京都で期待の新星和菓子店「御菓子司 聚洸」

時代を重ねる京都で2006年に創業した聚洸。聚洸とは見慣れない漢字ですが、「じゅこう」と読みます。老舗が多い京都の中で聚洸は新しいお店ですが、京都の和菓子店の中で一番好きという人がいるほど評価の高い和菓子店です!
聚洸の人気の秘密を覗いていきましょう!

聚洸

烏丸鞍馬口駅から約1キロの距離、20分くらい歩いた場所にある聚洸。駅から少し離れているので、気になる人はタクシーを使うとアクセスしやすいです。歩いても大丈夫!という人はぜひ今日の街並みを楽しみながら聚洸を目指してみてください。

明治15年創業の有名な老舗京菓子店「塩芳軒」の二男、髙家さんが営業しているのだとか!

和菓子職人を希望し、塩芳軒の元弟子のお店・名古屋「芳光」で5年間修業、その後は実家の塩芳軒で再び修行をしたそうです。そして、今度は経営を学ぶため芳光に戻って学ぶという努力をして、聚洸のオープンに至りました。

和モダンのカフェのような京都らしい落ち着いた外観の聚洸。看板ではなく暖簾がかかっています。また、聚洸に一歩入ると落ち着いた静かな空間が広がっています。

聚洸の予約について

席は多くありません。
なので聚洸は予約必須となっています!聚洸に行く3日より前に電話で予約を入れておきましょう。
予約が埋まってしまうことやお目当てのお菓子が売り切れてしまうこともあるので早めの予約がおすすめです!

予約は受け取り日時と希望の和菓子を伝えますが、季節によって和菓子が変わるため、わからなければ「おまかせ」もおすすめ。もちろん電話で説明もしてくれますよ。

聚洸の和菓子

聚洸の店主の髙家裕典さんは京都の老舗和菓子屋の塩芳軒の次男ということで、小さい頃から和菓子に触れてきたこともあり、聚洸の和菓子は伝統を大切にしながら新しさもあります。いつもお客さんの満足を考えながら仕事をしているそうです。

もともと聚洸の店主の髙家さんは自分で何かを作り出すことが好きだったそう。聚洸には、挑戦してるなーと思われる和菓子もありますよ。

値段のつけられない聚洸の和菓子の美しさ

和菓子は職人技。目分量で同じ重さの生地をとり、規則正しく包む。簡単そうに可愛らしい和菓子を仕上げていく。身体で覚えているのです。

丁寧に作られた聚洸の和菓子は日本の美しさが表れていたり、四季の移ろいの美しさを感じることができます。

わらびもちは聚洸の人気メニューの1つ、和菓子の中でもわらびもちが一番好きという人も多いのではしょうか。
聚洸のわらびもちはふんわりと柔らかく口解けの良い本わらびの皮に優しい甘さのこし餡を包んだ餡入りわらびもちです。
粉雪のようなふわっとかかったきな粉も香ばしくアクセントになっています。

羽二重がふんわりと柔らかい花びら餅、花の形の練り切りや花びらの形をした練り切り。
聚洸の和菓子は柔らかな輪郭の美しい綺麗な和菓子に出会えます。
季節感があり、羽二重や餡、寒天の美しさは舌だけでなく目でも楽しめます。

きんとんと言えば栗きんとんを想像する人も多いのではないでしょうか。
聚洸のきんとんは栗きんとんだけでなく小田巻きんとんも見逃せません。
鞠のようなカラフルでコロンとしたきんときに思わず笑顔がこぼれます。

例)聚洸の夏メニュー

季節によって変わる聚洸の和菓子。ここでは夏メニューをご紹介します。材料や種類に制約がある京菓子はデザインで腕を勝負している職人さんが多いのだとか。聚洸では概念や言葉からイメージして色や形を組み合わせて和菓子に具現化しているのだとか。

緑陰

涼しげな緑色をしたスライムのような和菓子。夏にぴったりです。緑色は葛で、中には漉し餡が入っています。

せせらぎ

名前も夏らしさを感じますね。川のせせらぎを和菓子で表現。吉野羹と淡雪羹を組み合わせているのだとか。

巻水

塩芳軒にも似たような和菓子があります。道明寺羹を使って水面をイメージした和菓子です。

聚洸の和菓子の価格帯

聚洸の和菓子は大体350円前後です。

自分用に持ち帰ってお茶と一緒に頂くのも良いですし、手土産にしても喜ばれますね。

聚洸 まとめ

新しい風を取り入れながら伝統を守る聚洸の和菓子、いかがでしたか?
是非予約をして聚洸の和菓子を味わってみてください!

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