• HOME
  • コラム
  • 饅頭
  • 「竹林堂」は富山の銘菓&ソウルフード!おすすめの甘酒まんじゅうの魅力とは

「竹林堂」は富山の銘菓&ソウルフード!おすすめの甘酒まんじゅうの魅力とは

甘酒がほのかに香る生地の中にあんこが入った「甘酒まんじゅう」。全国各地で郷土菓子として食べられる甘酒まんじゅうですが、その中でも富山にある「竹林堂」は、自家製の甘酒を使った甘酒まんじゅうが有名です。竹林堂は歴史のあるお店で、秘伝の甘酒を使って職人が一つ一つ手作りしています。この記事では、こだわりを持ち銘菓を作り続ける竹林堂に迫ります。

甘酒まんじゅうと言えば富山の竹林堂

「甘酒まんじゅう」と言えば、富山の老舗店「竹林堂」でしょう。竹林堂の甘酒まんじゅうは、富山県産コシヒカリと富山で育まれた名水を使った甘酒が自慢です。職人が丹精込めて一つ一つ手作りしています。竹林堂の甘酒まんじゅうは、ふっくらモチモチした薄皮が特徴で、ほのかに感じる甘酒の風味が食欲をそそります。

子どもから大人まで虜にする「竹林堂」の甘酒まんじゅうは、少し塩気を感じる素朴な甘さのこしあん、麹菌によるほどよい酸味が感じられます。他にはない風味が魅力です。ひと口いただくと手が止まらなくなるほどです。

竹林堂のいちご大福は季節限定で大人気

竹林堂の定番商品である甘酒まんじゅうも大人気ですが、季節限定で販売される「いちご大福」も飛ぶように売れている商品です。竹林堂のいちご大福は真っ白な柔らかいお餅の中に、丸ごと1個の大きなあまおう苺が使われていて、なんとも贅沢です。ほどよい甘さのこし餡がたっぷり入っていて、手土産やプレゼントんもおすすめです。ひと口ほおばると、口の中いっぱいにいちごのジュースが広がりますよ。

「竹林堂」のいちご大福は、いちごが出回る季節限定販売です。皆さんも運よく出会えたら、購入されることをおすすめします。

日が経った竹林堂の甘酒まんじゅう・味が復活する食べ方は?

蒸し立て熱々の酒まんじゅうに出会えればラッキーですが、原材料に米を使用しているため1日経つと味わるのも事実。少し酸味が増して、皮が硬くなる竹林堂の酒まんじゅう。

「できるだけ蒸し立ての柔らかい状態で食べたい!」、そんな人におすすめなのが、電子レンジで温め直す方法です。少しだけ水で湿らせ軽くラップをして電子レンジでチンしましょう。これで、甘酒まんじゅうが出来立てに近い状態で味わえますよ。

オーブントースターで軽く焼いたり、油であげる「揚げまんじゅう」もまた、異なったおいしさで好評です。ぜひお試しを。

車でもアクセスしやすい竹林堂分家

中央通りアーケード内に店舗を構える「竹林堂」。
車ではなかなかアクセスしづらいという方におすすめなのが、富山地方鉄道市電大手モール駅にほど近いところにある「竹林堂分家」です。竹林堂の支店として名物の酒まんじゅうも購入でき、運が良ければ出来立てほかほかの酒まんじゅうにも出会えます。

「竹林堂分家」では、桜餅や水まんじゅう、すいーとぽてとといった季節ごとの和菓子も提供されており、酒まんじゅうと並んで人気です。

 

竹林堂の甘酒まんじゅうをお取り寄せ

しっとりとしたこしあんと甘酒の香りをほのかに感じる皮が魅力の「竹林堂」の酒まんじゅう、自宅でも味わいたい!という方におすすめなのが「竹林堂」の商品のお取り寄せです。できたてを瞬間冷凍した「竹林堂」の酒まんじゅうは5個入りから手軽に買えます。通販でのお取り寄せは、ちょっと試してみたい人にもおすすめです。

竹林堂のオンラインショップ

竹林堂の営業時間や定休日など

最後に、皆さんに竹林堂の営業時間や定休日などの情報をお伝えします。お店を訪れる際の参考にどうぞ。

店舗情報
:竹林堂
住所:富山県富山市中央通り1-5-2
営業時間:9:00~19:00
定休日:水曜日(祝日も営業)
※営業時間、定休日ともに変更になる場合もあるため、ホームページ等でご確認ください
→ 竹林堂のホームページ