竹林堂は老若男女問わずファンの多い老舗のお菓子屋さん

ゼリー

山梨県に店舗を構える竹林堂。竹林堂は明治36年に創立した老舗のお菓子屋さんです。株式会社ではなく有限会社の竹林堂ですが、ネット通販などを通して全国に販路があるので竹林堂のお菓子は入手しやすいです。伝統のお菓子の風味や作り方を生かしながら、新しい風も取り入れた竹林堂のお菓子には全国各地にファンが多くいます。尚、いちご大福で有名な竹林堂とは別会社のご紹介となりますのでご注意ください。

山梨にある竹林堂の銘菓『甲斐玉』に込められたお店の思い

竹林堂は、創立当初からある羊羹巻を中心に、様々な商品が生み出されて次々とヒットを出しています。そんな竹林堂のお菓子の中でも銘菓の『甲斐玉』には、明治時代から竹林堂のお菓子作りへの思いが込められています。

まず、竹林堂という店名は『心やすまりながら、おいしいお菓子を食べてほしい』という思いを込めて、中国・三国時代の”竹林の七賢”をモチーフに命名されました。

直火で煮詰めた熱々の糖蜜を手作業で丹念にこねて作る『甲斐玉』は、昔ながらの製法で作られていますが、時代が進むにつれて材料にいいものがどんどん出てきているため、竹林堂では配合を若干変えたりするなど工夫をしています。

また、竹林堂では初めはべっこう飴の茶玉、黒糖味の黒玉のみを販売していましたが、山梨県ならではの味も入れたいということで、桃やぶどう、モロコシやハッカなど、味のバリエーションを増やしました。そうすることで竹林堂のお菓子はお年寄りから小さなお子様までいろいろな方が楽しみながら飽きずに食べ続ける商品へと変化しました。

この『甲斐玉』は明治からありますが、命名したのは大正3年に武田信玄公が従三位を追贈されたことがきっかけです。
このように歴史とも密接にかかわっている『甲斐玉』は竹林堂の代表作といえるでしょう。

山梨にある竹林堂のおすすめ商品を教えて!

竹林堂では甲斐玉が代表作とはいえ、甲斐玉だけではありません。竹林堂の作っているお菓子で人気の高いものはまだまだあります。ご紹介していきましょう。

まずは塩饅頭。竹林堂の塩饅頭はまんじゅうの極みともいわれる上用作りで、生地餡ともに厳選材料を使っており、 保存料や膨張剤は一切使用していないため、保存目安は10日となっています。そのシンプルかつこだわりの塩饅頭はお年寄りの方はもちろん、お子さんも食べられる商品です。

また、若い方に人気なのが『生クリーム大福』です。こちらはお餅の中に餡とクリームが入っており、あずき、カフェオレ、抹茶などいろいろな味とカラフルな見た目が楽しめるタイプのお菓子。季節によって詰められている大福のお味が変わるのも魅力です。

三種の羊羹をどら焼き生地につつみ、一口サイズにした飛火野もファンの多い作品です。
それよりも多くの和菓子が楽しみたいのであれば半生ミックス。こちらは羊羹巻き以外にも、栗しぐれなども入っており、お茶請けやご年配の方のご旅行にぴったりです。

若い方にも人気なのは『信州りんごの寒天餅ゼリー』。こちらは長野県でとれたりんごを使用した優しい味わいの寒天餅ゼリーです。

また、竹林堂のもう一つの銘菓、バターカステラである『富士川カステラ』もおすすめです。こちらはしっとり甘いバター風味のマドレーヌで、10個入り1500円で販売されています。

気になる竹林堂のお菓子はありましたか?機会があれば竹林堂のお菓子を召し上がってみて下さいね。

 

店舗情報
店名:桃林堂 青山表参道本店・桃林堂画廊

住所:東京都港区北青山3-6-12

定休日:

営業時間:

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。