栗好き必見!足立音衛門の絶品栗スイーツを紹介【栗のテリーヌがメディアでも話題に】

photo by 足立音衛門https://www.otoemon.com/shop/

京都・福知山にある「足立音衛門(あだちおとえもん)」は、とことん栗にこだわったお菓子を作り続けている名店です。今や全国の百貨店に店舗を展開し、たくさんのファンに愛されています。メディアで話題になる看板商品は、1万円もする究極のパウンドケーキ“栗のテリーヌ「天」”です。今回は、「足立音衛門」で特に人気の栗のお菓子をご紹介します。

足立音衛門はどんなお店?

足立音衛門の本店は京都・福知山の城下通り沿いに建つ「旧松村家住宅」を店舗として利用しています。「旧松村家住宅」は明治時代末期から大正時代初期にかけて建てられたモダンな佇まいの邸宅で、京都府の指定文化財になっています。

全体で840坪ある広い敷地内には、足立音衛門本店の店舗に利用している主屋をはじめ、洋館や茶室、御殿など9棟があります。中に入れるのは店舗のみですが、敷地内を歩くのは自由です。レトロモダンな建物は一見の価値があるので、お菓子の購入がてら、ぶらっと敷地内を回ってみてはいかがでしょうか。

そんな「足立音衛門」は、もともとは和久市にあった小さなフランス料理店でした。そのお店で提供していたデザートのケーキが好評だったため、ケーキを中心に販売するようになったそうです。
自称栗おたくという足立音衛門の店主が、世界中から厳選した素材を使用して、それぞれの素材に向き合い、手作りのぬくもりが感じられるお菓子を用意しています。

足立音衛門では、地元の丹波栗などの和栗やヨーロッパ栗など、日本国産をはじめ、世界各地の品種や産地の栗を厳選しています。お砂糖は由緒ある讃岐三谷家の和三盆糖を、塩は自然の力でじっくり生成される「沖縄 粟国(あぐに)の塩」を使用しています。

話題の1万円の“栗のテリーヌ「天」”は、バターや小麦粉も最高級のものを使用しており、素材に一切の妥協をしなかった結果、価格が1万円になったそうです。「こんなに高い値段のものは売れないだろう」と思っていたところ、口コミで評判になり、販売から10年ほどで50,000個以上が売れ、メディアでも良く紹介されるようになり、足立音衛門の人気商品になりました。

足立音衛門の人気メニューは?

1万円のパウンドケーキがあると聞くと、足立音衛門は高級スイーツのお店という印象を持たれるかもしれませんが、地元の方や観光客が気軽にお店に寄って自宅用やお土産に購入できる商品もいろいろあります。その中から人気のメニューを5つご紹介します。

栗のテリーヌ

まずは、お店の看板商品からご紹介します。足立音衛門の一番人気は、3種の栗が贅沢にぎっしりと詰まった“栗のテリーヌ”です。総重量650gのうち、栗が400gも入っています。栗の種類は、国産とヨーロッパ種、アンデス栗(チリ産)です。お砂糖は由緒ある讃岐三谷家の優しい甘味の和三盆糖を使っています。「栗のテリーヌ」という名前が付けられたのは、カットすると断面がフランス料理のテリーヌのように魅力的だからだそうです。まずは、いただく前に断面を楽しみましょう。

なお、メディアで話題になっている1万円のテリーヌは、“栗のテリーヌ「天」”です。“栗のテリーヌ”と同じサイズですが、価格は2倍になります。違いは、栗の質に非常にこだわっているところです。“栗のテリーヌ「天」”は丹波栗A品を使っていますが、その中でもさらにきれいな粒を選別し、ふんだんに使っています。また、バターはフランス産の最高級の発酵バターを使用しています。

1万円のスイーツとなると、なかなか手が出ませんが、2つのテリーヌを食べ比べてみたいですね。

値段 栗のテリーヌ 4,590 円 (税込) 栗のテリーヌ「天」 10,800 円 (税込)

思いっきり【栗】栗のタルト

大きく実った栗がタルトの中にゴロゴロと入っています。こんなにたっぷりの栗が入っているタルトは他のお店ではなかなか見かけないのではないでしょうか。足立音衛門の店主曰く、“ぎゅうぎゅうに”敷き詰めたそうです。

足立音衛門では、毎日、パイ生地を伸ばす作業から始まります。チョコレート、香ばしい松の実、アーモンドプードルをアクセントに加え、生地を流し焼き上げ、焼きたてを用意しています。こちらの商品で使用している栗は、韓国で育った栗を日本で加工したもので、味は保証付きです。

栗のタルトには、そのほか、丹波産の栗を甘露煮にしたものを敷き詰めた“丹波栗のタルト”、柔らかく、少し甘めに仕上げた“マローネ栗のタルト”があり、それぞれ大サイズもあります。

値段 思いっきり【栗】栗のタルト 3,240 円 (税込)
思いっきり【栗】丹波栗のタルト 4,590 円 (税込)
思いっきり【栗】 マローネ栗のタルト 2,700 円 (税込)

マロングラッセ・ブロークン

マロングラッセというと、栗一粒の高級スイーツというイメージがありますが、こちらの商品は名前にもあるように、ブロークン栗です。形は少し欠けていますが、旨味のあるイタリア産の栗ですので、味は一級品です。

ヨーロッパ種の栗は、加工時に割れやすい特性がありますが、そんな割れたり、少し欠けたりして、きれいな粒の形を保てなかったマロングラッセをそのまま冷凍にして、足立音衛門の工房に届けてもらっています。

ヨーロッパの精製度が高いお砂糖で仕上げているので、あっさりとした甘さが特徴です。そのままいただいても、スイーツ作りに使っても栗のやさしい味わいを楽しめます。常温で約2週間の保存が可能です。

