獺祭とコラボ!手土産に嬉しい「十火(JUKKA)」の米菓

「十火(JUKKA)」は2009年に開店した米菓ブランド。明治35年に創業のあられ・おかきの老舗「株式会社とよす」の新ブランドです。

「十火(JUKKA)」は東京の南青山にて営業を開始。現在は銀座三越へと店舗を移し、人気の高まりを受けて北海道や大阪の百貨店へと進出しています。見た目も可愛い「丸 maro」は、SNSでも話題に。

今回は、「十火(JUKKA)」の中でも特におすすめな商品をご紹介していきます。

米菓子の新ブランド「十火(JUKKA)」について

2009年に新しい米菓子で人々を驚かせた「十火(JUKKA)」。マツコデラックスも絶賛したお菓子だとか。

「十火(JUKKA)」は、明治35年創業した大阪の米菓子メーカー「株式会社 とよす」が新たに展開させたブランドです。「株式会社とよす 」は、老舗ブランドの誇りとチャレンジ精神で、時代の先を読んだ新たな米菓子へと挑戦を続けている会社。

バレンタイン・ホワイトデーなどにも最適な「十火(JUKKA)」の米菓子。パッケージをリニューアルしたり、季節のシリーズを展開したりと新しい挑戦を欠かしません。さらに米菓とイタリアンのコラボレーションなど様々な食べ方も提案したり、「獺祭×恵megumi」や「カーブドッチ×摘tsumami」などお酒とコラボレーションをしたりと次はどんな味が生まれるのか楽しみですね。

米が持つ本来の味を追究し、こだわりぬいた製法で、新感覚の食感を生み出しました「十火(JUKKA)」の米菓子を味わってみたくはありませんか?

「十火(JUKKA)」の「丸 maro」は、シャンパンに合うと評判!

米菓子と聞くと、日本茶とあわせて食べるイメージが湧きますが、「十火(JUKKA)」の「丸maro」は一味違います。もちろん日本茶でいただくのも良いのですが、「十火」の「丸maro」は何とシャンパンにも合います!海外の人への日本土産としても人気が高い商品なんだとか。

「十火」で使っている米は粘り強さとやわらかさがあるヒメノモチです。口に含むと優しくふわっとやわらかな食感。独特の口どけが口の中いっぱいに広がります。

味は「和三盆」と「苺」。「和三盆」は素朴な味わい、「苺」はフリーズドライした苺を使っていてちょうど良い酸味と甘みがたまりません。ちなみに、シャンパンには「十火」の「丸 maro 苺味」がおすすめ!賞味期限は製造日から約4ヶ月ほどとなっています。

【丸 maro 和三盆・苺 16個入】 648円(税込)
【丸 maro 和三盆・苺 32個入】 1,080円(税込)

銀座三越限定で手に入る「丸 maro」には季節限定の味も!

「十火(JUKKA)」の「丸maro」は季節限定の味も出ています。2020年2月から4月下旬ころには、桜・抹茶が。春を感じられる「十火」の米菓子、素敵ですね。過去にはグレープフルーツ&マンゴー、夏はカシスソーダ&柚子スカッシュ味なども販売。「十火」の挑戦は様々な味わいを提案しています。

また、5月頃から8月中旬頃までは期間限定で「巨峰」「白桃」の2つの味も登場!国産の巨峰と白桃のパウダーを使って作られた2種類の「十火」丸maroも見逃せませんね。

季節の商品の新しい知らせは「十火」の公式サイトを確認しましょう。

【丸maro 巨峰・白桃 2袋入】 648円(税込)

人気のフルーツ「みかんとりんごの丸 maro」

2020年の9月から「十火」に登場した人気のフルーツを使った「丸 maro」。みかんは愛媛県産のみかんをパウダーにして甘みとコクを。りんごは青森県産のりんごをパウダーにして酸味とフルーティーな一品に。

【丸maro みかん・りんご 16個入】648円(税込)

「十火(JUKKA)」の「丸maro」口コミは?テレビでも紹介!

