィナンシェは外側のサクッとした食感と中のしっとり感が秀逸です。エシレバターの香りの他、アーモンドの香りも感じられるはずです。カロリーは高いと想定されますが、手が止まらなくなる程美味しいです。賞味期限は販売日を含めて3日となっているため、早めに食べましょう。冷凍保存して、食べる前にオーブントースターで温める人もいます。価格:1個324円(税込)

個包装はしてくれる?エシレのフィナンシェの食べ方は?レシピもわかる!?

エシレのフィナンシェは店舗でも個包装はされていない状態で盛られています。フィナンシェのみやフィナンシェとマドレーヌを詰め合わせたギフトボックスやパニエの販売もありますが、やはり個包装はされていません。日にちが経つにつれ馴染んでしっとりしたフィナンシェとなります。どのタイミングのフィナンシェが美味しく感じるかは、人によって好みが分かれます。おすすめの食べ方は、食前にオーブントースターで温める方法です。焼き立てのフィナンシェの食感を楽しむことができます。もちろんそのまま食べても美味しいです。尚、エシレのフィナンシェのレシピはエシレのHPで公開されています。

レシピ
https://www.kataoka.com/echire/recipe/financier.html

売り切れ御免!フィナンシェが美味しい丸の内にあるエシレの店舗情報と通販の有無

エシレはフィナンシェやクロワッサンなどの口コミもあり、オープン当初から現在まで継続した人気を誇っています。営業開始時間前からエシレの店舗周辺には人が集まり、行列ができます。エシレの人気商品は早い時間に売り切れてしまう日もあるので早目に行きましょう。ちなみに、大阪にはエシレ・マルシェオブールという店舗があります。エシレでは通販にフィナンシェはなく、エシレバターやグッズなどの取り扱いとなっています。

店舗情報
店名:エシレ・メゾンデュブール

住所:東京都千代田区丸の内2-6-1  丸の内ブリックスクエア1F

営業時間:10:00~20:00

定休日:不定休

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。