祇園の京煎堂は京都らしい上品なお菓子が充実!珍しい生せんべいも

photo by 京煎堂https://kyosendo.com/

京都・祇園といえば、舞子さんに出会えるエリア。古都ならではの風情ある雰囲気に魅了されますね。そんな祇園には、美味しい和菓子のお店がたくさんあります。老舗が多いエリアでもあり、京都の上品なお菓子に出会えるのも魅力です。ここでは、創業大正15年の歴史ある「京煎堂」の京都らしい上品なお菓子をご紹介します。

京煎堂はどんなお店?

京煎堂は京都・祇園にある創業八十余年の老舗のお煎餅屋さんです。祇園本店のある京都をはじめ、大阪、兵庫、奈良、北海道に10店舗を展開しています。

現在は三代目が京煎堂を経営され、時代と共に変わっていく消費者の嗜好に合わせ、伝統を守りながらも、新しい商品の開発に日々取り組んでいます。

その中でも、京煎堂が大切にしていることは、”京都らしさ”です。それは、品の良さと味の良さはもちろん、わび、さび、みやびにこだわったお菓子です。京煎堂のお店に並ぶさまざまなお煎餅を見ると、生地の上にさくらの花びらや三つ葉をあしらったり、玉露の茶葉をふりかけたりと、みやびで上品です。京煎堂では、おせんべいの生菓子ともいえる「生せんべい」も販売しています。さらに、ポイントはもう一つ。京煎堂は品の良さの中にも、お手頃な価格にこだわっています。ぜひ、京都の老舗のお菓子をお取り寄せしてみてください。

また、祇園本店は茶房を併設しており、抹茶パフェや白玉パフェ、抹茶プリンなどの和スイーツを中心に提供しています。お近くの方は、ぜひ京煎堂の茶房にもお出かけください。

京煎堂の人気メニューは?

京煎堂のお菓子は季節菓子まで含めると種類がとても多いですが、中でも人気の商品を3つご紹介します。

茶の葉煎餅

京煎堂の本社・工場は宇治にありますが、その宇治の特産品の抹茶を生地に練り込み、表面に玉露の茶葉をちりばめた、お茶づくしの薄焼きのお煎餅が京煎堂で人気の茶の葉煎餅
です。本場の風味にこだわって、極上の抹茶と玉露を贅沢に使用しただけあり、上品で香り豊か。お煎餅でここまでお茶の味、色、香りの3拍子がそろっている商品は他になかなかないといってよいでしょう。着色料や防腐剤などは使用せず、お茶本来の色と香りを出し、サクサクと軽い食感のお煎餅に仕上がっています。余計な甘みはなく、程よい苦みがあり、食べるごとにお茶の深みが味わえますので、薄焼きのお煎餅ですが、ゆっくり噛みしめて味わいたい逸品です。

京煎堂の茶の葉煎餅は京都駅構内の土産店や、京都駅併設のJR京都伊勢丹店でも購入できますので、京都出張の際や、お土産を買う時間がなかったときにもおすすめします。

値段 5袋10枚入 324 円(税込) 1箱 12袋(1袋2枚入) 1,296円(税込)

菜宝楽(さいほうらく)

菜宝楽は、どら焼きでもない、お饅頭でもない、京煎堂自慢の新感覚の和スイーツです。「生のおせんべい」といわれているとおり、しっとりした生地が特徴。柚子餡、小倉粒餡、栗餡の3つの餡が7種類ある菜宝楽のそれぞれの生地に包まれています。生地表面の中央には、四季折々の茶の葉やさくら葉、三つ葉などが押し花のようにあしらわれ、見た目もとても風流で上品です。

菜宝楽は冷やしていただくと、生地に包まれた餡の香りと甘味が、口の温度で広がり、より美味しくいただけます。冷凍庫に入れておき、半解凍状態でいただいても、シャーベットのようなひんやりとした口溶けを楽しめます。

菜宝楽は生菓子ですが、常温で1ヶ月持ちます。また冷蔵で2ヶ月、冷凍では3ヶ月も保存できますので、ご自宅のお楽しみに常備しておくのもおすすめです。

味は以下の7種類あり、それぞれに合う餡が入っています。
胡麻味噌(栗餡)、黒糖(ゆず餡)、人参(ゆず餡)、青じそ(小倉つぶ餡)、茶の葉(小倉つぶ餡・求肥入り)、さくら葉(小倉つぶ餡・求肥入り)、木の芽(小倉つぶ餡)

値段 1個162円(税込)~

まめあわせ

 
4種類の香ばしいお豆がこぼれそうなほどギッシリ入っている、京煎堂人気のお煎餅です。落花生と黒大豆はほんのり甘みのある、サクサクとした食感のサブレのようなお煎餅、えんどうとそら豆は軽い塩味のあるスナック風で歯ごたえもあります。どの豆煎餅も食べた瞬間、お豆の香ばしい味が口いっぱいに広がり、お豆そのものを味わっているような感じです。

4種類の中で落花生は一番甘味があり、洋菓子に近く、黒大豆は最も豆感が感じられます。塩気が効いたえんどう豆やそら豆は、ビールなどのおつまみに最適です。素朴なお豆の味がやみつきになる人気のまめあわせ。日持ちもしますので、ギフトにもおすすめです。

値段 1箱 4種詰合せ 20枚入(落花生・黒大豆・えんどう・そら豆 各5枚) 1,296 円(税込)

まめあわせ

 
4種類の香ばしいお豆がこぼれそうなほどギッシリ入っている、京煎堂人気のお煎餅です。落花生と黒大豆はほんのり甘みのある、サクサクとした食感のサブレのようなお煎餅、えんどうとそら豆は軽い塩味のあるスナック風で歯ごたえもあります。どの豆煎餅も食べた瞬間、お豆の香ばしい味が口いっぱいに広がり、お豆そのものを味わっているような感じです。

4種類の中で落花生は一番甘味があり、洋菓子に近く、黒大豆は最も豆感が感じられます。塩気が効いたえんどう豆やそら豆は、ビールなどのおつまみに最適です。素朴なお豆の味がやみつきになる人気のまめあわせ。日持ちもしますので、ギフトにもおすすめです。

値段 1箱 4種詰合せ 20枚入(落花生・黒大豆・えんどう・そら豆 各5枚) 1,296 円(税込)

京煎堂の通販はある?

京煎堂オンラインショップを利用できます。お煎餅、生菓子、詰合せギフトなどの他に、祇園本店カフェで人気の抹茶アイスや柚子アイス(京のおうちカフェ)も購入できます。京煎堂のカフェの味を自宅で楽しめるのはうれしいですね。ぜひ贈答品としても利用してください。

京煎堂の店舗情報

京煎堂祇園本店は、京阪本線「祇園四条駅」より徒歩6分、京都市営地下鉄東西線「三条京阪駅」からは徒歩9分、阪急京都本線「河原町駅」からは徒歩9分と、3駅からアクセスしやすい便利な立地にあります。八坂神社の石段下ですので、京都観光の際にはぜひ寄ってみてはいかがでしょうか。京煎堂祇園本店では、京煎堂の取扱商品のほとんどを取り揃えています。

京煎堂は、京都のほかにも、大阪、兵庫、奈良、札幌に出店しています。詳しくは、ホームページの店舗案内をご覧ください。

なお、京煎堂の本社と工場は宇治市にあります。
宇治本社・工場:京都府宇治市槇島町中川原23-5

店舗情報
店名:京煎堂祇園本店
住所:京都府京都市東山区四条通花見小路東入 祇園町南側565-1
営業時間:京菓子販売10:00~20:00 茶房10:30~20:00
定休日:無休