ミルフィユで有名な老舗洋菓子店「ベルン」のお菓子を調査!

パリパリのパイ生地にクリームを挟んだお菓子にチョコレートがかかっているミルフィユを日本で初めて作った洋菓子店が「ベルン」です。

今や手土産やちょっとしたお礼などに重宝されるみんなが大好きな「ベルン」のお菓子。デパートや百貨店に置いていないことはないのでは?と言えるほど有名に。

実は、「ベルン」には、ミルフィユ以外にもいろんなお菓子があります。

今回は、「ベルン」のお菓子をご紹介していきます。

「ベルン」はどんなお菓子屋?

1965年にうまれたベルンのミルフィユ。日本で初めてチョコレートをかけたミルフィユを創った会社「ベルン」の本社は目黒にあります。「ベルン」には、実店舗や公式サイトがなく、販売店のみで購入することが可能です。

「ベルン」のミルフィユは、東京土産としても人気。発売当初は4層の今より大きなミルフィユだったそう。現在の3層の形になったのは、1987年です。

1969年には、ミルフィユ製法の特許も出願。代々ミルフィユを作り続けている洋菓子店なのです。

ちなみに「ベルン」は、ミルフィユ以外にもクッキーやジョリクールなどさまざまな焼き菓子を展開しています。

「ベルン」のお菓子は、販売店がある日本橋三越や銀座三越、日本橋高島屋、大丸松坂屋、新宿小田急、横浜高島屋をはじめ、関東一円の百貨店などで購入することができます。

また、バレンタイン限定品は都内の一部百貨店、羽田空港で購入できるそうです。年によっても違うかもしれないので、毎年バレンタイン前に確認しましょう。公式サイトもないので、フリーダイヤルで問い合せするのが良さそうです。

「ベルン」 フリーダイヤル:0120-048-371

「ベルン」のバレンタイン限定のミルフィユの味。ぜひ試してみてくださいね。

「ベルン」のミルフィユ

「ベルン」のミルフィユには、定番のスイート・ミルク・ヘーゼルナッツの他にもいろんな味わいが登場します。

夏のミルフィユに関しては、2004年の夏に初めて登場して以来、パイン・ココナッツ・オレンジの爽やかな味わいに。また、バレンタインにはいつもの味わいに洋酒や日本酒、梅酒などが追加されるおしゃれなミルフィユがラインナップ。

どれも一度は味わってみたい「ベルン」のミルフィユ。日本酒とミルクチョコレートのミルフィユなど、一体どんな風味になっているのでしょう?気になるものばかりです。

加えて、「ベルン」のミルフィユは、パッケージのデザインも素敵ですよね。

1969年にポピーの可愛らしい華やかなデザインに変わったのをきっかけに、花柄のデザインを継承。現在は、1987年から使用されているかすみ草のデザインがモダンな雰囲気になって使われています。

「ベルン」のミルフィユの包装は、可愛らしく色鮮やかですよね。ちょっと上品な感じも素敵です。

「ベルン」の人気メニューは?

それでは、「ベルン」の人気スイーツをご紹介します。ミルフィユ以外にもいろんな焼き菓子があるので、ぜひお店にいったらチェックしてみてくださいね。

バレンタインミルフィユ

一番人気は、やはりバレンタイン限定のお酒入りクリームをサンドしたミルフィユです。お酒入りのミルフィユは全部で5種類。

・ラム酒とミルクチョコレート
・ブランデーとスイートチョコレート
・バーボンと ヘーゼルナッツチョコレート
・梅酒とスイートチョコレート
・日本酒とミルクチョコレート
など。

ラム酒とミルクチョコレートの組み合わせは、まるでケーキを食べているみたいな味わいに。バーボンとヘーゼルナッツは、お酒が苦手な方でも食べられる風味豊かなミルフィユです。

バレンタインは時期になるとオンラインでも販売が始まります。

例えば、
東京百貨店オンラインショップ:商品のお届けは2022年2月10日(木)~14日(月)の5日間。

その他の百貨店などでベルンのバレンタイン商品が発売されるかは、各サイトで確認しましょう。

バレンタインミルフィユ 10個入り 1,296円(税込)