値段 1,500円(税込)

純・栗どら焼き<美玖里>

純・栗どら焼き<美玖里>は、美玖里という品種の栗を使った栗餡のどら焼きです。栗入りの餡のどら焼きは見たことがありますが、100%栗のペーストをはさんだどら焼きは足立音衛門ならではないでしょうか。

国内で収穫された栗は、栗本来の色合いや風味を損なわないように、できるだけ早く加工にかかるそうです。また、足立音衛門では、栗の粒をできるだけ多く残すために、職人さんはペーストに無駄な力をかけずに、手のひらでやさしく覆うようにどら焼きに仕上げています。贅沢に丁寧に作られた栗どらやきは、口コミでも「餡が高級な栗きんとんのよう」「想像以上の美味しさ」などと、高評価です。

栗を心から愛している足立音衛門さんの愛が詰まったどら焼きを福知山散策のお供にいかがですか?

値段 5個セット ギフト 貼箱 3,515 円 (税込) 単品648 円 (税込)

栗のフィナンシェ

フィナンシェというと、長方形のイメージがありますが、足立音衛門のフィナンシェはひと口サイズの可愛らしい栗の形をしています。マローネ栗の割れ栗の甘露煮が入っていて、生地には栗の粉が混ぜ合わせてあるので、口いっぱいに栗の風味が広がります。卵白を多めに使い、和三盆糖も使用しているので、しっとりとした食感に仕上がっているフィナンシェです。常温で約1ヶ月保存できますので、ぜひお土産やギフトに役立ててください。

値段 ギフトセット栗のフィナンシェ 5個 セット 1,480 円 (税込)

集栗夢(シュークリーム)

音衛門京都本店で販売しています。濃厚な栗のペーストをたっぷりと使ったシュークリームです。

季節限定のフルーツケーキ

栗スイーツだけでなく、季節限定のフルーツケーキも人気です。2021年8月31日まで販売されているのパイナップルが加わった 夏の柑橘カクテルケーキです。爽やかな風味は夏にぴったりですね。価格2,430 円 (税込)です。

季節限定の大人だけの【半熟】贅沢プリン

こちらのプリンは、夏季限定の商品です。讃岐和三盆糖やジャージー牛乳などの厳選素材を使用して、贅沢な味わいに仕上げています。カラメルの香ばしくビターな風味が濃厚なプリンをあっさりとした後味にしてくれます。

足立音衛門は福袋も人気

足立音衛門は、福袋も人気です。夏にはお楽しみ袋も登場します。2021年夏のお楽しみ袋は、3980円(中身は5000円相当)のもの、5880円(中身は8600円相当)のもの、8880円(中身は13400円相当)のものの3種類でした。どれもかなりお得なので、お試しで購入するのもおすすめです。

2021年の福袋は、パウンドケーキの福袋や栗のテリーヌ入りの福袋など、こちらもお得な内容。福袋はかなり人気ですぐに売り切れてしまうそう。予約の方法などはホームページで紹介されるようなので、こまめにチェックしてくださいね。

足立音衛門の通販はある?

公式オンラインショップでは足立音衛門の商品のほとんどを購入できます。サイトはご自宅用とご進物用に分かれていて、予算別に絞りこめるので、利用しやすいですよ。また、オンラインショップでは、賞味期限が近いなど、ちょっと訳ありの商品を“音衛門のアウトレット”で販売しています。割引率50%offの商品が販売されることがありますので、足立音衛門のオンラインショップを定期的にチェックしてみてくださいね。

姉妹店には丹波鶴屋

丹波鶴屋は足立音衛門の姉妹店です。旧福知山信用金庫本店跡を改築した店舗の重厚な建築は、一見の価値があります。高い天井、幅の狭い窓、外壁の装飾などが印象的です。

こちらでは、丹波大納言などのブランド小豆を包んだ「どら焼き」や、大納言小豆を使用した上品な風味の「羊羹」などを製造販売しています。店内にベンチが用意されていますので、出来立てのどら焼きを座っていただけますよ。

また、店内にはオーナーのコレクションとかで、昭和初期のラジオやなつかしい足踏みミシンなどのアンティークの品々が置かれていますので、こちらもお買い物のついでにぜひ見て、昭和の時代の雰囲気に浸ってください。

住所:京都府福知山市字中ノ21番地

2021年10月1日里山ファクトリーがオープン

2020年に閉校した福知山市立佐賀小学校を再活用し、2021年にオープンしたのが「里山ファクトリー」です。こちらは足立音衛門の製造・販売・商品発送の新しい拠点となるのだそうです。

お菓子を製造する様子を全て見ることができるのだそうですよ。里山ファクトリー内には、工房のほかにショップやカフェも併設されています。緑豊かな環境の中で、甘いお菓子の匂いに包まれながら、ゆったりと時を過ごすことができますよ。ぜひ足を運んでみてくださいね。

足立音衛門の店舗情報

足立音衛門京都本店は、内記1丁目にある合同庁舎から2件北、タカギ印刷の南隣にあります。
JR福知山駅から歩いて15分程です。車の場合は、駐車場(15台分収容)を利用できます。

足立音衛門は北海道、東京、横浜、名古屋、大阪、京都、兵庫、福岡の百貨店に11店舗を展開していますので、お近くの方はぜひ店舗まで足を運んでくださいね。

詳しくは、足立音衛門ホームページの店舗一覧をご覧ください。

※営業時間等が変更になっている場合がありますので、お出かけの際には公式HPなどをご確認ください。

店舗情報
店名:足立音衛門 京都本店
住所:京都府福知山市内記44-18
営業時間:9:00〜18:30
定休日:1月1日のみお休み