以前、はなまるマーケットで森三中の大島美幸さんが紹介したこともある「十火(JUKKA)」の「丸maro」。「軽い口当たりととろける食感がたまらない」「米菓子を超える米菓子」などの口コミが多数上がっています。

また、マツコ有吉の怒り新党のお菓子セレクトにも選ばれ、マツコデラックスも美味しいと食べていたそう。

今までに出会ったことのない煎餅の口当たりは、「軽くて洋菓子のよう」「米菓子とは思えない」など驚きの声と共に、美味しいと評判。手土産やお礼にも相応しいと人気です。

「十火(JUKKA)」おすすめ商品!恵や箔も見逃せない

「十火」には他にもいろいろ商品があります。「十火」人気の商品をご紹介します。

恵 MEGUMI

わさび、海苔、ごぼうの3種類の味を楽しめる「十火」のスタイリッシュな煎餅です。わさびは安曇野産のわさびを。海苔は紀州梅と合わせた絶妙な組み合わせ、ごぼうは一味をきかせてピリッと仕上げています。シングルモルトウィスキーと食後に楽しむのもおすすめです。

【恵 MEGUMIわさび・海苔・ゴボウ】各種1箱 10袋入 648円(税込)

箔 HAKU

トマトやカカオ、チーズ、ポテトなど洋の風味が楽しめる極薄のお煎餅。「十火」で洋と和の融合ですね。米菓子というより、洋が主張してきます。極薄のパリッとした食感をスパークリング日本酒と一緒に味わいませんか?

【箔 HAKU アソート 1箱(24枚入)648円(税込)】

獺祭アソート

あのファンの多い日本酒・獺祭と米菓子・十火のコラボレーション商品。鮭と鰹の「恵 MEGUMI」やわさびとじゃこの「恵 MEGUMI」など。日本酒と合わせたら止まらなくなりそうな米菓子ですね。今後もどのようなコラボが生まれるか気になりますね。

【獺祭アソート 恵megumi 10袋入】864円(税込)

摘(チーズ・バジル)カーブドッチアソート

カーブドッチは、1982年に創業の新潟のワイナリーです。白ワインにはチーズ。赤ワインにはバジルを合わせて十火とカーブドッチで作り上げた一品です。

チーズは、北海道産のパルメザンチーズと、アーモンドを合わせています。ほんのりとスモークの香りも。白ワインとチーズは絶対合いますよね。バジルは、隠し味にブルーチーズを加え、フランスの岩塩で仕上げた新感覚米菓。癖のある米菓と赤ワインが美味しいですよ。

【摘(チーズ・バジル) カーブドッチアソート 22g(8袋)】864円(税込)

迷ったら、十火の詰め合わせ「アソートボックス・撰(soroe)」

「丸maro」や色んな米菓を販売している「十火(JUKKA)」。どれを買おうか迷うという人におすすめしたいのが「撰soroe」です。

「撰soroe」には「芯 shin <醤油>(5本)」「丸 maro <和三盆・苺><1袋(各4粒)>」「箔 haku <トマト・チーズ><2袋(各6枚)>」「恵 megumi <海苔><5袋(10枚)>」の計4種類の米菓が詰まっており、色んな味を楽しむことができます。

他にも、5月頃から8月下旬頃までの夏季限定で「撰 soroe (夏)」も販売されますよ!こちらは「丸 maro (巨峰・白桃)」と「恵 megumi とうもろこし」の詰め合わせとなっています。

【撰 soroe 13袋入り】1,296円(税込)
【撰 soroe (夏)】2,160円(税込)

「十火(JUKKA)」の商品は通販でも!

「十火(JUKKA)」の商品は、オンラインでの購入が可能です。

とよす公式オンラインショップにいき、ブランド別になっているので十火からお目当ての商品を選んで購入しましょう。店舗だけでなくオンラインでも購入できるので全国どこにいても十火の米菓子を手に入れることができるのは嬉しいですね。

季節商品の詰め合わせなんかもおすすめです。

ご利用はこちら↓

とよす公式オンラインショップ

新感覚米菓子「十火(JUKKA)」の店舗情報

十火の米菓子は斬新で、女性や若い方、外国人などにも喜んでもらえるでしょう。見た目だけでなく、味も美味しいので贈り物にもおすすめです。

銀座三越店の他に、大丸札幌店、大丸梅田店ジェイアール京都伊勢丹店岩田屋本店(福岡)などにも店舗を展開しています。
ぜひ、十火の米菓子を食べてみてくださいね。

※大阪、京都のお店は、2021年2月を持って、福岡のお店は3月を持って閉店しました。

お店情報
店名:十火(JUKKA) 銀座三越店

住所:東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 B2F

定休日:なし

営業時間: 10:00~20:00