ジョリクール

「ベルン」のお菓子で、ミルフィユの次に注目を浴びているのが「ジョリクール」です。しっとりと焼き上げた「プチフール」。小さい焼き菓子たちですね。

50年にわたり、職人さんが改良を重ね、出来上がっている「ジョリクール」は、ベルンの看板商品。中には、いろんな味わいの「プチフール」が入っています。

・チェリー酒香るアーモンド生地にチェリーのシロップ漬けがのっている「スリーズ」
・アーモンドをハチミツ・バター・生クリームで絡めた「フロランタン」
・いちごジャムとピスタチオのトッピング、ミント風味が爽やかな「ミントフレーズ」
・チョコを忍ばせたアーモンド生地にオレンジのジャムで仕上げた「ショコラ・オランジェ」
・ココア生地のフィナンシェをベースにアーモンドで飾った「ショコラ」
・抹茶とミルクの優しい味わいの「グリーン・ティー」
・スパイスが効いたラズベリージャムの「リンツァー」
など。

どれも、風味や味わいにこだわったものばかり。夏には「プチフール」が少し入れ替わるので、夏のジョリクールもぜひチェックしてみてください。

ジョリクール
8個入り 864円(税込)
11個入 1,296円(税込)
18個入 2,160円(税込)
28個入  3,240円(税込)

クッキーパイ

バターや小麦粉のバランスから焼き加減までこだわり続けたベルンの「クッキーパイ」。こちらも50年は続くロングセラー商品です。

コーヒー味が渦状に巻かれた「エスカルゴ」の他、「アマンド」、「カレ・ショコラ」、「シトロン」など、どれも美味しいと評判。

1つずつ小さな袋に詰められているので、みんなで分けて食べるのにも便利です。

クッキーパイ(2019年情報・最新情報をご確認ください。)
7個入り 756円(税込)
11個入り 1,296円(税込)
18個入り 2,160円(税込)
27個入り 3,240円(税込)

「ベルン」の期間限定商品は?新着情報は取れる?

「ベルン」は、夏やバレンタインに期間限定商品が登場します。最新情報は公式サイトやSNSがないので不明。気になる人は、フリーダイヤルに電話をし、確認するのがベスト。

もしくは、百貨店に入る販売店の人に聞いてみるのも良いかもしれませんね。

「ベルン」のお菓子はお取り寄せできる?

「ベルン」は、公式オンラインショップがありません。販売店のオンラインショップなどから購入することが可能です。

ASKULも取り扱っているのは意外ですが、購入しやすくて良いかもしれませんね。
※2022年9月現在、取り扱いが終了しています。

各百貨店のオンラインショップはこちらを参考にしてください。取り扱っていない場合や在庫なしの場合もあるかもしれませんので、ご了承ください。

高島屋オンラインストア
小田急オンラインショッピング
羽田空港オンラインショッピング
三越伊勢丹オンラインストア
ASKUL※取り扱い終了
など。

「ベルン」のお店は、関東一円の大手百貨店に入っているので、出かけた際に購入するのもおすすめ。オフィスのお菓子としても人気があるからASKULなどで取り扱っているのでしょう。

「ベルン」の行き方と店舗情報

「ベルン」は、関東一円の百貨店に販売店があります。

販売店一覧
東京
東京グランスタ
大丸東京1F

渋谷
渋谷シンクス B2 東横のれん街
渋谷マークシティ1F

新宿
京王新宿店 中地階
JR名古屋タカシマヤ新宿高島屋 地下1階
JR名古屋タカシマヤ小田急新宿 B2F

銀座
日本橋高島屋B1F
銀座三越 B2F
日本橋三越 本館B1F

池袋
西武池袋本店 本館B1F
東武百貨店池袋店 B1F

浅草
松屋浅草 1F

町田
小田急百貨店町田店 B1F

玉川
玉川高島屋 B1F

立川
立川高島屋 B1F

横浜
横浜高島屋 B1F
高島屋フードメゾン新横浜店 3F

千葉
柏高島屋本館 1F
東武百貨店船橋店 B1F4番地

埼玉
大宮タカシマヤ B1F
伊勢丹浦和店 B1F

群馬
高崎タカシマヤ B1F

羽田空港
東京食賓館(Cゲート前)
特選洋菓子館
ピア1
ピア4
トラベルアイル

成田空港
第1ターミナル 東京食賓館
第2ターミナル 東京食賓館
第2ターミナル ANA FESTA ロビー店

今回は、日本橋高島屋のお店をご紹介。日本橋高島屋本館の地下1階に入っているので、ぜひ寄ってみてください。ヨックモックやブールミッシュの近くにありますよ。

また、関東以外だと、JR名古屋タカシマヤなどにもあるみたいですね。

店舗情報
店名:ベルン 日本橋高島屋店
住所:東京都中央区日本橋2丁目4-1 本館地下1階
営業時間:10:30~19:30
定休日:無休